最終更新日:2020/11/24

風越建設(株)

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 住宅
  • 不動産

基本情報

本社
神奈川県
資本金
1億円
売上高
164億円(2020年4月期)
従業員
91名(2020年4月1日現在)
  • 業種 建設、建築設計、住宅、不動産
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 164億円(2020年4月期)
  • 従業員 91名(2020年4月1日現在)

『神奈川県で企業価値No.1の総合建設業を目指す。』を合言葉に当社独自の営業スタイルと品質重視でお客様にご評価いただいております。

会社紹介記事

PHOTO
施工管理の仕事は一度、現場に出たら会社に戻らないことが多い。そのため、お互いの現場での経験を共有するために、月1回のペースで勉強会を実施している。
PHOTO
総戸数50~100戸くらいのマンションを手がけることが多い同社。若手のうちは経験豊富な所長指導のもとで経験を積むことができるから安心だ。

“人とのつながり”を第一に。第二創業期を迎え、新たな一歩を踏み出した風越建設

PHOTO

「人とのつながりが何よりも大事です。これまでの経験で身に染みて感じています」と話す、出川久代表取締役社長。

■周囲の人の助けがあったからこそ、今がある
2008年に起きた「リーマンショック」。建設業界も不況のあおりを受けました。当時、私は中途で入社して10年目で執行役員を任せていただいていました。落ち込む私の様子を見て、社員から「大丈夫です。がんばりましょう」と励まされたんです。本当は現場の方がもっとつらいことがあるはずなのに…。そう思うと、前を向いて歩いていかなくてはという勇気がわいてきたことを覚えています。

2017年、私は社長を任されることになりました。立場は変わりましたが、これまで社員のみなさんに支えられたことを忘れず、意見を取り入れながら、会社をより良い方向へと導いていきたいと思っています。お客様にも恵まれ、ここまで歩んで来られたということも決して忘れてはいけない。“人のつながり”が何よりも大事だと身にしみて感じています。

■“一人三役”、営業から積算、施工管理まですべて一気通貫で担当できる
当社の強みは、一人三役分の役割をこなしているというところにあります。当社ではこれを「多能工(一人で複数の異なる作業や工程を遂行する技能を身につけた人のこと)」と呼んでいます。一般的に営業、積算、施工管理の担当者は分かれていますが、一人三役こなすことで、お客様の問い合わせに対して、迅速に回答できます。これまで前社長も常々言っていたことですが、“お客様にとって便利な会社”になるというスタンスは変わりません。ちなみに、現場を経験すればするほど、知識も身に付くので、早く成長することができるのもメリットです。

■バランス感覚の優れたコミュニケーションが大事
施工管理の仕事は、工事のスケジュールや資材の手配などの業務が中心です。大事なのは職人さんたちといかにうまくコミュニケーションを取るかです。自分よりも経験豊富な方々に動いていただくために、お願いするべきところは丁寧に、一方で明確な指示をしなければいけません。今、風越建設では、若手の意見を取り入れるべく「新風越建設プロジェクト」を始動。現在、当社の8~9割はマンション建設ですが、人口減に伴い、マンション建設の減少が予測されます。トップダウンで方向性を示すことは簡単です。でもあえてそうせずに、社員と一緒に新たな道を切り拓いていきたい。ぜひみなさんが新しい風となり、会社を一緒に盛り上げてください。
【代表取締役社長 出川 久】

会社データ

事業内容
・新築工事(マンション/オフィスビル/ホテル/公共施設/店舗等)の設計、
 施工、企画、コンサルティング
・店舗内装及びインテリアコーディネイト、ディスプレイ、コンサルタント
・個人住宅の設計、施工
・既存建築物のリニューアル、リノベーション工事施工、アドバイザリー
・土木工事(造成/舗装他)
・工場等の新築工事設計施工、メンテナンス
・不動産の売買、賃貸、有効活用
本社郵便番号 231-0012
本社所在地 神奈川県横浜市中区相生町3丁目56番1 KDX横浜関内ビル11階
本社電話番号 045-232-5071
創業 1985(昭和60)年11月
設立 1986(昭和61)年4月
資本金 1億円
従業員 91名(2020年4月1日現在)
売上高 164億円(2020年4月期)
事業所 本  社:横浜市中区相生町3-56-1 KDX横浜関内ビル11階
東京支店:東京都大田区西蒲田7-5-13
業績推移 2020年4月期 売上高 164億円  経常利益 15億7,000万円
2019年4月期 売上高 133億円  経常利益 10億9,900万円
2018年4月期 売上高 140億円  経常利益 12億8,800万円
2017年4月期 売上高 133億円  経常利益 9億8,500万円 
2016年4月期 売上高  93億円  経常利益 6億1,600万円
2015年4月期 売上高  94億円  経常利益 3億2,500万円
2014年4月期 売上高  86億円  経常利益 1億7,600万円
2013年4月期 売上高  73億円  経常利益 1億7,800万円
2012年4月期 売上高  71億円  経常利益 4億0,900万円
2011年4月期 売上高  55億円  経常利益 3億1,100万円
株主構成 社員、持株会他
主な取引先 伊藤忠商事(株)、伊藤忠都市開発(株)、(株)オープンハウス・ディベロップメント、JR西日本プロパティーズ(株)、(株)スカイホーム、第一リアルター(株)、ダイヤモンドアセットファイナンス(株)、(株)大和地所、大和地所レジデンス(株)、(株)タカラレーベン、東新住販(株)、日鉄興和不動産(株)、(株)モリモト、ヤマウラ企画開発(株)、横浜市
関連会社 (株)FKマネジメント
平均年齢 41.1歳(男女平均) 19歳~75歳(嘱託社員含む)
平均勤続年数 10.6年(男女平均)
沿革
  • 1986年 4月
    • 風越工業(株)設立
  • 1987年11月
    • 一般建設業許可取得(神奈川県知事)
  • 1992年11月
    • 本社所在地を横浜市旭区へ移転
  • 1994年11月
    • 1級建築士事務所登録
  • 1998年 5月
    • 風越建設(株)に商号変更
  • 1998年10月
    • 東京支店開設
  • 1999年 7月
    • 建設大臣特定建設業許可取得
  • 2000年12月
    • ISO 9001認証取得
  • 2004年10月
    • 本社所在地を横浜市中区へ移転
  • 2008年 5月
    • ISO 14001を認証取得
  • 2009年10月
    • F・PAC商品化(高利廻り賃貸マンション)
  • 2010年11月
    • 多目的キッチン発表
  • 2011年 5月
    • 免震基礎構造の施工方法で特許取得
  • 2018年12月
    • 本社所在地を横浜市中区相生町に移転
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 2名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

風越建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
風越建設(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ