最終更新日:2020/10/6

救急薬品工業(株)

業種

  • 薬品

基本情報

本社
東京都、富山県
資本金
9,500万円
売上高
70億円(2020年4月)
従業員
275名(2020年10月1日現在)
  • 業種 薬品
  • 本社 東京都、富山県
  • 資本金 9,500万円
  • 売上高 70億円(2020年4月)
  • 従業員 275名(2020年10月1日現在)

世界初、医療用フィルム製剤を製品化!薬のカタチをデザインする開発型医薬品メーカー。ものづくりの喜びと人のために働ける充実感を。

会社紹介記事

PHOTO
薄さ数十ミクロンに有効成分を含んだ口腔内フィルム製剤。口腔内で瞬時に溶ける速溶型(ODF)と、ゆっくり溶かす貼付型(ADF)があります。
PHOTO
湿布薬をはじめ、医療用では、認知症薬やアレルギー薬などのフィルム剤を開発。身近なOTCでは、フィルム状の口内炎薬や下痢止めなどを開発しています。

ミクロンレベルの口腔内フィルム製剤を世界初開発!独自技術でグローバル展開へ

PHOTO

「ゴールの形は決まっていても、そこへのプロセスは一つではない」と語る藤井さん。グループ長として部下の主体性を信じ、見守るスタンスでその成長を促している。

●患者さんにやさしい口腔内フィルム製剤
薄さ、わずか数十ミクロン。
そんな小さなフィルム製剤に私たちの技術力が凝縮されています。
当社は1963年に創業し、パップ剤やプラスター剤といった経皮吸収型貼付剤のメーカーとして発展してきました。そして、創業時から追求してきた「塗りのばす」という技術を発展させ、開発したのがテープ剤や口腔内フィルム製剤です。なかでも薄さ数十ミクロンの口腔内フィルム製剤を製品化したのは当社が世界初。フィルム製剤は錠剤にくらべ、口の中ですっと溶けて飲みやすく、携帯もしやすいという患者さんにとってメリットの大きな薬です。しかし、形状を薄くすればするほど、薬効成分を含ませることが難しく、それらをいかに両立させるかが私たちの技術の見せどころとなっています。

●製剤に付加価値を与えるやりがい
私は、以前、研究開発部の製剤研究グループを率いており、製剤設計から申請までを担当していました。製剤研究グループは、独自の技術をベースに新しい製剤をつくりだす、いわば付加価値を追求するポジションです。特にフィルム製剤については当社がパイオニアのため、私たちの技術は世界の最先端。前例がないことも多く、試行錯誤しながら柔軟な発想で新しい開発に取り組んでいます。また、当社はMRを置いておらず、研究開発職自らが販売会社や医療機関へ足を運んで情報収集をし、開発の現場へフィードバックしていることも技術力アップにつながっています。一つの薬が製品化されるまでに2~5年ほどかかりますが、薬のプランニングから関わり、承認を受けるまでを見届けられる仕事はやりがいがあります。

●世界の医薬品メーカーが注目する技術力
当社の技術は独自性が高く、世界の医薬品メーカーからオファーがあります。そのため、海外メーカーのニーズに的確に応えられる開発体制、海外申請をスムーズに行える業務体制づくりにも力を入れています。私個人としても、海外市場で広く必要とされる薬を開発し、会社を発展させていくことを目標に掲げています。自分が手掛けた薬が世界中で使われ、多くの人の健康に役立つことはうれしいもの。これからも、当社の技術力を生かして、医療の発展に貢献できるよう一層努力していきたいですね。

研究開発部技術開発グループ 藤井 裕也

会社データ

事業内容
医療用・一般用医薬品を独自の技術で研究・開発し、自社で一貫製造します。

痛いところに貼る「パップ剤」「プラスター剤」
全身に作用する「テープ剤」
口の中で溶ける「フィルム剤」
医薬品メーカーの中でも、個性的な剤形が特徴です。
事業本部郵便番号 939-0351
事業本部所在地 富山県射水市戸破32-7
事業本部電話番号 0766-56-9901
本社郵便番号 103-0023
本社所在地 東京都中央区日本橋本町4-2-10
設立 1963(昭和38)年10月2日
資本金 9,500万円
従業員 275名(2020年10月1日現在)
売上高 70億円(2020年4月)
代表者 代表取締役社長 稲田 裕彦
事業所 事業本部・富山工場・研究所/富山県射水市戸破32-7
主な販売先 アステラス製薬(株)、エーザイ(株)、エルメッド(株)、興和(株)、沢井製薬(株)、(株)三和化学研究所、第一三共(株)、第一三共ヘルスケア(株)、大鵬薬品工業(株)、武田テバファーマ(株)、日医工(株)、ファイザー(株)、マルホ(株)、持田製薬(株) <50音順>
主な仕入先 クラレトレーディング(株)、金剛薬品(株)、多田薬品工業(株)、長瀬産業(株)、丸紅ケミックス(株) <50音順>
沿革
  • 1963年
    • 医薬品販売会社として設立
  • 1969年
    • 医薬品製造業許可取得
  • 1986年
    • 旧研究所竣工
  • 1994年
    • 富山工場竣工(プラスター剤製造ライン)
  • 1996年
    • 富山工場増築(パップ剤製造ライン)
  • 2002年
    • 稲田裕彦が代表取締役社長に就任
  • 2005年
    • 富山工場増築(フィルム剤・テープ剤製造ライン)
  • 2011年
    • 富山工場増築(品質管理棟)
      フィルム剤製造ライン増設
  • 2017年
    • 富山工場増築(NF棟・総合研究棟)
      プラスター剤製造ライン増設
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 11.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 7.3時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 10.9日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 5名 6名 11名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 5名 0名 5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

救急薬品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
救急薬品工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ