最終更新日:2022/9/18

社会福祉法人わたぼうしの会

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス
  • 芸術関連
  • 給食・デリカ・フードビジネス
  • 芸能・映画・音楽
  • 教育

基本情報

本社
奈良県
資本金
社会福祉法人のため計上なし
売上高
社会福祉法人のため計上なし
従業員
常勤スタッフ57人と非常勤スタッフ91名(2021年4月現在)

ちがいを認め合う文化をつくり、ひとり一人が自分の可能性を発揮して、よりよい生き方ができる社会の実現を目指します【奈良市・香芝市/豊富な研修制度/年間休日120日】

  • 受付締切間近

【対面/WEB】福祉の現場をより魅力的なものにしたいと考える積極的な方を募集しています! (2022/02/14更新)

PHOTO

みなさん、こんにちは!
わたぼうしの会でともに働きませんか?

障害のある人の活動や生活を支援することを通して、社会のこと、自分のことを考え、社会のあり方を変える活動に取り組みましょう。一日一日の暮らしや、障害のある人たちの表現活動に触れたとき、自分自身の価値観や生き方を考えるきっかけがたくさんあります。

わたぼうしの会では、日々の出来事を楽しみ、福祉の現場をより魅力的なものにしていきたいと考える積極的な方を募集しています。
福祉の現場のことや、障害のある人のことを知らないと思われる方もおられるとは思いますが、大丈夫です!福祉のことや障害のことを何も知らない人も、自分の得意なことをいかして仕事に取り組むことができます。

まずは、わたぼうしの会に来て、わたぼうしの会を感じてください!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
職員の個性を尊重し、それぞれの成長に合った働き方を目指しています。いろんな個性はあるものの「障害のあるメンバーの生活を豊かなものに」という想いは1つです。
PHOTO
メンバーの個性を活かしたたアート活動にも精力的に取り組んでいます。企業や大学、アーティストやデザイナーと協働し様々なプロジェクトを展開しています。

【「今度はこんなことをしてみよう!」ーたくさんの意見を出し合い挑戦できる場所】

PHOTO

大学で学んだことを活かし、それぞれの部署で障害のあるメンバーの活動や生活を支えています。(上から:杉田さん、森本さん、濱田さん)

【芸術や文化活動を支える仕事がしたい】
□杉田夏希(2021年入社/神戸大学 国際人間科学部 グローバル文化学部 卒)
□Good Job!センター香芝 所属
大学で演劇をしたりコンサート運営をしたりする中で、芸術や文化活動を支える仕事がしたいと思い、わたぼうしの会に興味を持ちました。今は全国の福祉施設などの商品を扱うショップで、メンバーさんと一緒に商品の仕入れや販売、オンラインストアの運営などを行っています。メンバーさんそれぞれに得意なことがあり、それを「仕事」としていくあり方が素敵だと思っています。


【日々の生活のなかで人を支える仕事】
□森本康平(2017年入社/ 京都大学 教育学部 教育心理学系 卒)
□たんぽぽ生活支援センター、福祉ホーム 有縁のすみか 所属
大学でカウンセリングなどを学びましたが、日々の生活のなかで人を支える仕事に興味を持ち、以前Good Job!センター竣工式前のボランティアで、職員と利用者さんのフラットな関わりに魅力を感じたたんぽぽの家に就職しました。支援センターでは子どもたちそれぞれの関心や、周囲の環境の捉え方に日々驚きながら関わっています。奈良の自然豊かな場所や寺社などに利用者さんと行けるのも、この仕事の楽しみのひとつです。


【子どもたちの成長がモチベーション】
□濱田仁人(2012年入社/京都YMCA国際福祉専門学校 介護福祉学科 卒)
□たんぽぽ生活支援センター 所属
たんぽぽ生活支援センターで、障害のある子どもたちへの余暇プログラムを行うアルバイトをしたことがキッカケで働きはじめました。今では様々なプログラムを担当し、子どもたちの成長がモチベーションになっています。「今度はこんなことをしてみよう」「あんなこともできるのではないか?」とスタッフでたくさんの意見を出し合い、新しいことに挑戦できるのもわたぼうしの会の良さだと思います。

会社データ

プロフィール

わたぼうしの会は「奈良たんぽぽの会」というボランティア団体が母体となって生まれた組織です。1973年、障害のある子どもたちが養護学校を卒業した後も、生きがいをもって生活できる地域に開かれた場所をつくることを目的に、メンバーの家族と市民ボランティアによって発足しました。施設を建てるための資金集めを目的にしたイベントの開催、当事者の声を地域や社会に届ける取り組みなどを行い1980年には初の施設となる「たんぽぽの家」がオープン。資金集めの中核をになった、障害のある人の詩にメロディーをのせて歌う「わたぼうし音楽祭」は全国各地で開催され、施設づくりの大きな後押しになりました。わたぼうし音楽祭は現在も続いており、毎年夏に奈良県で開催しています。

その後、1987年には社会福祉法人わたぼうしの会を設立し、生活支援センターや福祉ホームも誕生。2004年にはアートによる人々との交流の拠点「たんぽぽの家アートセンターHANA」、2016年には2つめの福祉ホーム「有縁のすみか」と、障害のある人の新たな仕事の拠点「Good Job!センター香芝」がオープンしました。

わたぼうしの会は、障害のある人の生きる場をつくること、互いのちがいを認め合う文化をつくることを目指しています。生活の基盤をつくるヘルパー事業や子どもの成長を育むデイサービス、障害のある人の個性を活かしたアート活動に、他業種との協働による福祉の枠組みを超えた新しい取り組み。私たちはこれらの活動を通して、全ての人がよりよい生き方ができる社会をつくります。


※わたぼうしの会とともに活動を行う「一般財団法人たんぽぽの家」について
奈良たんぽぽの会の他にも、わたぼうしの会とともに国内外でさまざまな活動を行う一般財団法人たんぽぽの家という組織があります。アートと社会の新しい関係をつくる「エイブル・アート・プロジェクト」、他者への気づかいや支えあいを大切にする社会を目指す「ケアする人のケア・プロジェクト」、障害のある人の生き方を通して新しい仕事のあり方を考える「Good Job!プロジェクト」などを行っています(一般財団法人の取り組みに興味のある方は、説明会のときにお尋ね下さい)。

事業内容
《たんぽぽの家アートセンターHANA》
障害のある人がアート活動を仕事として働いています。日常生活のケアとアート活動のサポート、展覧会や商品の企画などを行います。
□国内外の展覧会に年間30件以上出展
□演劇やパフォーマンスなどの舞台表現も行う

《Good Job!センター香芝》
デジタルファブリケーションを用いて障害のある人がものづくりをしたり、他の施設から仕入れたアートグッズを全国で販売する流通業務を行なっています。
□全国の施設から集めたたくさんのアートグッズを販売
□中川政七商店、無印良品、全国の百貨店などで、メンバーがつくった張り子の商品を販売

《たんぽぽ生活支援センター》
障害のある人とその家族が、地域のなかでいきいきと生きることを支援するために様々なサービスを行っています。
□放課後等デイサービスでは音楽やダンス、個別課題を取り入れたプログラムを開催
□ヘルパー事業では食事や入浴の介助、外出の支援も実施

《たんぽぽ相談支援センター》
一人ひとりの夢や願いに耳を傾けることを大切に、障害のある人とその家族が地域のなかで豊かな生活を送れるような支援を行います。
□通常の相談サービスにくわえ、月に2回理学療法士の相談窓口も設置
□奈良市地域自立支援協議会の運営を他団体と協働して行う

《福祉ホーム コットンハウス》
コンセプトは自分の人生を自分でデザインすること。15名のメンバーが個々の生活スタイルに合わせて作った部屋で自立した生活をおくっています。
□医師、理学療法士、栄養士など様々な専門職と連携をとりながら行う充実したケア
□地区の自治会にも生活者と参加するなど地域とのつながりを大切にしている

《福祉ホーム 有縁のすみか》
12名のメンバーが暮らす「縁」を育むことをコンセプトにした福祉ホーム。障害のある人が安心して暮らせる家であり、地域の人々との出会いと交流の場所でもあります。
□福祉ホームには地域の人たちが利用できるカフェが併設
□ショートステイルームがあり自立に向けた生活体験などでの宿泊も可能

《たんぽぽ楽食サービス》
大量調理がおちいりがちな効率性、採算性を優先させず環境にもからだにも優しい「食事作り」をめざしています。
□障害のあるメンバーの食事、地域で暮らす高齢者の配食サービスを行う
□週に1度地域の子どもたちに向けた子ども食堂を開催

PHOTO

Good Job!センター香芝で障害のあるメンバーが作っている張り子の商品。年間1000体以上生産し、無印良品や中川政七商店など、全国で販売しています。(写真:このり寅)

本社郵便番号 630-8044
本社所在地 奈良県奈良市六条西3丁目25-4
本社電話番号 0742-43-7055
社会福祉法人設立 1987年7月24日
資本金 社会福祉法人のため計上なし
従業員 常勤スタッフ57人と非常勤スタッフ91名(2021年4月現在)
売上高 社会福祉法人のため計上なし
事業所 《所在地:奈良市六条西3丁目25-4》
□たんぽぽの家アートセンターHANA
(生活介護事業|定員:30名、就労継続支援B型事業|定員:10名)
□たんぽぽ生活支援センター
(居宅介護事業、重度訪問介護事業、行動援護事業、放課後等デイサービス事業、日中一時支援事業、移動支援事業、私的サービス、短期入所事業)
□たんぽぽ相談支援センター
(相談支援サービス事業、奈良市相談支援事業、総合相談事業、理学療法士相談、障害児相談支援事業、計画相談支援)
□福祉ホーム コットンハウス
□たんぽぽ楽食サービス

《所在地:奈良市六条西3丁目25-15》
□福祉ホーム 有縁のすみか

《所在地:香芝市下田西2丁目8-1》
□Good Job!センター香芝
(生活介護事業|定員:8名、就労継続支援A型|定員:10名、就労継続支援B型事業|定員:22名)
平均年齢 39歳
平均給与 月収:260,000円
賞歴 ◯2021年
わたぼうしの会が「令和3年度『障害者の生涯学習支援活動』に係る文部科学大臣表彰」を受賞
◯2017年
Good Job!センター香芝が、「奈良県景観デザイン賞」の知事賞・建築賞を受賞
◯2016年
Good Job!プロジェクトが「グッドデザイン賞」の金賞を受賞
◯2015年
Good Job!プロジェクトが「KONICA MINOLTAソーシャルデザインアワード2015」の特別賞を受賞
◯2010年
財団法人たんぽぽの家理事長、社会福祉法人わたぼうしの会理事長の播磨靖夫が、エイブル・アート・ムーブメントの日本における重層的な広がり、わたぼうしムーブメントのアジアにおける広がりを評価され、「平成21年度 芸術選奨 文部科学大臣賞(芸術振興部門)」を受賞
◯2009
財団法人たんぽぽの家が「第3回塙保己一賞」を受賞
◯2005年
財団法人たんぽぽの家が実施してきた「ろうきんグッドマネープロジェクト エイブル・アート近畿〈ひと・アート・まち〉」により、近畿労働金庫が2005 年度「メセナアワード2005」の文化庁長官賞を受賞
◯2004年
財団法人たんぽぽの家理事長、社会福祉法人わたぼうしの会理事長の播磨靖夫が上海市障害者連合会との25 年にわたる文化交流の功績により、上海市政府より「白玉蘭記念賞」受賞
◯1997年
奈良たんぽぽの会が「自治大臣賞」受賞
◯1994年
奈良たんぽぽの会が「第28 回吉川英治文化賞」受賞
財団法人たんぽぽの家が国際交流基金「地域交流振興賞」受賞 
◯1985年
わたぼうし音楽祭で歌う、「歌うボランティアわたぼうし」が「毎日社会福祉顕彰特別賞・国際青年年賞」受賞
◯1980年
奈良たんぽぽの会が「第10 回毎日社会福祉顕彰」受賞
沿革
  • 1973年 4月29日
    • 奈良たんぽぽの会 結成
  • 1976年 8月 2日
    • 財団法人たんぽぽの家 設立
  • 1980年 5月25日
    • たんぽぽの家 オープン
  • 1987年 7月24日
    • 社会福祉法人わたぼうしの会 設立
  • 1988年 8月 1日
    • 社会就労センターたんぽぽの家(身体障害者通所授産施設) スタート
  • 1998年 4月 1日
    • 福祉ホームコットンハウス オープン
      たんぽぽ楽食サービス スタート
  • 1999年 4月 1日
    • たんぽぽ生活支援センター スタート
  • 2004年 5月15日
    • たんぽぽの家がたんぽぽの家アートセンターHANAにリニューアルオープン
  • 2012年4月1日
    • たんぽぽ相談支援センター スタート
  • 2016年4月1日
    • 福祉ホーム有縁のすみか オープン
  • 2016年9月1日
    • Good Job!センター香芝 オープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10年
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.7日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 1名 4名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 41.7%
      (12名中5名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修
メンター制度
他施設・他業種との交流
海外研修
救命救急講座
交通安全講座
権利擁護研修
自己啓発支援制度 制度あり
【興味関心を自由に深めることができる、学びの機会を積極的につくっています】
◯全国各地で開催されているセミナーや勉強会に参加することができます
スタッフのスキルアップを目的に、全区各地で開催されているセミナー等に参加することができます。興味関心がある内容を法人の方から勧めたりすることもあれば、自身で探して参加する人もいます。宿泊を伴うプログラムへの参加も行っています。

◯他業種との交流を積極的に行っています
他の福祉施設や分野の違う、企業や団体、アーティストやデザイナーなど、様々な分野の方との積極的な交流を行っています。

◯海外の先駆的な取り組みを現地で学ぶことができます
日本だけに限らず、海外へも研修活動も行い、先駆的な取り組みを学ぶことができます。

◯これらの学びの機会をいかして、企画やプログラムを立ち上げることができます
新人、ベテラン問わず、自身の興味関心をいかした新しい企画へのチャレンジができます。
メンター制度 制度あり
入社1年目のスタッフにはメンター制度を設置しています。所属する上司とは別に、年齢や社歴の近い先輩社員が月に1回の面談を通じて新入社員のサポートを行います。

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
成安造形大学、佛教大学、京都精華大学、京都大学、奈良教育大学、奈良大学、奈良女子大学、大阪教育大学、山口県立大学、早稲田大学、神戸大学、宮城教育大学、大阪芸術大学、畿央大学、近畿大学、龍谷大学、関西福祉科学大学、関西外国語大学
<短大・高専・専門学校>
京都YMCA国際福祉専門学校、関西女子短期大学

その他、様々な大学・学校を卒業した人たちが働いています。

採用実績(人数)        2019年 2020年 2021年
大卒      1名   1名   4名
短大卒   
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 3 4
    2020年 0 1 1
    2019年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 4
    2020年 1
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp200228/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

社会福祉法人わたぼうしの会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人わたぼうしの会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人わたぼうしの会の会社概要