最終更新日:2021/8/30

社会福祉法人 四恩学園 四恩るり保育園 四恩乳児保育園 四恩るり2乳児保育園

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 幼稚園・保育園
  • 福祉サービス

基本情報

本社
大阪府
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
社会福祉法人のためなし
従業員
61名(2020年10月1日現在)
募集人数
6~10名

「育ち合うクラスづくり」子どもと共に職員の経験や知識などを育む環境を整えています。

【採用試験申し込み受付中】随時、採用試験を行います。 (2021/02/15更新)

PHOTO

2019年乳児院と合築した四恩乳児保育園がリニューアルオープン。
高齢者デイサービス、児童館と合築している四恩るり保育園とともに同敷地内に特別養護老人ホームや地域包括支援センター、ケアプランセンター、ホームヘルプセンター等が併設しています。駅前にある四恩るり2乳児保育園は通勤にも大変便利。
子ども達が様々な人と出会い幸せになれる、そんな社会をつくるために地域住民・職員が一緒に繋がり考えていく“みんなの居場所”です。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
0~2歳児の園児が通う「四恩乳児保育園」と3~5歳児が通う「四恩るり保育園」が隣接。園舎が新しくなり、より交流を深めやすくなりました。
PHOTO
地域の方も利用できるあびんCOハウス。お弁当から・パン・飲み物まで気軽に買いに行くことが出来ます。休憩時間の利用も可能です!

助け合える雰囲気があるから、理想の保育に集中できます

PHOTO

乳児を受け持つ島内先生と佐藤先生。勤務する場所は別々ですが、子どもの成長過程の支えとなる保育をする姿勢は同じ。達成感を味わえるような保育をしています。

■「いつも笑顔」を心がけ、みんなから頼られる保育士を目指します。

2020年春から1歳児クラスの主担任になりました。以前担当していた2歳児よりも1歳児は月齢差が大きく、成長ぶりが目に見えてわかります。昨日までできなかったことが今日はできるようになったり、成長過程を見守ることができるのが日々の喜びです。

主担任の役割はクラスでどんな活動をするか決めて、5人の先生方に指示を出すことです。リーダーシップが求められますが、そこは私自身まだまだ課題に感じています。逆に経験豊富な先生方からは教わることが多く、本当に助けられています。

保育には「正解」がなく、毎日が試行錯誤。だからこそ心がけているのが笑顔です。いつも笑顔で、話しかけやすい雰囲気を私自身が実践することで、職員同士が気軽に相談し合って、より良い保育につなげていければと思っています。

当園はキャリアアップ支援がとても充実しています。テーマごとに数日かけてじっくり学べるキャリアアップ研修もその一つ。内容が実践的で、例えば「子育て支援・保護者支援」というテーマで学んだことはそのまま保護者の方々への対応に活かせています。今後も研修でスキルを磨き、みんなから頼られる保育士へと成長していきたいですね。

(四恩乳児保育園 島内菜緒/2015年入職)

■学びの多い環境なので、保育士として大きく成長できます。

あびこ駅前にある「四恩るり(2)乳児保育園」に勤務しています。ここはマンションのワンフロアが保育園。 こんな環境は初めてで新鮮です。

0歳児クラス、1歳児クラス、2歳児クラスと3クラスあり、それぞれロッカーで 仕切られているだけなので、他のクラスが何をしているのかがわかる状況なんです。実際に他の保育士さんがどんなことをしているのか自分の目で見れると、学ぶことが多くあります。

保育士としての喜びは、やはり子どもの成長や変化を見れること。日々発見や感動があります。何年経っても試行錯誤を繰り返していますが、元気いっぱいの子どもからたくさんのパワーをもらっています。 子どもを2人育てながらパート勤務。子育て相談もできる先輩がいるから心強い。子育て経験がある先輩も多く、公私ともに相談にのってもらえています。

(四恩るり(2)乳児保育園 佐藤めぐみ/2018年入職)

会社データ

プロフィール

四恩学園の前身四恩報答会1915年(大正4年)から今年で106年目。
先人たちが築いてきた「福祉の心」を誇りに思い、地域福祉、地域共生の結び目として0歳から100歳超までの方々が集う施設です。

1995年から保育園・児童館・高齢者デイサービスセンター・ホームヘルプセンターが一緒になった四恩学園総合福祉センター3号館。
2018年に乳児院と特別養護老人ホームが合築した1号館が完成。
地域交流スペースや地域創造スペース等もあり様々な人々がご利用されています。
2019年に乳児院と乳児保育園が合築した2号館が完成。

保育士・社会福祉士・介護福祉士・医師・看護師・ケアマネージャー・訪問介護員・管理栄養士・調理師等が協力し、子育てから介護まで個別課題・地域課題に果敢に取り組んでいます。
地域力が弱まりつつある昨今、地域活動にも積極的に参画し「地域共生」の思いは創設期と変わらず時代の流れの中で形を変え引き継いでいます。

事業内容
保育所の経営
・一時預かり事業
・地域子育て支援拠点事業
放課後児童健全育成事業の経営
乳児院の経営
児童養護施設の経営
・第二種社会福祉事業
・無料低額診療施設
・児童厚生施設の経営
・病児保育事業
老人デイサービスセンターの経営
老人デイサービス事業の経営
老人介護支援センターの経営
老人居宅介護等事業の経営
本社郵便番号 558-0011
本社所在地 大阪市住吉区苅田4丁目3-9
本社電話番号 06-6607-2220
創業 1915年(大正4年)
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 61名(2020年10月1日現在)
売上高 社会福祉法人のためなし
沿革
  • 大正4年
    • 宗教大学(現大正大学)出身の有志僧侶たちにより四恩学園の前身「四恩報答会」発足。西成区通称「釜ヶ崎」を拠点に活動開始。
  • 大正13年
    • 四恩学園保育部活動開始。
  • 昭和5年
    • 四恩学園保育組合設立。
      スラム街の子どもたちに「保育・教育」を展開
  • 昭和9年
    • 室戸台風の影響で市内沿岸部壊滅状態。復興に向け此花区専修寺に臨時託児所を開設(現 北港保育園)。四恩学園と累徳学園の保母で保育を行う。
      東北地方の冷害凶作で欠食児童が潜在化し、東北6県30数か所
      のお寺で保育所を設け救済活動を実施。
  • 昭和36年~38年
    • 昭和36年釜ヶ崎暴動
      昭和38年現在の大阪市住吉区苅田に移転。
  • 昭和42年
    • 大阪市立苅田保育所の運営受託(公設民営)
      全国的に働く女性が一気に増加し保育所の増設が急務だった時代。
  • 昭和56年
    • 昭和50年代ベビーホテルが急成長し社会問題化。
      四恩乳児保育園開園
  • 昭和57年
    • 四恩みろく保育園開園(大阪で初めての夜間保育園)
  • 昭和60年
    • 学童クラブを発足。
  • 平成7年
    • 四恩学園総合福祉センター開設
      四恩るり保育園開園(市立苅田保育所廃園)
  • 平成13年
    • 四恩るり2乳児保育園・四恩みろく2夜間保育園開園
      当時では珍しい地下鉄あびこ駅近くのマンション2階部分が全面保育園に
  • 平成28年
    • 四恩みろく保育園閉園
  • 平成31年
    • 四恩乳児保育園リニューアルオープン
  • 令和2年
    • 四恩みろく2夜間保育園閉園

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 2時間
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒558-0011
大阪市住吉区苅田4丁目3番9号
TEL 06-6692-5071
採用担当  行天 邦善 
交通機関 地下鉄御堂筋線「あびこ」駅徒歩12分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp96187/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 四恩学園 四恩るり保育園 四恩乳児保育園 四恩るり2乳児保育園と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ