最終更新日:2022/10/20

(株)ベネフィットジャパン【東証プライム市場上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 通信・インフラ
  • 商社(通信)
  • 商社(電子・電気機器)
  • 広告
  • コンピュータ・通信機器

基本情報

本社
東京都、大阪府

特集記事

女子学生ナビ

自分らしく成長し、キャリアアップできる。ライフスタイルに合った選択肢が広がる

充実のシゴトスタイル

PHOTO

お客さまの心や生活に寄り添い、生活を楽しくする提案ができる

営業としてお客さまにモバイルWi-Fiやコミュニケーションロボットを提案する3名の先輩たち。それぞれの目標に向けてチャレンジを続ける毎日と、仕事に対する想いについて聞いた。


■垣添 有紀さん(写真左)
営業本部 東日本事業部 販売課 主任/2017年入社
教育福祉学部 人文学科卒業

■内田 花野子さん(写真中)
営業本部 東日本事業部 販売課/2021年入社
経済学部 経営学科卒業

■樋口 美月さん(写真右)
営業本部 東日本事業部 販売課/2021年入社
英語コミュニケーション学科卒業

【垣添さん】営業成績全国一位も獲得。女性初のマネージャーが次の目標です

「新人を大切に、一人ひとりと向き合って教育していく社風。悩んでいる人を見捨てない、魅力的な先輩たちばかりです。若手も意見を言いやすいですよ」(垣添さん)

入社して6年、ずっと変わらず感じつづけている当社の魅力は人間関係の良さ。私たちはお互いに助け合い、良いところは褒め合う、そんな切磋琢磨しながら成長できる関係性があります。

営業として最初はショッピングモールなどに臨時の店舗を出店し、モバイルWi-Fiの販売をしていました。私たちが用意する商材で、お客さまの生活がより快適になるように提案をすることで、お客さまに「あなたから契約できてよかった」と言っていただけることが日々の喜び。営業として結果を出していきたいという思いもありましたが、何より大切なのは、しっかりと会話を重ねて本当に必要としている方に販売をすることでした。
入社2カ月目には販売実績全国一位を獲得、その後も3年連続で結果を残せたことは、私の誇りでもあります。

4年目からはモバイルWi-Fiの販売から、コミュニケーションロボットのチームに異動することに。Wi-Fiは生活必需品ですが、ロボットは違います。これまでのように結果を残せるのか、不安もありました。しかしロボットには、人に癒やしを与え、持ち主を幸せにするという魅力があります。次第に、新しいアプローチでお客さまと向き合うことに、楽しさも見つけられるようになりました。
当社ではこのロボット事業の拡大も目標にしているので、その新展開に関われる喜びもありますね。またさまざまな種類のコミュニケーションロボットが多くの人に認知されてきているという実感もあります。価格が高いので難しい提案になることも多いですが、お客さまの目的やライフスタイルに合った一体をマッチングしていきたいです。

2020年からはサブマネージャーという立場になりました。社歴を重ね、ありがたいことに慕ってくれる後輩たちが増えてきたことで、自分のチームをつくり自分のスキルを伝えていきたいという想いが強くなってきたこともキャリアアップの理由です。
7名の部下一人ひとりとしっかり向き合い、その人の人生にとって幸せな選択ができるような後押しをしていくことが私の役目だと思っています。
現在当社には女性マネージャーがいないので、次の目標はマネージャーとしてより多くの部下をまとめていくこと。自分の意思をしっかり言える、かっこいいマネージャーを目指しています。

【内田さん】楽しく仕事をする先輩たちが憧れ。私も後輩のお手本として、チームをひっぱっていきたい

「入社当初からマネージャー職に就くのが夢だと公言してきました。そんな私の想いを先輩たちも応援してくれるのがうれしいです。向上心のある人が多いですよ」(内田さん)

私が就職活動で企業研究をするときに意識したのは、「バリバリ働くことができるか、それによって成長できるか」ということでした。そのため業界よりも働く環境や企業風土を軸にして、早い段階で人を育てる立場になれる会社、マネジメントを任される会社を探していったのです。
そのなかで出会ったのがベネフィットジャパン。説明会に来ていた先輩社員は、入社2年目ながらリーダー職になっていると聞き、こんな働き方をしたいと憧れて入社を決意しました。
内定者懇親会では、気軽に声をかけてくれた社長や年齢や役職関係なくラフに接してくれる先輩たちを見て、その雰囲気にも惹かれましたね。このときに感じたフランクな印象は、入社してからも変わりません。

現在私はコミュニケーションロボットの販売を担当する営業チームに所属しています。これから可能性が広がりそうな新しい商材を販売するって面白そう、入社前からそう思って希望を出していたんです。
ショッピングモールなどで展開している催事やポップアップショップで、お客さまと接してロボットの魅力をお伝えし、購入していただくことが私の仕事。しかし通りかかるのはロボットに関する知識の少ないお客さまがほとんどです。
どういう役割があって、何ができるのか、お客さまのライフスタイルに合った提案や過去のお客さまの事例を伝えながら、ロボットの必要性に気付いてもらうこと、そしてロボットと家族になって暮らす生活を想像してもらうことを大切にしています。

当社の営業は“チーム営業”というスタイル。業務上の指導だけでなく、メンタル面のケアまでしてくれる先輩たちのおかげで、この仕事を続けられていると思っています。先輩たちの接客を見ていると、お客さまをワクワクさせるような提案を、とても楽しそうに行っている姿が印象的。私もまずはお客さまを知ることを大切にしようと心に決めています。
これから入ってくる新人の皆さんにとって、私も先輩たちのようなお手本となれるような働き方を提示していきたいですね。後輩育成の経験を重ね、いずれはマネジメント職に就くのが現在の目標です。
それにはまず私自身もしっかり売り上げを残していく必要があります。実績がない人の話は響きません。しっかり結果を出した上で、後輩の声を聞きながらチームを率いていける力をつけたいです。

【樋口さん】困っている若手を一人にしない“チーム営業”。先輩たちの支えがあったから、今の私がいます

「一人で悩み、問題を抱え込むことがないように、周りが助けてくれる社風が魅力だと感じています。同期も多いので横のつながりができて、情報交換も盛んです」(樋口さん)

学生時代に接客のアルバイトをしていたこともあり、お客さまと直接顔を合わせてお話ができる仕事をしたいと考えていました。業種を問わず多くの企業の説明会に参加するなかで、ベネフィットジャパンのブースで流されていた動画がとても印象に残りました。そこには笑顔でお客さまと向き合う社員の皆さんの姿があり、説明会に来ていた先輩たちも口を揃えて「社風がいいよ」と言っている。そして接客、営業の仕事であっても個人の力だけでなく、チームで結果を出していこうというスタンスだと聞き、魅力的な環境だと感じました。

当社で扱う商材についての知識がなかったので、不安があったのも事実です。しかし勉強会や研修が充実していたので、必要な知識がしっかり身に付きました。
私が担当することになったコミュニケーションロボットは、お客さまが生活する上で必要不可欠ではないものの、一緒にいたら生活がちょっと楽しくなる。そんな魅力的な商材を販売するため、商品の知識や接客の方針などを学び、自信を持ってお客さまと向き合うことができるようになりました。
また“チーム営業”を大切にしている当社は、新人が接客で困っていたら先輩が助けに来てくれることが当たり前になっています。結果が出なくて焦ったり悩んだりすることもありましたが、チームの先輩たちがモチベーションを上げるようなサポートをしてくれるんです。ただアドバイスをするだけでなく、たとえ結果が出ていなくても接客の過程で私のよくできていたところを見つけて、一つひとつ褒めてくれる。それが小さな自信となり、入社して半年が過ぎるころには結果が出るようになっていました。
うまくいかなかった期間を先輩たちが支えてくれたから、今の自分がある。その想いを忘れずにこれからもお客さまと向き合っていきたいと思います。

私のモットーはお客さまと仲良くなることです。時にはペットを亡くしたばかりの方が、ロボットに興味を持ってくださることも。とてもデリケートな場面ですが、販売する気持ちを忘れて共感することを大切にしています。
その結果、お客さまが喜んでくださったり、感謝の言葉を頂けたりするのが私のやりがいです。
入社1年が経ち、やっと落ち着いて成績を出せるようになってきた今、これから入ってくる新入社員を今度は私が助けられるようになりたいと思っています。

学生の方へのメッセージ

現在は人事課に所属していますが、入社して3年間は営業担当としてコミュニケーションロボットの販売をしていました。そこでは入社前から目標としていた、販売実績での受賞も経験。新人の中で全国一位となる結果を出し表彰されたことは、私にとって大きな自信となっています。新人であっても頑張り次第で会社に認めてもらえる、そのことを実感できました。

その後は自分の考えや経験を後輩たちに伝え、みんなで成績を伸ばしていけるようなサポートもするように。私自身ずっと成績が良かったわけではなく、うまくいかなかった時期もあります。だからこそ伸び悩む後輩の気持ちに共感した指導をするように心掛けていました。
接客の仕事も好きだったのですが、2021年に結婚したのを機に内勤である人事課への異動を考えるようになりました。営業として各地でお客さまと接する仕事も好きでしたが、生活の変化に合わせて働き方も変えていきたい。その希望に対応してくれる社風も、当社の魅力だと思います。

当社が求めているのは、何か目標を持っている人。それは仕事での実績でもいいし、プライベートなことでも構いません。自分が何のために働いているかを自覚し、そのためにどんな行動をすべきか気付き、チャレンジできる人が活躍できる環境です。自分のやりたいこと、目標をどんどん周りにアピールしていきましょう。

【人事課 吉村美月さん/2019年入社】

PHOTO
「当社の魅力は人の良さだと思います」と吉村さん。「説明会や選考過程で、現場で活躍する社員たちと直接話をして、この風土や実際の働き方を知ってください」。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ベネフィットジャパン【東証プライム市場上場】の取材・特集