最終更新日:2022/1/19

中林建設(株)

業種

  • 建設
  • 建築設計

基本情報

本社
大阪府

取材情報発見!憧れの先輩・働き方

PHOTO

それぞれの理想と価値観を大切に、悔いのない活動を

こういう仕事がしたいという自分の理想が実現できる、そこが一番の決め手(大岩本)

自分の就職活動を振り返って一番のポイントとなったのは、大学3年の冬、友人の誘いで参加したあるイベント。それは、企業の担当者に対して、自分を売り込むプレゼンを行うという逆求人スタイルのもので、自分を見つめ直し、自己分析を深堀する良いきっかけになりました。そこで練り上げたプレゼンの内容は、その後、エントリーシートを作成する際にも生かせましたし、企業の担当者の前でプレゼンをするという経験は、後の面接にも非常に役に立ちました。 もともと大阪の出身で、地元で働きたいという希望もあったので、面接を受けたのは大阪に基盤を持つ建設会社4社。その中から中林建設を選んだのは、こんな仕事がしたいという理想の形が叶う... 続きを読む

特集記事女子学生ナビ

PHOTO
女性エンジニア・研究開発者のシゴトスタイル

様々な現場で自分らしく活躍しながら成長できます!

初めての建築現場で1年半、自分一人で仕事を成し遂げられたときに成長を実感!

街は人の手でつくられている――。学生の頃、登下校の途中で目にした戸建住宅の工事現場で働く職人さんが格好良くて、毎日見に行きました。このときから私は建設業界に興味を持つように。有名建築家の建物を巡る中で、やはり職人さんの力になり、カタチに残るものに携わりたいと思い、施工管理職を志望。施工管理職を志望するまで随分と悩んだため、本格的に就職活動を開始するのが遅くなったのですが、中林建設は面接を設定してくれました。さらに、「入社後のギャップをなくしてほしいから」と現場見学もさせてもらいました。そんな親身な対応に好感を持ち、入社を決意したのです。 最初の現場は13階建てのホテルでした。私はとにかく仕事を楽... 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「理系の選択」

PHOTO
土木・建築系

この人がいれば何があっても乗り越えていける! 将来を決めた運命の出会い

この人と働きたい!そう思える先輩に出会った座談会

高校生の頃から、いつか自分の子どもに自慢できるような仕事がしたいと思っていました。それには、自分の仕事が建物というカタチになってずっと残る建築を学ぶのが良いのではと考え、大学は建築学部に進学。4年次のゼミでは、木造住宅の土台とコンクリート基礎を堅結するアンカーボルトに関連する実験・研究を行っていました。 建築学部からの就職は、ゼネコンや設計事務所、ハウスメーカーなど、さまざまな選択肢がありますが、私は、施工管理の責任者として建物をつくる(建てる)プロセスに関わりたいという思いが強く、ゼネコンに絞って活動。その中で、中林建設のことを知りました。 当社への入社を決めた一番の理由は、座談会。そこ... 続きを読む


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

  1. トップ
  2. 中林建設(株)の取材・特集