最終更新日:2021/12/1

社会福祉法人東京老人ホーム

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
東京都
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
9億8,900万円(2020年3月期)
従業員
154名(2021年9月1日現在)

「入居者にとってのより良いケア」や「職員にとって働きやすい環境」を考えています

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新入職員に楽しんでもらえるように、先輩職員が飲み会やBBQを企画します。(費用は法人負担)この会で仲良くなった職員同士が、プライベートでご飯に行くことも。
PHOTO
飲食無料のカフェ&Barには、休憩中や仕事帰りの職員が集い、楽しい話題で大いに盛り上がります。昼はお取り寄せスイーツ、夜にはアルコールや軽食が出ます。

職員と共に考え、共に歩み、成長を続けていきます

PHOTO

「老人ホームってなんだろう」というテーマで、近隣の小学校とオンライン授業を開催。施設で暮らすご利用や働く職員について知っていただきました。

■私たちの目標は、入居者の方々の「その人らしい生活」を最期の時まで支えること。
一人ひとりの希望を実現するのに、正しい答えはありません。
日々湧いてくる様々な疑問と向き合うために必要なのはアイデアと実践です。
めぐみ園には、立場に関係なく意見を尊重し、実現に向けて協力し合える仲間が大勢います。
ぜひ、一緒に体験し、楽しく考えてみませんか。

■当法人では、ケアの向上だけでなく、職員が長く働き続けられるような取り組みも行っています。
その中でも特徴的な「3つの取り組み」についてご紹介します。

1、地域交流への取り組み
「愛=人を大切に思う心」という理念は、地域の皆さんへも向けられています。
これまで法人のプロジェクトチームにより、認知症の方がスタッフとなる「おひさまカフェ」の企画・運営を行ってきましたが、最近では「片付け支援プロジェクト」もスタートしました。
また、近隣の小中学校とも連携して「避難所開設訓練」や「オンライン授業」を行い、子どもたちに高齢者についての理解を深めていただいています。

2、福利厚生の充実
職員からの意見をもとに、待遇の改善に努めています。
賞与は平均4.7ヵ月で、「引越手当」や「住宅手当」などの各種手当も充実しています。
また、子育て支援として「産前産後休暇中は給与・賞与を100%支給」するほか「職場復帰支援金」、「子どもお祝い金」など法人独自の制度も設けています。

3、活発な職員交流
東京老人ホームは、部署や職種に関わらず職員交流が盛んな職場です。
法人敷地内で職員同士が気軽に集まれる「カフェ&Bar『sui』」を開催したり、新入職員と若手先輩職員で「シスター&ブラザー会」を結成することで、職員同士が自然と交流できる場を作っています。
(現在は感染症対応として、オンラインなど形を変えて実施しています。)

会社データ

事業内容
特別養護老人ホームめぐみ園 (定員90名 うちショートステイ10名)
養護老人ホーム東京老人ホーム(定員50名)
軽費老人ホーム東京老人ホーム泉寮(定員100名)
めぐみ園ホームヘルプサービス
めぐみ園指定居宅介護支援事業所
富士町地域包括支援センター
西東京市高齢者配食サービス

PHOTO

西東京市内において、施設サービスと在宅サービスからなる7つの高齢者福祉事業の運営を行っています。

本社郵便番号 202-0022
本社所在地 東京都西東京市柳沢4-1-3
本社電話番号 042-461-2230
創業 1923年
設立 1952年
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 154名(2021年9月1日現在)
売上高 9億8,900万円(2020年3月期)
代表者 理事長 徳野 昌博
事業所 西東京市柳沢4-1-3
 ・特別養護老人ホームめぐみ園
 ・養護老人ホーム東京老人ホーム
 ・軽費老人ホーム東京老人ホーム泉寮
 ・めぐみ園ホームヘルプサービス
 ・めぐみ園指定居宅介護支援事業所
 ・西東京市高齢者配食サービス
西東京市富士町1-7-69
 ・富士町地域包括支援センター
平均年齢 正職員全体 41歳
特養ケアワーカー 35歳
平均勤続年数 正職員全体 9.2年
特養ケアワーカー9.4年
給与モデル(年収) 【特別養護老人ホームケアワーカー年収例:世帯主の場合】
●大卒
 2年目 430万円以上
●短大・専門卒
 2年目 420万円以上
※上記に残業手当、通勤手当は含んでいません。別途支給。
沿革
  • 1923年
    • 日本福音ルーテル教会が関東大震災の罹災者救護事業として、東京都港区のスペイン公使館敷地内(当時の麻布市兵衛町)にバラックを建設し、母子と老人を受け入れ、社会福祉法人ベタニヤホーム及び当法人の事業のはじまりとなる
  • 1924年
    • 老人ホームは杉並区高円寺に移転、母子ホームも11月に本所菊川橋に移転
  • 1936年
    • 東京都北多摩郡保谷町に土地を取得、新築し移転
  • 1938年
    • 保護施設の認可を受ける
  • 1946年
    • 生活保護法による養老施設としての認可を受ける
  • 1950年
    • 東京都北多摩郡保谷町の土地を取得して菜園とする
  • 1952年
    • 社会福祉法人東京老人ホーム設立の認可を受ける
  • 1956年
    • 施設内診療所(内科のみ)の開設許可を受ける
  • 1963年
    • 老人福祉法により、養老施設は養護老人ホームとなる
  • 1964年
    • 養護老人ホームを新築
      軽費老人ホームを新築
      軽費(東京老人ホーム泉寮)の事業を開始(定員50名)
  • 1972年
    • 保谷市の高齢者に対する地域健康相談を開始(無料検診月1回)
  • 1973年
    • 地域の高齢者に対する配食サービス(保谷市、武蔵野市)を開始
      宮城県仙台市鶴ヶ谷5丁目17に鶴ヶ谷保育所希望園を新設(定員90名)
  • 1983年
    • 社会福祉法人鶴ヶ谷保育所希望園を設立、同事業を分離
  • 1990年
    • 東京都保谷市に特別養護老人ホームめぐみ園が完成
  • 1992年
    • 特別養護老人ホームめぐみ園の個室化工事完成(個室84室、4人室1室となる)
  • 1993年
    • 保谷市在宅介護ホームヘルパー派遣事業を開始
  • 1995年
    • めぐみ園在宅介護支援センター事業開始
      特別養護老人ホームめぐみ園の個室化工事完成(全室個室化完了、 個室2室増築、グループルーム新設)
  • 1999年
    • 介護保険による指定居宅介護支援事業者の指定を受ける
  • 2000年
    • 介護保険制度開始、特別養護老人ホームめぐみ園は、介護老人福祉施設となる
      保谷市高齢者センター「きらら」事業受託。(デイサービス事業)
  • 2006年
    • 富士町地域包括支援センター事業を西東京市より受託
  • 2010年
    • めぐみ園訪問看護ステーション事業開始
  • 2013年
    • 西東京市高齢者配食サービスを西東京市より受託
  • 2014年
    • デイサービスぽぽたん事業開始
  • 2015年
    • 認知症カフェ「おひさまカフェ」運営開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 9.4年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.7時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 41.7%
      (12名中5名)
    • 2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人東京老人ホームと業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人東京老人ホームを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ