最終更新日:2021/7/19

海洋電子工業(株)

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • コンピュータ・通信機器
  • その他電子・電気関連
  • 機械設計

基本情報

本社
神奈川県
資本金
6,132万円
売上高
59億円(2021年3月期)
従業員
390名(2021年4月)

国防(防衛分野)における情報通信テクノロジーに特化したエンジニア集団

会社紹介記事

PHOTO
海上自衛隊の艦船に搭載されている通信機器の開発・設計・製造・メンテナンスを行う。高度な技術力で、国を護る通信ネットワークを支えている。(写真は海上自衛隊HP引用)
PHOTO
誰もが扱えるわけではない一品物の通信機器。そのため、取り扱う機器は多種多様。さらなる技術の進歩はもちろん、幅広く対応するための柔軟な発想と知識も必要とされる。

専門性の高いエンジニアとして、大きく成長できる環境が魅力!

PHOTO

「どんな機械でも担当できるのが、理想の整備です。経験を通し現場力を培い、一流のエンジニアを目指して成長していきたい」と今後の抱負を語るエンジニア。

1951年に創立された私たち海洋電子工業は、防衛分野における通信電子機器の開発・メンテナンスで、長い歴史と伝統を持っている企業です。特に、防衛省の各種艦艇や陸上施設などに搭載されている機器の通信技術では、高度な専門性を持っており、お客様からの高い信頼を獲得しています。

私が所属している整備部は、そうした機器の定期的な保守整備、不具合対応などが主な業務となります。
私自身、学生時代は水中ロボットの性能向上について研究し、水中でものを動かす難しさと面白さに魅力を感じて、水中機器をはじめ多種多様な機器を取り扱う当社に出会い、顧客が防衛省ということのやりがいと、説明会等で感じた社内の雰囲気の良さに惹かれ入社を決めました。

入社後は新入社員研修を含め、3カ月間は社内で基礎的な知識を学び、その後、先輩について現場をまわります。実際の現場では、どういう人たちがどのような思いで機材を使っているのか、直接肌で感じることができます。そして、一口に整備と言っても単純作業ではなく、機構・電気・ネットワーク・ソフトウェアなど求められる技術の幅はとても広く、艦内・水中・陸上など機材が設置されている環境に対応した作業を求められ、何より機材に異常が発生してしまうと国防に影響を与えてしまうという、非常に大きな責任とやりがいがあり、日々大きな刺激を受けることが出来ます。

現在は米国留学が糧となり、海外製品の整備業務にも関わることができ、入社当時より格段に仕事の幅が広がりました。これから新しい仕事も増えてくると思うので、積極的にそれらに挑戦していきたいと思っています。

また、入社前に会社見学等で感じた「楽しそうに仕事をしているな」という第一印象は今も変わることはなく、面倒見がいい先輩が多いので、「こうすればいいんじゃないか」「もっとこうした方が良くなるはずだ」と意見を出し合うこともしばしば。基本的にみんな機械が好きで、探求心が旺盛なんです。だからこそ話をしていても楽しいですし、勉強になります。そして、私が最近注目しているのは自動操縦装置です。機械・電気電子・ネットワーク等幅広い知識と技術を必要とし、実際に海上で艦を動かしながら試験を行うのも魅力です。

様々な機器を触ることに興味がある方にはとても面白い会社だと思いますので、ぜひチャレンジしてみて欲しいですね。

(整備部 整備4課/2016年入社)

会社データ

事業内容
【1】整備
航法機器:レーダー、ソーナー、衛星航法装置他
通信機器:衛星通信装置、テレタイプ、通信管制装置他
情報機器:情報表示システム、電波装置他
艦船電気:自動操艦装置、統合音声通信装置他
磁気関連機材:磁気探知装置他
【2】設計・製造・開発
艦船搭載品:通信監視制御装置、架装置他
航空機搭載品:サーボ増幅器他
【3】艦船の振動計測・音響分析
【4】建造艦船に搭載する電子機器の艤装

PHOTO

【整備事業】【設計・製造・開発】【艦船の振動計測・音響分析】【建造艦船に搭載する電子機器の艤装】の各事業を通じて日本の防衛分野をサポートさせて頂いております。

本社郵便番号 236-0002
本社所在地 横浜市金沢区鳥浜町12-51
本社電話番号 045-771-1241
創業 70年
設立 1951年6月15日
資本金 6,132万円
従業員 390名(2021年4月)
売上高 59億円(2021年3月期)
代表者 代表取締役 榎本 英雄
事業所 本 社/横浜市金沢区
事業所/広島事業所(広島県呉市)、佐世保事業所(長崎県佐世保市)
出張所/大湊出張所(青森県むつ市)、舞鶴出張所(京都府舞鶴市)、入間出張所(埼玉県入間市)、沖縄出張所(沖縄県那覇市)、東京事務所
主な取引先 防衛省、三菱重工業、ジャパンマリンユナイテッド、三井E&Sホールディングス、川崎重工業、日本電気、三菱電機、富士通、島津製作所、NTTデータ、日立製作所、日立国際電気、応用地質、日本無線、東京計器、光電製作所、函館どつく 他
平均年齢 39歳
平均勤続年数 16年
取引銀行 みずほ銀行、横浜銀行、商工中金、日本政策金融公庫
第三者機関認証 ISO 9001:2015:本社、広島事業所、佐世保事業所、大湊出張所、舞鶴出張所
ISO 27001:2013:本社、広島事業所、佐世保事業所
ISO 14001:2015:本社
優良申告法人、神奈川県認定モデル企業、横浜健康経営認証
沿革
  • 1951年 6月
    • 東京都世田谷区に金石舎通信工業(株)を創立
      海上保安庁並びに米軍無線機の整備改造を主業務として開業
  • 1959年 7月
    • 社名を海洋電子工業(株)に改名
  • 1974年 6月
    • 横浜南税務署優良申告法人となる(現在に至る)
  • 1975年 5月
    • 新本社工場を現在地に新築移転
  • 1979年 4月
    • 佐世保駐在所を開設
  • 1986年 4月
    • 京都舞鶴市に舞鶴出張所を開設
  • 1988年 10月
    • 青森県むつ市に大湊出張所を開設
  • 1989年 5月
    • 佐世保出張所を移転、拡充し佐世保事業所に改名
      広島工場を広島事業所に改名
  • 1995年 9月
    • 埼玉県入間市に入間出張所を開設
  • 1998年 4月
    • 神奈川中小企業モデル工場となる
  • 1999年12月
    • ISO9001の適合認定取得
  • 2007年 1月
    • ISO14001の適合認定取得
  • 2009年 3月
    • ISO27001の適合認定取得
  • 2018年 12月
    • 横浜健康経営認証
  • 2020年 4月
    • 沖縄県那覇市に沖縄出張所を開設

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 25.5時間
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

海洋電子工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ