最終更新日:2021/4/17

(株)ミヨシグループ[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 農林・水産
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
東京都、山梨県
資本金
9,000万円
売上高
49億円(2020年3月期、グループ4社計)
従業員
346名(グループ4社計)
募集人数
若干名

オンリーワン商品と技術力で園芸業界をリード。これからもミヨシグループは、業界の先駆者として花・野菜のタネや苗を日本、世界へ届け続けます。

【3-4月の応募受付終了しました】 (2021/04/14更新)

ミヨシグループのページにお越しいただきありがとうございます。

3-4月の応募受付は終了いたしました。
次回、5月以降の応募の告知はGW明けを予定しております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
βカロチンが豊富なさつまいも、自社オリジナル品種「ハロウィンスウィート」
PHOTO
私達ミヨシグループが世に送り出した花は数多くあります。カスミソウも当社が量産化に成功した花のひとつ。現在も業界トップの苗供給シェアを誇ります。

人事担当部長インタビュー【国内外の農家さんに、必要とされる人材になるために】

PHOTO

ミヨシグループ人事労務部長伊東淳路。生産系部門を経験後、管理事務部門を歴任し現職へ。若手社員時代から「元気よく、なんでもやります」が信条。

■ミヨシグループって、どんな会社ですか?
花・野菜分野の総合種苗メーカーです。詳しい部分は会社プロフィールに譲りますが、伝統ある花の分野では、国内外でトップシェアを持つ商品が数多くあります。創業70周年を迎え、「お客様にとってミヨシは絶対に必要である」と思って頂けるよう、先人達が1年1年の努力してきた結果と考えます。入社時職種としては、「実際に新しい花を生み出し、生産していく」技術系職種、「農家さんの為に何が出来るか提案、相談していく」営業系職種、「商品・社員・組織を支える」管理事務系職種があります。まずは、インターンシップにて「現場」を感じて頂ければと思います。

■ミヨシグループで「働く」
数年前に組織の改編を行ったことによって、更なるお客様第一主義の実現とグループ経営基盤の強化をはかっています。経営の人的分野「働く」分野では、人事評価制度の導入によって、組織業績向上と個人の働きの結びつきが強まり、また能力開発や適材適所を実現する人員配置もより強化されています。開発・生産・営業各部門の実務はもちろん、各種会社プロジェクトから研修旅行の企画まで、若手社員の創意工夫が生きる、やりがいのある仕事が当社にはたくさんあります。また、社員の成長を粘り強く見守る先輩社員や管理職社員のサポート、新入社員研修も風土として定着しております。

■ミヨシグループの気質
「社員間の距離が近く、アットホームな雰囲気」が当社の若手社員の感覚でしょうか。傾向としては、一生懸命で真面目。納得するまで考え、行動し自ら省みて年々成長している社員が多く在籍しています。ただ、世は動いており、自動運転、ドローン、AI等技術革新のスピードは早く、まだまだ貪欲に知識を吸収する「自律人材」を生み出していかないといけないと考えています。

■どんな学生が向いていますか?
「農学や園芸について学んでいないと、当社で働くことができないのか?」こんな質問を毎年受けますが、実際入社した若手社員を見てみると、文系学生でも活躍し、幸せなキャリアを送っています。最初の話に戻りますが、農業・植物の知識を持っていることに越したことはありませんが、「国内外の農家さんの為に何が出来るか」→「お客様の立場に立って行動できる人材」が活躍しております。是非私達と国内外のアグリビジネスのフィールドで活躍しましょう!

会社データ

プロフィール

私たちミヨシグループの創業は、1949年。
戦後間もない頃から様々な花や野菜の種や苗を導入、開発し、農家の方や量販店へ販売してきました。
一般の消費者の方にはなじみの薄い会社ですが、組織培養技術の導入、ウィルスフリー苗の普及、プラグ苗の開発、白いイチゴ「初恋の香り」など、園芸業界を代表する開発型企業として新しいことに積極的に挑戦するパイオニアとして進んできました。

現在、ミヨシグループは花と園芸をフィールドに、各社員が自分の専門領域を活かして多様な事業形態に挑戦しています。
未来のマーケットを見据えて、魅力ある花の種や苗を新しく創り出す人。
お客様により良質な種や苗を供給が出来るよう生産システムを構築する人。
国内、海外を飛び回って、お客様である農家の方やお取引先の方の求めるものを理解し、的確な提案をする人。
ミヨシグループでは様々な人材が、国内・海外の農業、園芸業界のフィールドで活躍しています。
あなたが今まで培ってきた自分の長所や個性、可能性を信じて、私たちと一緒に日本を、世界を花でいっぱいにしてみませんか。

事業内容
ミヨシグループの母体となっている業務は、切花を中心とした種苗の育種、開発、生産、販売です。
研究開発部門を持つ種苗メーカーとして、切花や野菜の品種の開発や、花束・アレンジなどに使われるユーストマやデルフィニウム、カスミソウなど、切花用の種子や苗の生産を行い、国内の農家の方々へ販売しております。また、海外との取引も多く、種子や苗の輸入はもちろんのこと、世界各地で生産や販売も行っています。《■(株)ミヨシ》

また、もうひとつの柱として、世界中の花壇苗種苗を、日本全国の農家様に販売する目的で、花壇苗世界有数の種苗会社であるBall Horticultural Company(アメリカ)と共同で事業も開始しています。ここでは、ミヨシグループで販売するプラグ苗を生産し、量販店向けのポット苗の生産をはじめ、国内の生産者への販売も行っています。また、クリスマスローズなどの一部の商品は、通信販売などを通じて一般消費者の方々へも販売し、国内花壇苗業界ナンバーワンを目指しております。《■(株)エム・アンド・ビー・フローラ》

ミヨシグループは、早い時期から組織培養技術を取り入れ、その高い技術と栄養繁殖技術を駆使して生産を行う農産物にたいしても事業を展開しています。
花では、切花市場の主要品目であるカーネーション苗の生産を、野菜では、イチゴ・サツマイモ・ワサビなどの商品開発と、苗や青果の生産販売を行っています。

オリジナル商品の開発では、白いイチゴ「初恋の香り」で高い評価を頂いております。優良苗の安定供給や情報提供を通して、日本の農業に貢献できるように日々努めております。《■三好アグリテック(株)》

PHOTO

ミヨシグループオンリーワン商品の一例、世界初、見た目よりずっと甘い白いイチゴ「初恋の香り」。(三好アグリテック開発・販売)

本社郵便番号 156-0056
本社所在地 東京都世田谷区八幡山2-1-8
本社電話番号 03-3302-4755
創業 1949年4月1日
設立 2013年4月1日
資本金 9,000万円
従業員 346名(グループ4社計)
売上高 49億円(2020年3月期、グループ4社計)
グループ会社 (株)ミヨシグループ
事業内容:ミヨシグループ各社の経営支援、事務サービス、小売事業(純粋持株会社)
創 業:1949年
設 立:2013年(改組により)
資本金:9,000万円
売上高:3億円(2020年3月期)
従業員数:30名
代表者:代表取締役社長 三好正一
本 社:〒156-0056 東京都世田谷区八幡山2-1-8
    TEL 03-3302-4755 FAX 03-3306-5344
事業所:八ヶ岳管理センター
    〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3181
    TEL 0551-36-5915 FAX 0551-36-5900

※(株)ミヨシグループからの一括採用・出向となります。
グループ会社(1) (株)ミヨシ
事業内容:花き・野菜種苗の研究開発、生産、卸販売
設 立:1949年
資本金:9,000万円
売上高:21億円(2020年3月期)
従業員数:112名
代表者:代表取締役社長 三好正一
本 社:〒156-0056 東京都世田谷区八幡山2-1-8
    TEL 03-3302-4755 FAX 03-3306-5344
事業所:八ヶ岳営業育苗センター
    〒408-8533 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3181
    TEL 0551-36-5915 FAX 0551-36-5900
    八ヶ岳研究開発センター
    〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾187   
グループ会社(2) (株)エム・アンド・ビー・フローラ(M&B Flora)
事業内容:花壇・鉢物苗の生産、卸販売、プラグ苗の生産
設 立:1997年
資本金:9,000万円
売上高:15億円(2020年3月期)
従業員数:126名
代表者:代表取締役社長 三好紀康
本 社:〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3181-4
    TEL 0551-36-5677 FAX 0551-36-5636
事業所:東京事務所
    〒156-0056 東京都世田谷区八幡山2-1-8
    千葉農場
    〒285-0913 千葉県印旛郡酒々井町墨1538-6
その他、長野県に事業所あり。  
グループ会社(3) 三好アグリテック(株)
事業内容:野菜種苗の生産、卸販売および果実の卸販売
設 立:2005年
資本金:9,000万円
売上高:8億円(2018年3月期)
従業員数:78名
代表者:代表取締役社長 三好正一
本 社:〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3181-10
    TEL 0551-36-5913 FAX 0551-36-5878
事業所:北海道、三重県
主な取引先 ■国内
各経済連・農協・種苗店および生産農家
国内ホームセンター卸業者・通信販売業者など

■海外
アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、イタリア、イスラエル、東南アジア各国、ブラジル、オーストラリア等 種苗会社各社
その他主な関連会社 新高生物科学股分有限公司
(株)大分ボール種苗センター
主要取引銀行 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、山梨中央銀行 他
企業理念 ビジョン
世界のすみずみに 1粒のタネから生まれる 新しい「きれい」「おいしい」を届けます

ミッション
オンリーワンな種と苗の開発を通じて 世界中の生産者と共に 豊かな社会づくりに貢献します

バリュー
先駆者であり続ける 誠実であり続ける
沿革
  • 1949年
    • 創業者三好靭男が東京都渋谷区に三好商会を設立。
  • 1963年
    • 東京都新宿区に本社建設移転。
  • 1970年
    • 東京都世田谷区八幡山にメリクロン研究所創立、組織培養企業化開始。
  • 1973年
    • 山梨県小淵沢町に八ヶ岳農場メリクロン研究所を開設し操業開始。
  • 1981年
    • (株)ミヨシに改組。
  • 1986年
    • 東京都世田谷区八幡山に本社を移転、メリクロン研究所世田谷分室と統合。
  • 1988年
    • 山梨県小淵沢町に新農場を開設(カーネーションファクトリー)
  • 1988年
    • 台湾に、ミヨシ、アリスタライフサイエンス、農友種苗、Ballの4社合弁による 新高生物科学股分公司(G.B.C)を設立。
  • 1989年
    • 北海道新得町に寒冷地試験農場としてサホロ農場を開設。(現:三好アグリテック(株)北海道農場)
  • 1993年
    • 山梨県小淵沢町に新農場(プラントファクトリー)開設と共に、八ヶ岳営業育苗センターを開設。
      東京本社より営業部門・生産部門を移動し、開発・生産・営業の一体化を図る。
  • 1997年
    • 鉢物・花壇苗用種苗の販売会社、(株)エム・アンド・ビー・フローラを Ball Horticultural Company と合弁で設立。
  • 1998年
    • 八ヶ岳営業育苗センター隣接地に宿根草農場(現:三好アグリテック(株)イチゴ小淵沢農場)を開設。
      営業育苗センターと三つの生産農場(カーネーションファクトリー・プラントファクトリー・宿根草農場)を一体化。
  • 2000年
    • 八ヶ岳営業育苗センター内に種子の貯蔵・発送施設並びに新事務所を新設。
  • 2001年
    • 山梨県大泉町にイチゴの生産農場施設として大泉農場を開設。
  • 2005年
    • 栄養繁殖系野菜苗の生産販売会社 三好アグリテック(株)を設立。
  • 2007年
    • カーネーション生産・営業部門を(株)ミヨシから三好アグリテック(株)へ移管。
  • 2012年
    • (株)エム・アンド・ビー・フローラ、(株)ティ・エム・ボール研究所合併。同時に(株)ミヨシ量販営業部門を業務移管し、鉢物花壇向けおよび量販店向け種苗の生産・販売・流通を一貫して行う新会社を設立。
  • 2013年
    • (株)M&Hブルーメンを、Hilverda Kooij社と合弁で設立。
  • 2013年
    • 持ち株会社として(株)ミヨシグループを設立。
  • 2015年
    • マレーシアに現地法人MIYOSHI BREEDING DEVELOPMENT OF MALAYSIAを設立。
  • 2018年
    • ミャンマーにMiyoshi Myanmar HortiCUltuerを合弁設立。
  • 2019年
    • 創立70周年。

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 6名 10名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 0名 4名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 4.9%
      (41名中2名)
    • 2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒408-0041
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3181

(株)ミヨシグループ 人事労務部
担当/今井、奥村

TEL:0551-36-5915 FAX:0551-36-5900
URL http://www.miyoshi-group.co.jp/
http://www.miyosi.co.jp/
http://www.mbflora.co.jp/
http://www.miyoshi-agri.co.jp/
E-mail recruit@miyoshi-group.co.jp
交通機関 電車利用の場合:JR中央本線「小淵沢駅」よりタクシーで5分
自動車利用の場合:中央自動車道「小淵沢IC」より10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp99729/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ミヨシグループと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ミヨシグループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ