最終更新日:2021/3/15

全国共済農業協同組合連合会 広島県本部【JA共済連広島】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 共済
  • 生命保険
  • 損害保険
  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
東京都、広島県
出資金
7,565億円(2020年3月末)
総資産
57兆1,883億円(2020年3月末)
職員数
◆全国合計:6,727名(2020年3月末) ◆広島県本部:166名(2020年12月1日現在)
募集人数
6~10名

【JA共済】相互扶助を理念とし、地域のJAと共に”広島”に暮らす人々の人生を支えています。

2022年度も採用活動を行います!! (2021/02/15更新)

PHOTO

JA共済連広島のページをご覧いただきありがとうございます!!
2022年度も採用活動を行って参ります。
詳細が決まり次第情報を掲載いたしますので、検討リストへの登録を是非ともよろしくお願いいたします。

会社紹介記事

PHOTO
ひと・いえ・くるまの幅広い保障を、広島県内で提供するJA共済連広島。利益追求の会社とは異なり、「相互扶助(助け合い)」を理念とする事業が特色です。
PHOTO
広島県内の13JAと連携し、JA共済事業を運営。地元に密着して、JAの組合員利用者の安心をバックアップしています。

地元・広島の生活に貢献できる喜び。JAグループの信頼を受けて大きなやりがいを実感。

PHOTO

2015年入会の同期。左から隅川大滉さん(環境学部卒)、松岡幸来さん(経営情報学部卒)、若宮和磨さん(経済科学部卒)

<志望動機と担当業務>
若宮/金融に興味があり、組合員に特化した「顔の見えるおつきあい」を魅力に感じ入会しました。現在は広島県内でJA共済の普及活動に取り組んでいます。共済の実績を分析して今後に活かす業務などもあります。
隅川/祖父母が農家でJAに親しみがあり、多くの方に生活の安心を提供できる仕事と思い志望しました。自動車共済の支払査定などを、東広島市・呉市中心に担当しています。誠意のある対応と大きな責任が求められる、やりがいのある仕事です。
松岡/自動車共済の現場担当者をサポートする部門で、問合せや保障の約款、利用実績のデータ作成などを担当しています。保険業界を目指しながら、広島で長く働ける仕事を希望していました。望み通りの職場に決まり満足しています。

<やりがいや面白さを感じる瞬間>
若宮/JA共済に関心を持っていただくため、チラシやイベントを企画しています。特に広島カープの試合でPR、市電のPASPY機器にロゴマークを入れるなど、地元らしい発想も活かせる仕事です。その規模や手応えにも驚きました。
隅川/担当者の言葉一つで、ご契約者様の安心が大きく左右されます。JAだからこそ、おつきあいの密度も濃いですね。まだ軽微な案件に対応する毎日ですが、周りの指導をいただき成長したいです。
松岡/ご契約者様と直接触れ合う機会は多くありませんが、私たちのサポートは円滑な業務や業績の向上に繋がります。入会したばかりの時は目先のことで精一杯でしたが、今は仕事の先を読む大切さを実感できるようになりました。

<JA共済連広島の魅力と今後の目標>
若宮/千葉県幕張の研修施設では、全国47の「都道府県本部」の職員と交流でき、今も連絡を取り情報共有しています。また入会後は広島県内のJA業務を体験するユニークな研修もありました。今後もJAグループ広島の力になれたらと思います。
隅川/休日がしっかり確保でき、全国にあるJAグループの福利厚生施設を利用できるのは魅力。広島県本部には野球部やサッカーのサークル活動もあります。目標は難しい案件も一人で正確に処理すること。頼られる存在を目指します。
松岡/職員の方は年齢も幅広く、皆さんが親切で温かい。結婚・子育て中も仕事を続けられる先輩が多く安心しました。以前は早いだけの対応に納得していた気もします。これからはスピード以上の正確さをモットーに頑張ります。

会社データ

プロフィール

全国共済農業協同組合連合会は「全国本部」と47の「都道府県本部」から成り立っています。「都道府県本部」の一翼を担う広島県本部(JA共済連広島)は、地域密着を何よりも大切に、共済(保険)事業を通して安心の毎日を支援する役割。
全国そして広島県内のJAグループと一体になり、地元の特性や市場に合わせた
共済事業の運営を担当しています。一般企業の利益追求とは異なり、「相互扶助」を実現する活動で信頼の絆を広げています。

事業内容
生命保険と損害保険を兼営するJA(農協)の共済事業。
具体的には事業運営にかかる企画、広報、宣伝、普及推進支援、共済引受審査・支払査定、資産運用、情報処理など

PHOTO

本社郵便番号 102-8630
本社所在地 東京都千代田区平河町二丁目7番9号
本社電話番号 03-3265-8716
広島県本部郵便番号 730-8676
広島県本部/事業所所在地 (本 所)広島市中区大手町4丁目7番3号(JAビル)
(事業所)広島市・東広島市・福山市・三次市
広島県本部電話番号 082-544-3832
設立 1951年1月
出資金 7,565億円(2020年3月末)
職員数 ◆全国合計:6,727名(2020年3月末) ◆広島県本部:166名(2020年12月1日現在)
総資産 57兆1,883億円(2020年3月末)
事業所 広島市・東広島市・福山市・三次市
契約高 ◆全国合計(2020年3月末)
 ・長期共済新契約高:21兆8,599億円
 ・長期共済保有契約高:245兆4,075億円
 ・短期共済新契約高:3,734億円
 ・共済掛金:4兆3,329億円
平均年齢 ◆広島県本部:43.8歳(2020年12月1日現在)
平均勤続年数 ◆広島県本部:14.1年(2020年4月1日現在)
沿革
  • 1948年
    • JA(農協)共済事業開始
  • 1951年
    • 全国共済農業協同組合連合会(全共連)設立
  • 1973年
    • 中伊豆、別府リハビリテーションセンター開設
  • 1985年
    • 大阪センター開設
  • 1988年
    • 全共連アメリカ投資顧問(株)設立
  • 1989年
    • 全共連イギリス投資顧問(株)設立
  • 1992年
    • 愛称をJA共済連に変更
  • 1994年
    • 石岡センター開設
  • 2000年
    • 47都道府県共済連と全共連が一斉統合
  • 2003年
    • 共栄火災を子会社化
  • 2004年
    • 川崎センター開設
  • 2005年
    • 東日本引受センター・西日本引受センター設立
      ※川崎市・大阪市
  • 2006年
    • 幕張研修センター開設
  • 2010年
    • JA共済ビル落成
  • 2014~15年
    • 各地区業務センター設立
      ※札幌市・仙台市・さいたま市・金沢市・名古屋市
       大阪市・広島市・福岡市

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.8年
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 8名 0名 8名
    2018年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 8名 0名 8名
    2018年度

先輩情報

パートナーとしての信頼が何よりの喜びに
若宮和磨
2015年
28歳
広島修道大学
経済科学部 現代経済学科
普及支援部 普及推進グループ
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 全国共済農業協同組合連合会 広島県本部
(JA共済連広島)

〒730-8676
広島市中区大手町4丁目7番3号(JAビル)
採用担当:村上・網本
TEL:082-544-3832 受付時間9:00~17:00
URL http://web.saiyo.jp/ja-kyosai/
交通機関 <市内電車>
 ・市役所前駅から徒歩1分 
<バス>
 ・市役所前停留所から徒歩1分
 ・大手町4丁目停留所から徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp98214/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
全国共済農業協同組合連合会 広島県本部【JA共済連広島】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ