最終更新日:2021/10/26

三菱HCキャピタル(株)【三菱UFJリース(株)・日立キャピタル(株)が2021年4月1日合併】

  • 上場企業

業種

  • リース・レンタル
  • その他金融

基本情報

本社
東京都
資本金
331億9,604万円
営業資産残高
83,121億円 (参考:2021年3月期 両社(三菱UFJリース・日立キャピタル)単純合算値)
従業員
2,629名 (2021年3月期)

「Voyager to the Frontier」わたしたちは、アセットの潜在力を最大限に引き出し社会価値を創出することで、持続可能で豊かな未来に貢献します。

会社紹介記事

PHOTO
海外事業の拡大を図っており、グローバルな活躍を期待する方にも格好の環境といえます。
PHOTO
「リース」という枠組みを超え、「頼りがいのある事業パートナー」として、お客様の課題解決に貢献する高度なサービスを展開しています。

Voyager to the Frontier

めざす姿「Voyager to the Frontier」

三菱HCキャピタルは、「アセットビジネスのプラットフォームカンパニー」としての先進的なアセット価値の提供と、「社会価値創造企業」としてのお客さまや地域社会のニーズを確実に捉えた、各ステークホルダーに対する価値の創造・提供という、両社の強みを融合したシナジーを創出します。

世界各地でリース会社の枠を超えた先進的なアセットビジネスを展開、開拓者精神で新たな領域・地域にチャレンジして社会価値の創造に努めることで、その経営ビジョンを実現してまいります。

注力領域を「社会資本/ライフ」、「環境・エネルギー」、「モビリティ」、「販売金融」、「グローバルアセット」とし、この5領域でイニシアティブを発揮、フロンティアを切り開き、深耕していく強い意志を込め、三菱HCキャピタルのめざす姿を「Voyager to the Frontier」としています。

会社データ

事業内容
各種物件のリース、各種物件の割賦販売、各種ファイナンス業務等
本社郵便番号 100-6525
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング
人事統括部 電話番号 03-3503-2267
設立 1971年4月12日
資本金 331億9,604万円
従業員 2,629名
(2021年3月期)
営業資産残高 83,121億円
(参考:2021年3月期 両社(三菱UFJリース・日立キャピタル)単純合算値)
事業所 【オフィス】
丸の内オフィス
西新橋オフィス
名古屋オフィス
赤坂オフィス
豊洲オフィス
大阪オフィス

【支店・営業部・営業所】
札幌支店
東北支店
大宮支店
東京第四営業部
横浜支店
北陸支店
静岡営業所
浜松支店
刈谷営業部
京都支店
神戸支店
中四国支店
九州支店
南九州営業所
北海道法人支店
東北法人支店
茨城法人支店
新潟法人支店
神奈川法人支店
中部法人支店
関西法人支店
中国法人支店
九州法人支店
決算情報 営業資産残高 83,121億円、純利益 873億円
(参考:2021年3月期 両社(三菱UFJリース・日立キャピタル)単純合算値)
主な株主 三菱商事(株)
(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
(株)日立製作所
(株)三菱UFJ銀行
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口)
国内グループ会社 ディー・エフ・エル・リース(株)
首都圏リース(株)
ディーアールエス(株)
MHCエコビジネス(株)
(株)U-MACHINE
MHCインシュアランス(株)
MHCビジネス(株)
三菱電機クレジット(株)
(株)日医リース
エム・キャスト(株)
MULヘルスケア(株)
ヘルスケアマネジメントパートナーズ(株)
MULエナジーインベストメント(株)
MHCユーティリティーイノベーション(株)
三菱HCキャピタルプロパティ(株)
ダイヤモンドアセットファイナンス(株)
(株)御幸ビルディング
三菱HCキャピタルリアルティ(株)
三菱HCキャピタル不動産投資顧問(株)
(株)センターポイント・ディベロップメント
三菱オートリース(株)
ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ(株)
三菱HCキャピタル債権回収(株)
MHCリユースサービス(株)
三菱HCキャピタルオートリース(株)
MHCトリプルウィン(株)
積水リース(株)
キャピタル損害保険(株)
三菱HCキャピタルコミュニティ(株)
三菱HCキャピタル信託(株)
第一信用保証(株)
三菱HCビジネスリース(株)
HGE(株)
HWP(株)
HSE(株)
海外グループ会社 イギリス
Hitachi Capital (UK) PLC

ポーランド
MHC Mobility Sp. z o.o.

アイルランド
Jackson Square Aviation Ireland Limited
Engine Lease Finance Corporation

オランダ
MHC Mobility B.V.

ドイツ
MHC Mobility GmbH

オーストリア
MHC Mobility GmbH

アメリカ
Mitsubishi HC Capital (U.S.A.) Inc.
ENGS Commercial Finance Co.
Jackson Square Aviation
Beacon Intermodal Leasing, LLC
MUL Railcars, Inc.
Mitsubishi HC Capital Realty (U.S.A.) Inc.
Mitsubishi HC Capital America, Inc.
カナダ
Mitsubishi HC Capital Canada, Inc.
Mitsubishi HC Capital Canada Leasing, Inc.

中国
Mitsubishi HC Capital (Shanghai) Co., Ltd.
U-MACHINE (CHINA) CO., LTD.
三菱和誠融資租賃(北京)有限公司
三菱和誠商業保理(上海)有限公司

香港特別行政区
Mitsubishi UFJ Lease & Finance (Hong Kong) Limited
DFL-Shutoken Leasing (Hong Kong) Company Limited
Mitsubishi HC Capital (Hong Kong) Limited
Mitsubishi HC Capital Management (China) Limited

シンガポール
Mitsubishi HC Capital (Singapore) Pte. Ltd.
Mitsubishi HC Capital Asia Pacific Pte. Ltd.

タイ
Bangkok Mitsubishi HC Capital Co., Ltd.
Thai MHC Co., Ltd.
U-MACHINE (THAILAND) CO., LTD.
Mitsubishi HC Capital (Thailand) Co., Ltd.

インドネシア
PT. Mitsubishi HC Capital and Finance Indonesia
PT. Manajemen Unggul Lestari
PT. Takari Kokoh Sejahtera
PT. Arthaasia Finance

ベトナム
Ho Chi Minh City Representative Office

マレーシア
Mitsubishi HC Capital Malaysia Sdn. Bhd.

ミャンマー
Yangon Representative Office
平均年齢 42歳
沿革
  • 沿革
    • 三菱UFJリースは銀行・商社系、日立キャピタルはメーカー系リース会社として、世界各地・様々な領域でビジネスを展開することにより、それぞれの強みを培ってきました。
      その強みを結集することで、お客さまや社会の様々なニーズを的確に捉えた、新たな価値をグローバルに創出していきます。
  • 2021年4月
    • 2021年4月1日に、三菱UFJリースと日立キャピタルは合併し、「三菱HCキャピタル(株)」が誕生
      ・先進的なアセットビジネスを展開
      ・開拓者精神で社会価値を創出
  • 2020年
    • アセットビジネスのプラットフォームカンパニーに進化
      ・有形無形のアセットに対する知見をベースに、「取得、開発、保有、賃貸、管理、保守、運営、売却」の8つの機能を組み合わせてアセット価値創出力を高めた「アセットビジネスのプラットフォームカンパニー」に進化
  • 2019年
    • モビリティ事業を本格展開
      ・従来のビークルソリューション事業を進化させるとともに、MaaS事業を展開する会社を買収するなどモビリティ事業を本格展開
  • 2017年
    • 新たな価値創造
      ・ドイツにおける洋上風力発電所向けの海底送電事業に参画するなど、ビジネスモデルの進化を通じた事業参画、事業運営を展開
  • 2017年
    • ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブを設立
      (三菱UFJリース、日立キャピタル、三菱UFJ銀行の共同出資会社)
  • 2016年
    • 三菱UFJリースと日立キャピタルが資本業務提携
  • 2015年
    • 収益機会の拡大
      ・北米貨車リース会社との業務提携や航空機エンジンリース会社、海上コンテナリース会社の買収など国際展開を加速
      ・収益性を高める不動産再生事業や太陽光発電のアセットマネジメントを開始
  • 2014年
    • 再生可能エネルギー関連の事業化を開始
      ・風力発電所や太陽光発電所の運営に参画
      ・自らが事業主体となり再生可能エネルギー事業を推進
  • 2013年
    • バリューチェーンにおける提供機能拡大
      ・航空機リース会社の買収を契機に、グローバルアセット事業の展開を加速
      ・付加価値の高いサービスの提供を推進
  • 2013年
    • 販売金融事業を強化
      ・リースを通じてベンダーの販売支援を行う会社を買収
      ・グローバルにて各地域のニーズに沿った事業を展開、欧州大陸では外部金融機関との提携で事業エリアを拡大
  • 2007年
    • 三菱UFJリース誕生
      ・ダイヤモンドリースとUFJセントラルリースが合併し、三菱UFJリースが誕生
      コア事業であるリースビジネスに加えて中古機器売買事業なども展開
  • 2005年
    • 社会インフラ分野の事業を拡大
      ・神奈川県綾瀬市に「綾瀬タウンヒルズショッピングセンター」をオープンし、商業施設の管理運営を開始
      また、マルチテナント型物流施設の運営、PPP・PFI事業の代表企業としての体育館の建設など、地域・社会貢献につながるソリューションを提供
  • 2000年
    • 日立キャピタル誕生
      ・日立グループ内の金融事業を統合、その事業拡大を目的に、日立クレジットと日立リースが合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.6日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三菱HCキャピタル(株)【三菱UFJリース(株)・日立キャピタル(株)が2021年4月1日合併】と業種や本社が同じ企業を探す。
三菱HCキャピタル(株)【三菱UFJリース(株)・日立キャピタル(株)が2021年4月1日合併】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ