最終更新日:2021/7/14

カジワラグループ((株)カジワラ/梶原工業(株))[グループ募集]

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 機械
  • 機械設計
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(電子・電気機器)
  • 食品

基本情報

本社
埼玉県、東京都
資本金
9,600万円
売上高
カジワラ 70億円(2020年9月)
従業員
300名(グループ全体)
募集人数
6~10名

日本トップクラス。大手食品・製菓メーカーが評価する、”カジワラ”の技術力。食品加工機械のエキスパートとして、美味しさと食べる幸せをクリエイトします

日本トップクラス。食品加工機械の開発企業『カジワラ(梶原工業)』【新型コロナウイルスへの対応】有 (2021/07/08更新)

PHOTO

日本を代表する食品加工機械メーカ―です。
この業界ではまさに日本トップクラスです。
 
日本のレトルト食品の代表格であるカレーも、
その80%は私たちの機械が関わっています。驚きの企業です!
今日、皆さんが口にした身近な加工食品(レトルト食品、冷凍食品)や
和洋菓子も、私たちの機械で製造されたものかもしれませんね。

※新型コロナウィルス感染拡大の予防につきまして、
当社の会社説明会や採用選考にお越しいただく皆様におかれましては、
お一人お一人が咳エチケットや手洗いの実施を心がけていただき、
体調不良時のキャンセルなどは当日でも構いませんので、
電話またはメールにてご連絡ください。

【会社説明会の新型コロナウイルス感染症予防対策について】
・完全予約制で、少人数制で実施
・密集回避策を実施
・アルコール消毒液・マスク・非接触型体温計の設置
・窓の開放、自動換気・空気清浄機等による換気の実施

・発熱・体調不良時の参加見合わせをお願いいたします
・マスクの着用をお願いいたします

注)下記にあてはまる方は、参加をお控えくださいますようお願いいたします。
・当日、及び過去2週間以内に発熱等の風邪症状が見られた方
・ご自身、ご家族等が新型コロナウイルスに感染、並びに発熱等の風邪症状が見られる方
・感染拡大国への訪問歴が14日以内にある方

学生の皆様ならびに、社員の健康と安全確保を考慮したものですので、ご了承ください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
カジワラ(梶原工業)が手掛ける食品加工機械は一つひとつがオーダーメイド。70年以上にわたり受け継がれてきた伝統と革新の技術で、豊かな食文化を支えています!
PHOTO
食に関する技術は、今や機械が受け継ぐ時代に。世の中のニーズに高くアンテナを張り、最適な提案を行う営業の仕事は、やりがいと奥深さにあふれています。

日本のレトルト・冷凍食品の70%に携わる、日本を代表する食品加工機械メーカーです

PHOTO

100年企業を目指し、新工場建設、そして海外という新たなフィールドにも挑むカジワラグループ。未来を担う若い力に期待しています!

◆日本のレトルト食品・冷凍食品からお菓子まで。安定した業界の超優良企業です
生活に身近になっているレトルト食品・冷凍食品。最近、美味しくなっていると思いませんか?実は、その70%の生産に携わり、美味しさに一役買っているのが私たちの高い技術力です。コンビニやスーパーに並ぶ調理食品、外食レストランチェーンの食品、多くの種類のお菓子まで、拡大する加工食品の中で、その多くが、私たちの機械によってつくられています。例えば、日本のレトルト食品の代表格であるカレーも、その80%は私たちの機械でつくられています。安定した食品業界の中でも、驚きの超優良企業です。

◆食品業界を支え、技術力でリードする食品加工機No.1カンパニーへ
食品業界は景気に左右されにくく、安定した業界です。社会にとって、人々にとって、最も必要な業界だからです。その中でも、日本の食品市場(加工食品)のほとんどに関わることができるのは、機械加工メーカーならではの強みです。さらに、いつの時代も人々を魅了する「美味しい味」をつくる技術力が、国内・海外大手食品メーカーからも評価され、さらなる期待が集まっています。食品加工機械のエキスパートとして、新しいテクノロジーに挑み、さらなる美味しさの量産を進めます。安定業界の中で、ニーズが特に高い分野でのNo.1を獲得した会社として、注目すべき安定成長企業です。

◆美味しい食品を世界に拡げる!営業と技術のチームワークが自慢です
日本の食品業界を支えていることを誇りに、社会貢献を実感できる会社を目指しています。チームで手掛けた機械がつくった商品を、コンビニやスーパーで、いつでも、どこにいても、見ることができます。このことが私たちのやりがいにつながっています。美味しい冷凍チャーハンやレトルトのカレー、カラフルなお菓子、ケーキにいたるまで、どんなプロセスでつくるのか、自動化するのかを食品メーカーの方々とミーティングし、提案する営業スタッフ、ニーズをカタチにする設計スタッフ、高品質を実現する製造スタッフなど、チームワークを結成して、自慢の機械をつくっていきます。そして今日も、私たちの機械がつくった商品をどこでも見られる喜びや、社会貢献できていることを感じています。

会社データ

プロフィール

◆美味しさを実現する高度な技術
美味しさは、元来、腕利きのシェフや職人の経験や卓越した技術から生み出されます。私たちは、その調理法を科学的な分析によって数値化し、機械で再現することに成功しました。日本の繊細な「美味しい味」をつくるプロセスを数値化し、自動化する機械技術は、世界にも通用するこだわりの技術です。

◆「美味しさ」づくりのプロセスを数値化。食品調理の機械化・自動化を実現
加工食品を作るには、煮る・炒める・和える・捏ねる・混ぜるなどのプロセスがあります。例えば、チャーハンだと、炒める、混ぜるなどになります。つくりたい味や食材、量、時間によって、求める美味しさは変わります。これらを機械開発や、電気制御の設計により数値化し、機械による自動化を実現します。

◆多くの発明賞や200を超える特許で圧倒的な開発力を証明
知的財産活用特別賞、発明大賞、発明功労賞、関東地方発明表彰東京都知事賞、東京技術・発明展文部科学大臣奨励賞など、発明に関する表彰や、200を超える特許の取得は、食品加工機械の技術でいつの時代もリードしてきた現れです。これからも開発を通して社会に貢献します。

◆オーダーメイドの食品加工機械をトータル開発できる強み
ほとんどの食品加工機械は、それぞれの味を極めるため、オーダーメイドでつくられます。これまでの実績やノウハウを凝縮して、最適な機械を開発しました。機械開発の設計から、機械加工、製缶、組立、電装、検査まですべての工程を自社でできることが大きな強みであり、日本トップクラスのポジションを支えています。

◆食品加工機械メーカーとして伝統と信頼のカジワラグループ
創業は1939年。食品加工機械・製菓機械・厨房機器の開発・製造・販売はもちろん、食品工場・製菓工場のエンジニアリングまで手がけています。加熱撹拌機(煮る・炒める・和える・捏ねる・混ぜる)と、あん製造設備分野で圧倒的な強さを発揮していますが、これに満足することなく、常に最先端技術を取り入れながら、日本と世界の食文化に貢献していきます。

◆食文化への貢献、社会への貢献ができる会社
食品加工機械の開発は、生産の自動化により、食文化を未来へ継承できたり、美味しい味の量産化で、より多くの世界中の人々に喜びを提供したりすることにつながります。機械を通して、食品づくりに関わり、社会への貢献を実現しています。

事業内容
◆食品加工機械・製菓機械の開発・製造・販売
・レトルト食品、冷凍食品、カレー、惣菜、タレ、つゆ、ドレッシング、 各種調味料製造設備
(煮炊撹拌機、大型炒め機、ハイブリッド加熱撹拌機、レオニーダー、クッキングミキサー、加熱・冷却乳化機、サラダ用撹拌機、回転炒め機、連続炒め機、レオミキサー、真空式濃縮機、うらごし機、粉砕機、ポテトクラッシャー、食材投入機)
・あん、甘納豆、ジャム、クリーム製造設備
(全自動豆煮釜、自動製あんユニット、自動連続脱水機、全自動製あんライン、全自動粒あん製造機)

◆食品製造および製菓ライン・システムのプラントエンジニアリング
・食品加工機械の開発、製造とともに、機械の前後の工程のラインの立案から施工まで行います。

◆加熱・撹拌に関するハードとソフトの研究と新製品開発
・食品加工機械の開発、製造だけでなく、食品のレシピ開発もサポートしています。

■ワンポイントメッセージ
◆身近な会社…とても身近な私たちの食品加工機械
カジワラグループの機械は、みなさんの身近なところで息づいています。コンビ二、スーパー、外食チェーンなどでの食品や調味料の多くは、食品メーカーそれぞれの工場で私たちの機械によって製造されています。家庭で食卓を囲んでいるとき、友人と外食をしているとき、みなさんは何かしら当社の機械で製造されたものを口にしていることでしょう。

◆世界展開の会社…「美味しさの技術」を世界へ発信
海外の展示会にも積極的に出展し、世界中の食品生産に役立っていきます。シンガポール(サイエンスパーク内)のマーケティング拠点から、「美味しさの技術」を世界へと発信しています。ここでは、生産テストが行えるデモルームを併設しており、東南アジアに進出している日本の食品メーカーやインドネシア、マレーシア、タイなど、現地の食品メーカーからのさまざまなニーズにも応えています。未来に向かう新たな技術開発と市場開拓が、成長の原動力です。

PHOTO

私たちの機械が、日本、そして世界の食生活を支えているという誇りがあります。身近な「食品」の製造に関われる醍醐味はたまりません。

本社郵便番号 111-0036
本社所在地 東京都台東区松が谷2-13-13
本社電話番号 03-3842-6611
設立 1939年1月
資本金 9,600万円
従業員 300名(グループ全体)
売上高 カジワラ 70億円(2020年9月)
トップメッセージ 伝統と信頼の創業80年。100年企業へ向け新たなスタート!
「より多くの人々により美味しい幸せを」この基本理念とビジョンを実現するために、私たちの仕事に必要となるのが、常に新しい技術開発を担おうとする好奇心。技術者も食に対する感性やお客様に対する提案力が必要とされ、営業担当者も機械メーカーのエンジニアとしての側面が求められます。各スペシャリストがモノづくりへのマインドを持ち、製造と販売を一体化させ、食品メーカーのニーズを機械という形にしていきます。そして、食品生産を長く支えてゆく企業として、新たな技術集積を目標に新工場も建設。私たちは、伝統と信頼、培ってきた技術を活かし、イノベーティブな感性と溢れる情熱を武器に100年企業へ向けて踏み出します。〈代表取締役社長 梶原 秀浩〉
事業所 ■梶原工業(株)
本社/東京都台東区松が谷2-13-13
東京工場/埼玉県越谷市増森工業団地

■(株)カジワラ
本社/東京都台東区松が谷2-13-13
カスタマーセンター・東京営業所/埼玉県八潮市二丁目1000
営業所/札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡
主な取引先 味の素、山崎製パン、ハウス食品、エスビー食品、日本食研、マルコメ、虎屋、文明堂、丸美屋、アヲハタ、エバラ食品、オタフクソース、森永製菓、UHA味覚糖 他、取引食品メーカー10,000社
関連会社 Kajiwara Singapore Pte Ltd.(グループ会社)
(株)カジワラキッチンサプライ(グループ会社)
募集会社 梶原工業(株)※
(株)カジワラ

※梶原工業(株)管理本部が窓口となり、応募受付ならびに各種連絡を行います。
募集会社1 梶原工業(株)
【本社所在地】
 〒111-0036 東京都台東区松が谷2-13-13
【事業内容】
 ・食品加工機械・製菓機械の開発・製造
 ・食品製造ライン・システムのプラントエンジニアリング
【設 立】1939年1月
【資本金】9,600万円(株式非公開)
【従業員数】170名(2020年12月末現在)
【東京工場】
 〒343-0012 埼玉県越谷市増森工業団地

過去3年間の新卒採用者数(男女別)
■梶原工業(株)
【2020年】 4名(うち男性2名・女性2名)
【2019年】 5名(うち男性2名・女性3名)
【2018年】 5名(うち男性3名・女性2名)
募集会社2 (株)カジワラ
【本社所在地】
 〒111-0036 東京都台東区松が谷2-13-13
【事業内容】
 ・食品加工機械・製菓機械の開発・販売・メンテナンス
 ・食品製造ライン・システムのプラントエンジニアリング
【設 立】1998年3月
【資本金】8,400万円(株式非公開)
【従業員数】84名(2020年12月末現在)
【事業所】
 カスタマーセンター、東京営業所
 〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目1000
 他、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡営業所

過去3年間の新卒採用者数(男女別)
■(株)カジワラ
【2020年】 3名(うち男性1名・女性2名)
【2019年】 3名(うち男性3名・女性0名)
【2018年】 2名(うち男性2名・女性0名)
沿革
  • 1939年 1月
    • 梶原工業所創業
  • 1964年
    • 「煮炊撹拌機」御法川発明賞・通産大臣賞受賞
      梶原工業(株)に組織変更
  • 1972年
    • 「レオミキサー」奈良発明賞受賞
  • 1985年
    • 「全自動豆煮釜」日経・優秀製品賞・東京商工会議所会頭賞受賞
  • 1987年
    • 「包餡成形機EC」科学技術庁長官奨励賞受賞
  • 1991年
    • 「SWS自動計重装置」発明協会会長奨励賞受賞
      社長 梶原徳二「食品用加熱撹拌機の開発」により科学技術庁長官賞受賞
  • 1992年
    • 中小企業研究センター賞(現 グッドカンパニー大賞)全国表彰
      社長 梶原徳二「黄綬褒章」受章
  • 1993年
    • 「無人化製あんシステムCASライン」東京発明展 須賀発明賞受賞
  • 1996年
    • 「無人化粒あんユニットCAT」東京発明展 市川発明賞受賞
  • 1999年
    • 「クッキングミキサーOAM」日食優秀食品機械資材賞受賞
      梶原工業(株)「TPM優秀賞第2類」受賞
  • 2000年
    • 「ハイブリッド加熱撹拌機」東京発明展 特許庁長官奨励賞受賞
      ISO 9001:1994認証取得(現在はISO 9001:2015へ移行)
  • 2001年
    • 「ハイブリッド加熱撹拌機」 関東地方発明表彰 中小企業庁長官奨励賞受賞
      社長 梶原徳二 発明振興功労賞受賞
  • 2003年
    • 「ハイブリッド加熱撹拌釜」
      02年度優秀省エネルギー機器表彰日本機械工業連合会会長賞受賞
      02年度中堅・中小企業新機械開発賞機械振興協会会長賞受賞
      日食優秀食品機械・資材賞受賞
      食品産業技術功労賞受賞
  • 2006年
    • 会長 梶原徳二「自動製あん機の開発・小型あん煉り機の改良」により平成17年度荒井賞受賞
  • 2007年
    • 会長 梶原徳二 発明奨励功労賞受賞
      「レオニーダーα」東京発明展 発明協会会長奨励賞受賞
  • 2009年
    • 「壁面温度センサー」東京発明展 特許庁長官奨励賞受賞
      「レオニーダーα」日食優秀食品機械賞受賞
  • 2010年
    • 「コク味あん製造設備」東京技術・発明展 文部科学大臣奨励賞受賞
  • 2011年
    • 「コク味あん製造設備」関東地方発明表彰 東京都知事賞受賞
  • 2013年
    • シンガポールにKajiwara Singapore Pte. Ltd.を設立
  • 2014年
    • 創業75周年
      会長 梶原徳二 特許庁より 平成26年度知財功労賞特許庁長官表彰受賞
      「加熱・冷却乳化機Σ」日食優秀食品機械資材・素材賞受賞
  • 2016年
    • 新工場 東京工場ANNEX(埼玉県越谷市)完成
  • 2017年
    • 「加熱・冷却乳化機Σ」発明大賞 発明功労賞受賞
  • 2018年
    • 「スプリングレスサニ簡羽根」日食優秀食品機械資材・素材賞受賞
      株式会社 カジワラ 第5回知的財産活用表彰 特別賞を受賞
  • 2019年
    • 創業80周年 
      株式会社カジワラ食品産業平成貢献大賞受賞 
      会長 梶原徳二 日本食生活文化財団より食生活文化功労賞受賞
  • 2020年
    • 会長 梶原徳二「旭日小綬章」受章

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.4日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 10名 11名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

取材情報

世界に「おいしい、幸せを!」日本トップクラスの会社ならではの面白さ
「おいしさ」をつくる!食品加工機械のリーディングカンパニー!
PHOTO

先輩情報

「とても使いやすい!安心して使用しています!」の声が嬉しい
Y.I【機械設計】
2012年
東海大学
工学部機械工学科
設計部
機械設計
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒343-0012 埼玉県越谷市増森工業団地
TEL:048-962-8881
梶原工業(株) 管理本部 佐藤
URL https://kajiwara.co.jp/fresh/
E-mail saiyo.kajiwara@kajiwara.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp98843/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
カジワラグループ((株)カジワラ/梶原工業(株))と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ