最終更新日:2021/4/6

(株)ユーラスエナジーホールディングス【豊田通商・東京電力グループ】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 電力
  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • ガス・エネルギー

基本情報

本社
東京都
従業員
378名(2020年9月1日現在)※ユーラスエナジーグループ全体
事業所
本社(東京)、札幌支店、稚内支店
売上高
当社規定により非公開とさせていただいております。
募集人数
1~5名

【東京電力・豊田通商グループ】風力発電で国内最大手!クリーンエネルギーの普及・拡大を通じ、地球環境保全の一翼を担う風力発電で太陽光発電にも注力する世界有数規模!

採用担当者からの伝言板 (2021/02/15更新)

PHOTO

2022年度卒の新卒採用を開始いたしました。

会社紹介記事

PHOTO
当社は国内風力発電の総発電量の約4分の1を保有する業界トップ企業です。成長業界を牽引し、国の制度づくりにも関与し、国内外で開発を行います。(写真は当社豪州案件)
PHOTO
各分野において高い専門性を持つプロフェッショナルが集まるユーラスエナジーでは、若手社員にも活躍できる環境があります。(写真は当社開発営業社員)

日々進化を続ける再エネ事業、地球環境問題の解決にダイレクトに貢献

PHOTO

執行役員 諏訪部 哲也

私が初めて風力発電に関わったのは1993年、その当時の再エネ業界はいわゆる"ニッチマーケット"であり、大手電力会社などは誰も見向きもせず、世間の人々もそれほど環境に関心を持っていませんでした。そこで事業のできる場所を求め当時環境への意識が高く、再エネ発電などの環境保護事業に補助金を出していた国で風力発電事業を始めたのが、当社が欧米で事業をスタートさせた理由です。そのころは風車メーカーも、町工場のような小さな工場でブレードの材料となるグラスファイバーを一枚一枚手作業で型に張り付けて作っていました。工場の隣の小さな事務所に通い「下町ロケット」風のメーカー社長と連日深夜まで風車購入契約の交渉をしたことが思い出に残っています。

当社の国内風力/太陽光発電事業は適地選定から始まり、風況測定・土地交渉・許認可取得などの開発業務、風車契約やファイナンス契約などの契約交渉、建設管理から完工後の風車保守管理に至るまで、事業の全てのステップに当社スタッフが関わっています。もちろん一人で全てカバーはできず、社内のそれぞれの専門部署の人たちとの組織力で作り上げるものですが、技術・財務・操業管理など社内の各部門で専門家になることも、開発事業責任者として周囲を巻き込みながらプロジェクトを形成していくことも、どちらもダイレクトに環境貢献を感じることができる、とてもやりがいのある業務です。

また当社のもう一つの特徴は海外展開で、現在13カ国に事業展開していますが、今後は欧米中心であった海外事業を更に南米、アフリカ、アジアなどに展開し始めています。自国以外の10カ国以上に展開している再エネ事業者は世界でも珍しく、我々は地球規模でバランスの良い組み合わせで安定的な資産を積み上げていけると思います。そのうえで更に10年20年先も持続して成長するための新規幅出しも積極的に行っていく予定です。

風力発電の技術も日々進化しており、精密な風況予測技術や蓄電技術によって不安定であった風力発電も安定電源への道筋が見えてきています。我々も事業者の立場で新しい技術を積極的に活用し、新たなアイデアを付加することで人々の豊かな暮らしに貢献できる様、努力を積み重ねています。業界のトップランナーとして、他では経験できないダイナミックな仕事をしてみたい方は是非当社の門を叩いてみてください。

会社データ

プロフィール

ユーラスエナジーホールディングスは、豊田通商と東京電力との共同出資による風力発電事業を中心とした再生可能エネルギー事業会社です。

19867年にトーメン(現豊田通商)の電力事業部門が米国で風力発電をスタートさせたのが始まりです。その後、欧州、アジア、南米など世界11カ国に渡りグローバルに事業を展開しております。

当社の設立は2001年で、2002年に現在の「ユーラスエナジーホールディングス」に社名を変更しました。社名の「ユーラス(Eurus)」はギリシャ神話に登場する「東の風の神(エウロス)」にちなんだもので、東の国から新しい風を吹き起こそうという決意が込められています。

当社グループは、今後とも、「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じて地球環境保全の一翼を担う」という企業理念に基づき、社員一丸となって着実にその責務を果たしていきます。同時に、企業ビジョンとしての「地球とともに発展し、社会から信頼される企業」を目指し、地域の皆様とのコミュニケーションを重視しながら、信頼関係の維持・向上に努め、企業の社会的責任を果たすことにより、ステークホルダーの皆様に評価される企業となるように引き続き尽力してまいります。

事業内容
1987年に米国カリフォルニア州で5,000kWからスタートした風力発電事業は、2020年1月現在、全世界で278万kWを発電するまでに伸びています。さらに太陽光発電を加えると、合計312万kWの発電実績を上げています。操業中の発電所は98プロジェクトで、さらに建設中のプロジェクトも5カ所あります。
国内においては、北海道から鹿児島県まで16道府県に41カ所の発電施設を展開。そのうち風力発電所は32カ所で発電量は79万kWと国内No.1のシェアを誇っています。
このように海外で事業をスタートさせ実績を積み重ねてきたこともあり、国内外問わず風力発電所を保有し、現在も開発を進めています。

また、2008年に太陽光発電事業にも参入し、風力に次ぐ第二の柱として積極的に推進しています。2018年5月には、風力・太陽光合わせて日本国内における設備容量100万kWを達成しました。

近年の海外展開についてご紹介すると、2012年にオーストラリア、2015年にウルグアイと南半球での事業を開始しました。2016年にはオランダに進出、2017年9月にはチリにおける当社初の太陽光発電所を取得し、2019年にはアフリカ大陸のエジプトでも操業を開始しました 。今後も積極的に事業推進していきます。

PHOTO

2016年11月にオランダで事業を開始致しました。

本社郵便番号 105-0001
本社所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル7階
本社電話番号 03-5404-5313
設立 2001年11月1日
資本金 181億9,920万円
従業員 378名(2020年9月1日現在)※ユーラスエナジーグループ全体
売上高 当社規定により非公開とさせていただいております。
事業所 本社(東京)、札幌支店、稚内支店
株主構成 豊田通商(株)60%
東京電力ホールディングス(株)40%
関連会社 ユーラスエナジーアメリカ(サンディエゴ)
ユーラスエナジーヨーロッパ(アムステルダム)
ユーラステクニカルサービス
平均年齢 35.2歳(2020年9月1日現在・グループ全体)
海外事業所 ウルグアイ、ノルウェー、韓国
平均勤続年数 6.99年(2020年9月1日現在)
沿革
  • 1986年
    • 10月:(株)トーメン (現 豊田通商(株))グループの電力事業としてスタート
  • 1987年
    • 9月:アメリカで事業開始
      (カリフォルニア州〈Mojave風力発電所〉)
  • 1988年
    • 9月:Toyo Construction Company
      (旧 Tomen Power Corporation, 現 Eurus Energy America Corporation)を設立
  • 1993年
    • 3月:イギリスで事業開始 
      (ウェールズ〈P&L風力発電所、RYG風力発電所〉)
  • 1996年
    • 12月:イタリアで事業開始  (カンパー二ア・プーリア州〈IVPC風力発電所〉)
  • 1997年
    • 4月:Tomen Power Europe B.V.
      (現 Eurus Energy Europe B.V.)を設立
  • 1998年
    • 2月:スペインで事業開始 (ガリシア州〈Paxareiras I&IIa風力発電所〉)
      9月:(株)トーメンパワージャパン
        【現 (株)ユーラステクニカルサービス】を設立
  • 1999年
    • 11月:日本で事業開始
      (北海道〈ユーラス苫前ウインドファーム〉)
  • 2001年
    • 11月:(株)トーメンの電力事業部を分社化し、(株)トーメンパワーホールディングスを設立
  • 2002年
    • 10月:(株)ユーラスエナジーホールディングスに商号を変更
      【東京電力ホールディングス(株)が50%の株主として資本参加】
  • 2004年
    • 3月:株主構成の変更 (東京電力 60% / トーメン 40%)
  • 2005年
    • 12月:韓国で事業開始 (江原道〈ガンウォンウインドパーク〉)
  • 2006年
    • 4月:株主構成の変更 (東京電力 60% / 豊田通商 40%)
  • 2008年
    • 5月:当社グループ初の太陽光発電事業を韓国で開始 
      (全羅北道〈 西南淳昌 スンチャン 太陽光発電所〉)
  • 2011年
    • 7月:ノルウェーで事業開始 (ロガランド県 / 風力発電所)
      8月:アメリカで太陽光発電事業開始
        (カリフォルニア州〈Avenal太陽光発電所〉)
  • 2012年
    • 1月:株主構成の変更(豊田通商 60% / 東京電力 40%)
      5月:豪州で事業開始
        (南オーストラリア州〈Hallett5風力発電所〉)
  • 2013年
    • 11月:日本で太陽光発電事業開始
      (大阪府〈ユーラス岬ソーラーパーク〉)
  • 2015年
    • 1月:南米ウルグアイで事業開始
      (ラバジェハ県〈Minas風力発電所〉)
  • 2016年
    • 11月:オランダで事業開始(ヘルダーラント州〈Windpark Netterden〉他 6州 8案件)
  • 2017年
    • 1月:アメリカハワイ州で事業開始(オアフ島〈Waianae太陽光発電所〉)
      9月:チリ2か所の太陽光発電所を取得
  • 2018年
    • 5月:日本国内における設備容量100万kW達成
  • 2019年
    • 10月:アフリカで事業開始(紅海県〈Suez湾風力発電所〉)

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ユーラスエナジーホールディングス
〒105-0001 東京都港区虎ノ門四丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル7階
TEL:03-5404-5333(採用担当直通)
FAX:03-5404-5301
URL http://www.eurus-energy.com/
交通機関 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」4b出口より徒歩1分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩7分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp99894/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ユーラスエナジーホールディングス【豊田通商・東京電力グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】東京電力グループ

トップへ