最終更新日:2022/4/27

富士伊豆農業協同組合(JAふじ伊豆)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済
  • 農林・水産

基本情報

本社
静岡県
出資金
30億8,880万円(2021年3月31日)
貯金残高
1兆8292億円(2022年3月31日)
役職員数
役員35名 正職員393名 嘱託職員21名 契約職員41名 派遣職員50名 2021年4月1日

富士山麓から伊豆半島まで静岡県東部地区の農業を組合員・地域のみなさまと支えます

静岡県東部8JAが1つに「JAふじ伊豆」誕生!! 令和5年度(2023年度)採用エントリー受付中! (2022/04/27更新)

PHOTO

令和4年4月1日に静岡県東部地区の8JAが1つになり、「JAふじ伊豆」が誕生します。日本最大級の「JAふじ伊豆」の魅力と、幅広い事業を展開するJAの仕事にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「やりがいを感じ、誇りが持てる組織づくり」も新JAが掲げる理念の1つ。誰もが生き生きと働きやすい環境で、1人ひとりが専門スキルを高めることで地域の声に応えます。
PHOTO
新入職員にはマンツーマンで先輩がついて、仕事上の悩みをフォロー。気軽に相談できる環境が職場のチームワークを高め、業務になじみやすくしてくれます。

豊かな食と農業を未来へ繋ぐために。日本有数の経営基盤で富士伊豆地域を支えます。

PHOTO

2022年春に誕生する「JAふじ伊豆」のロゴマーク。8つのJAがひとつになり、地域ブランドを世界へ発信していく未来がカラフルに表現されています。

2022年4月、静岡県東部の8JA(伊豆太陽、三島函南、伊豆の国、あいら伊豆、なんすん、御殿場、富士市、富士宮)が合併し、新たに「富士伊豆農業協同組合(JAふじ伊豆)」として生まれ変わります。エリアは富士山麓から伊豆半島まで広域に及び、事業規模も日本最大級のJAへ。これまで各JAが培ってきた経営資源や農畜産ブランド、様々なノウハウを共有し、いっそう強固な基盤で、一丸となって地域農業の発展を支えていく方針です。

新たな出発を目指すJAふじ伊豆で求めるのは農業を愛し、組合員、利用者、地域の声を聴き、考動できる人。熱い向上心を持ち自己革新に努め、夢と誇りを持ち仲間と共に未来を想(創)造できる人を歓迎します。

高い専門性を育むために、各JAの長所を生かした教育制度や福利厚生も用意。非農家出身の方や金融知識を専門的に学んでいない方も、農業関連や金融事業の業務について基礎から習得し、理想のキャリアアップを目指せる環境を整えてきました。また、職場全体で新入職員の成長をサポートするとともに、トレーナー制度を取り入れています。新入職員一人ひとりにトレーナー(先輩職員)がマンツーマンでつき、職場内教育(OJT)を実施します。全国JA職員資格認証をはじめ、銀行業務検定や宅地建物取引士、FPなど資格取得支援も充実。専門知識を高めるほど、地域からの信頼の厚さも実感できるでしょう。全ての新入職員を対象とした農業研修も、地域の農産物の魅力や農家さんの技術力の高さを知る良い機会となるはずです。

今後目指すのは、より広く地域農業を支える充実したサービスの提供。特産品の発信や子どもたちへの食農教育にもいっそう力を入れていきます。静岡県東部の豊かな水と大地を守り、全国有数の事業規模に恥じない安全・安心な食と農を追究すること。それが次の30年に向けた新生JAの取組みの軸となっています。

会社データ

プロフィール

人々の生活に欠かすことのできない「食」と「農」。
日本古来の食文化を大切にする。そのためには、わたしたち農業協同組合の存在は必要不可欠だと考えています。

わたしたちは自然の恵みを大切にし、組合員・地域のみなさまとともに、地域の農業を支えていくことを使命としています。次世代を担う地域の子どもたちを対象に、職員とともに農業体験、調理体験、販売体験などの体験学習を行うなど、様々な取り組みを通じて、地域農業の発展と地域のみなさまに「食」と「農」の大切さを理解していただけるような事業展開を考えています。

時代の移り変わりとともに「食」と「農」のあり方は変わりつつあります。生産者・組合員が心を込めてつくった農産物を、少しでも多くの方にお届けしたい。その想いから近年、様々な新しい取り組みに挑戦しています。地元農畜産物を使用したプライベートブランド商品の開発など、「農」のみならず「食ブランド」としてみなさまに広く知っていただくための工夫をしています。

営農事業だけでなく、金融事業・共済事業を加えた「総合事業」を活かした「総合サービス」を地域のみなさまに提供し、地域に「なくてはならない」JAを目指しています。
そのために、利用者の方々のどのような相談にも対応できる高度な知識の習得と、JAを利用してよかったと思っていただけるきめ細やかなサービスが行えるよう職員教育に取り組んでいます。

これまでわたしたちは、自ら「改革」を行い、農業とJAの関わり方の新しい未来を切り開いてきました。JAが今後も組合員・地域の発展のための存在であり続けるために、新しいことに積極的に取り組める方を求めています。

事業内容
【農業関連事業】
 ●営農指導事業
 ●販売事業
 ●生活福祉事業
 ●購買事業
 ●燃料事業
 ●不動産相談事業
【 信用事業 (JAバンク ) 】
 ●貯金業務
 ●融資業務
 ●為替業務
 ●国債・投資信託の窓口販売業務
【 共済事業 (JA共済 ) 】
 ●サービス・その他業務
 ●ひとと暮らしをサポート
 ●いえと家財の被害をサポート
 ●カーライフをサポート
本社郵便番号 410-0822
本社所在地 静岡県沼津市下香貫字上障子415-1
本社電話番号 055-931-3131
創立 2022年4月1日
出資金 30億8,880万円(2021年3月31日)
役職員数 役員35名
正職員393名
嘱託職員21名
契約職員41名
派遣職員50名
2021年4月1日
貯金残高 1兆8292億円(2022年3月31日)
本店所在地 富士伊豆農業協同組合本店
〒410-0822
静岡県沼津市下香貫字上障子415-1
沿革
  • 1993年3月
    • 沼津農協、沼津市片浜農協、東静清水農協、長泉町農協の4農協が合併し、南駿農業協同組合を設立
  • 1995年3月
    • 東部、西部、南部各地区営農経済センターオープン
  • 1996年5月
    • 献上茶謹製の栄を賜り「ぬまづ茶」を総理大臣に献上
  • 1997年
    • 4月  緑茶館ぬまづオープン
      12月 農協設立50周年記念として各地区で農業祭等を開催
  • 1999年12月
    • ナックなんすんオープン
  • 2000年9月
    • 山王通り支店オープン
  • 2002年14年
    • 1月 江梨給油所オープン
      3月 原支店移転オープン
      6月 大平支店移転オープン
  • 2003年9月
    • 長沢支店新装オープン
  • 2004年4月
    • ローンセンターオープン
      納米里支店移転オープン
  • 2005年4月
    • 裾野市農業協同組合と合併し、新JAなんすん発足
  • 2006年10月
    • 南部営農経済センター移転オープン
      西浦みかん支店移転オープン
      東支店新設オープン
  • 2007年4月
    • 土壌・農薬分析センター始動
  • 2008年
    • 4月 ローンセンター移転オープン
      7月 片浜支店移転オープン
  • 2009年4月
    • 裾野西支店移転オープン
      沼津みなと新鮮館にJAなんすんブース出店
  • 2010年9月
    • 清水支店移転オープン
  • 2012年2月
    • 大岡支店新装オープン
  • 2013年
    • 4月 あしたか山麓裾野そば店 五竜庵オープン
      11月 金岡支店新装オープン
      12月 静浦支店新装オープン
  • 2014年11月
    • 中土狩支店移転オープン
  • 2016年6月
    • 献上茶謹製の栄を賜る
  • 2017年10月
    • 沼津市で初めて献穀事業の栄を賜る
  • 2017年11月
    • 長泉支店新装オープン
  • 2020年3月
    • 浮島支店、西部営農経済センター新装オープン
  • 2022年4月
    • 静岡県東部地区8農協(伊豆太陽農協、三島函南農協、伊豆の国農協、あいら伊豆農協、南駿農協、御殿場農協、富士市農協、富士宮農協)が合併し、富士伊豆農業協同組合を設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.4年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.0日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 17名 0名 17名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 17名 0名 17名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 6.2%
      (113名中7名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
(内定~1年目職員)
○内定者研修会 (当JAについて研修)
○新入職員研修会(ビジネスマナー等の社会人基礎研修)
○担当業務研修会(営農・購買・貯金・融資・共済の実務研修)
○農業・販売体験(農家での農業体験、直売所での販売体験など)
○フォロー研修会(入組後数カ月ごとに習得状況確認)
○その他通信教育(ビジネスマナー、業務知識)
※2年目以降は職員ごと必要な研修を毎年実施。
自己啓発支援制度 制度あり
○資格試験講習会(JA職員必須資格取得のための講習)
○自己啓発のための研修手当支給(30歳まで月4,000円~8,000円)
○資格取得手当(取得した資格により一時金支給)
○その他資格取得・通信教育取得補助
メンター制度 制度あり
トレーナー制度あり(新入職員1名あたり先輩職員1名)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
組合内人材育成制度あり
社内検定制度 制度あり
農業協同組合職員資格認証試験

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
静岡大学、新潟大学、北海道大学
<大学>
愛知学院大学、青山学院大学、亜細亜大学、茨城大学、宇都宮大学、江戸川大学、桜美林大学、大阪芸術大学、大妻女子大学、岡山理科大学、帯広畜産大学、神奈川大学、鎌倉女子大学、関西大学、関東学院大学、関東学園大学、学習院大学、学習院女子大学、北里大学、吉備国際大学、京都外国語大学、京都女子大学、共立女子大学、近畿大学、群馬大学、慶應義塾大学、高知大学、國學院大學、国際武道大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、相模女子大学、産業能率大学、静岡大学、静岡英和学院大学、静岡県立大学、静岡産業大学、静岡文化芸術大学、静岡理工科大学、淑徳大学、湘南工科大学、信州大学、実践女子大学、順天堂大学、上智大学、上武大学、女子栄養大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、高崎経済大学、高千穂大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、中央大学、中京大学、中京学院大学、筑波大学、鶴見大学、帝京大学、帝京科学大学(東京)、東海大学、東京家政大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工科大学、東京国際大学、東京女子大学、東京都市大学、東京農業大学、東京福祉大学、東北大学、東北芸術工科大学、東洋大学、同志社大学、同志社女子大学、長野大学、名古屋大学、名古屋商科大学、名古屋文理大学、南山大学、新潟大学、新潟工科大学、日本大学、日本経済大学(福岡)、日本女子大学、日本女子体育大学、日本体育大学、フェリス女学院大学、佛教大学、法政大学、北海道大学、前橋工科大学、武蔵大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、目白大学、八洲学園大学、山形大学、山梨大学、山梨学院大学、横浜商科大学、酪農学園大学、立教大学、立正大学、立命館大学、琉球大学、龍谷大学、流通経済大学(茨城)
<短大・高専・専門学校>
和泉短期大学、大阪芸術大学短期大学部、大妻女子大学短期大学部、共立女子短期大学、近畿大学短期大学部、岐阜市立女子短期大学、駒沢女子短期大学、相模女子大学短期大学部、静岡県立農林大学校、湘北短期大学、上智大学短期大学部、鶴見大学短期大学部、東海大学短期大学部、常葉大学短期大学部、日本大学短期大学部(静岡)、沼津工業高等専門学校

採用実績(人数) 2021年度 16名(男性12名、女性4名)
2020年度 16名(男性10名、女性6名)
2019年度 22名 (男性7名、女性15名)
2018年度 12名(男性5名、女性7名)
2017年度 21名(男性9名、女性12名)
2016年度 19名(男性6名、女性13名)
※上記採用人数は高等学校卒採用、中途採用人数を除く。

採用データ

取材情報

全国最大級の新JAで、地域農業の未来を支えます。
地域に根ざし「夢のある農業と暮らし」を応援する仕事
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp106550/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

富士伊豆農業協同組合(JAふじ伊豆)と業種や本社が同じ企業を探す。
富士伊豆農業協同組合(JAふじ伊豆)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 富士伊豆農業協同組合(JAふじ伊豆)の会社概要