最終更新日:2022/7/12

CJ FOODS JAPAN(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
東京都
資本金
6億4,000万円
売上高
286億円 (2021年12月実績)
従業員
CJ FOODS JAPAN(株)145名(2022年6月) CJ グループ連結:6万5,000 名(2021年8月)

2023年新卒採用のエントリーは終了しました。皆さまからの沢山のエントリーありがとうございました。

2023年新卒採用のエントリーは終了しました。 皆さまからの沢山のエントリーありがとうございました。 (2022/07/12更新)

PHOTO

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
当社CJビルです。JR新橋駅、地下鉄内幸町駅よりアクセスの良い立地です。
PHOTO
調味料、簡便食などの輸入商品及び日本生産商品の販売を通じ総合食品企業として日本市場での展開を拡大しています。

2023年新卒採用のエントリーは終了しました。

2023年新卒採用のエントリーは終了しました。
皆さまからの沢山のエントリーありがとうございました。

当社CJ FOODS JAPANは日本の食卓に”美味しい幸せ”を届ける食品企業です。

総合食品企業として、常温・チルド・冷凍の3温度帯の加工食品から、砂糖、小麦粉、調味料などの基礎食品まで多様な商品を取り扱っております。

果実のお酢「美酢」、餃子などグローバル韓国料理を展開する「bibigo」、調味料の「ダシダ」が当社のメインブランドです。

◆ 採用テーマ「自分色を足せ!」

CJ FOODS JAPANを表す言葉
「売上前年比130%の成長」
「平均年齢35.1歳という若いパワー」
「時差勤務・テレワーク制度などの整った制度」
しかし、これらは当社の本質ではありません。

私達が大切にしていることは、
多様な価値観や背景を持った人がそれぞれ「自分色」を発揮するということです。

ー決められた正解がない商品のプロモーションを、
お客様の声やデータを自分の視点で捉えて推進する社員

ー”お客様の声が新商品のヒントになる”からこそ、
お客様の声を聞く力に自信を持ち、些細な一言も残らず拾い上げる社員

自分色を足した結果は、それをさらに発揮しやすい環境づくりや会社の成長に繋がっています。

「美味しい幸せを届ける」ことを目指して歩み続けたあなたの色は、きっと深みを増した「自分色」になる。
その深みは数字以上に、会社の魅力になるはずだから。

私たちは、自分色を足すことができる、
あなたを待っています。

※大変申し訳ございませんが、既に弊社選考結果をご案内済の方はエントリーをご遠慮ください。

会社データ

プロフィール

【CJグループ 4つのコアビジネス】

CJグループには4つのコアビジネスがあります。
1)食品&食品サービス
2)生命工学
3)新流通
4)エンターテイメント&メディア

これらの4つのビジネスを柱として「健康、楽しみ、便利さを創造するグローバル生活文化企業」を目指し、お客様、株主の皆様により豊かな生活をご提供すべく日々努力を続けています。

【CJの歴史】

CJ(Cheil Jedang=第一製糖)は、韓国で初めて砂糖生産に成功したところから
スタートしました。それ以来、小麦粉、食用油、調味料などの生活に最も近い食卓の歴史を新しくつくりかえてきました。より健康で便利な食べ物を通して韓国の食文化を変えてきたCJは、1990年代には物流や映画産業などの文化事業に参入し、人々のライフスタイルに寄り添う生活文化企業として成長を遂げました。
21世紀を迎えた今、CJが生み出す文化コンテンツが韓流ブームをリードし、世界に広がっています。物流や流通サービスを先進化し、グローバル流通会社として本格的に飛躍を遂げており、技術力と価格競争力を備えた生命工学部門もグローバル市場をリードしています。

【CJが大事にしていること】

~ONLYONEの価値~
どの商品もサービスも「最初・最高・差別化」されたONLYONEの品質を目指しております。

~人材~
CJグループは創業当時より経営哲学の核心価値の一つとして「人材」を重要視しております。CJ FOODS JAPANでも「組織文化活動」および「ワークスタイル改善」を通して独自の働き方改革を推進しています。


★2018年 東京都時差Biz推進賞 ワークスタイル部門受賞

事業内容
【食品事業】
加工食品:調味料、簡便食などの輸入商品と、日本国内生産商品を販売。
食品素材:自社工場で生産した砂糖、小麦粉、粉乳を主原料とする
プレミックス(調製品)を日本に輸入販売。

【メインブランド】
◆美しい毎日に果実のお酢
美酢は 100%果実発酵のお酢から作った果実のおいしさを楽しむ飲むお酢です。
果汁をそのまま発酵させるため、豊富な天然果実のマイルドな味が感じられ、
フルーティーでまろやかなお酢をお楽しみいただけます。
炭酸水・ビール・牛乳など、お好みに合わせてもお召し上がりいただけます。

◆SHARE KOREAN FLAVOR!
CJ 第一製糖で長年積み重ねられたノウハウをもとに生まれた
「bibigo(ビビゴ)」は伝統的な韓国料理に現代人が追及する価値をプラス。
現在、約 50 カ国で 7 カテゴリー約100 種類の商品を販売しています。
新しいライフスタイルを生み出すグローバル韓国料理ブランドとして、
世界中に韓国料理の価値を広めています。

◆韓国 No.1 だし調味料ブランド「ダシダ」
1975 年に発売して以来、
シェア N0.1 を守ってきた 韓国代表調味料ブランド「ダシダ」。
韓国の食卓に欠かせないおいしさの秘密であり、
「おふくろの味」として広く知れ渡っている国民的調味料です。

◆キムチ
高品質な原材料と徹底した品質管理の下でしっかり漬けられた
CJ のキムチは生きている特許乳酸菌 CJLM119 が添加されており、
キムチの発酵をコントロールするため、
程よく自然な酸味を保ち、素材の旨みを最大限引き出します。

PHOTO

CJ FOODS JAPANのメインブランドです

本社郵便番号 105-0003
本社所在地 東京都港区西新橋2-7-4CJビル9階
本社電話番号 03-6550-9803
創業 1953年11月5日(韓国本社創業)
設立 2019年7月8日
資本金 6億4,000万円
従業員 CJ FOODS JAPAN(株)145名(2022年6月)
CJ グループ連結:6万5,000 名(2021年8月)
売上高 286億円 (2021年12月実績)
事業所 ※入社時配属は東京本社です。

東京本社 〒105-0003 東京都港区西新橋 2-7-4 CJ ビル 8 階、9 階

大阪支店 〒542-0081 大阪市中央区南船場 1-17-9 パールビル 2 階

福岡支店 〒810-0041 福岡市中央区大名 2-12-9 赤坂 SOPHIA ビル 5 階

名古屋支店 〒460-0002 名古屋市中区丸の内 1-10-19 丸の内貴清堂ビル 8 階
株主構成 CJ Foods Asia Holdings Limited 100%
主な取引先 (株)日本アクセス、加藤産業(株)、三菱食品(株)、国分(株)、(株)大木 他
関連会社 CJジャパン(株)
CJ ENM Japan(株)
CJ Logistics Japan(株)
(株) 餃子計画
平均年齢 34.9歳
沿革
  • 沿革
    • 1978年 第一製糖東京事務所開設
      1988年 第一製糖大阪事務所開設
      1993年 東京テクニカルセンター開設
      1996年 第一製糖東京事務所と東京テクニカルセンター統合
      2002年 日本法人シージェイジャパン(株)を設立
      2019年 CJ FOODS JAPAN(株)を設立

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 1名 3名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 1名 3名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 25.0%
      (16名中4名)
    • 2020年度

    役員 :0% 管理職 :25%

社内制度

研修制度 制度あり
1.新入社員入門教育(本社研修、日本法人入門研修)
2.CJ経営哲学教育(CJグループが大切にしている企業理念、企業カルチャー研修)
3.職務教育(外部教育、eラーニング)
4.昇進者教育
5.リーダーシップ教育
6.全社共通教育(Trend Catching社内講義、韓国語スタディグループ、ハラスメント防止教育など)
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得支援制度:社内規定対象の資格に合格した場合、受験費用を負担いたします
メンター制度 制度あり
業務面でのサポートをするOJTの先輩だけでなく、
社会人新生活での悩みも相談できるメンターの先輩がつきます。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
鳥取大学、北海道大学
<大学>
青山学院大学、岡山大学、関西大学、関西学院大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、津田塾大学、東京外国語大学、東京理科大学、徳島大学、同志社大学、法政大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

採用実績(人数) 2016年 2017年 2018年 2019年 
---------------------------------------
 3名   0名   5名   4名  

2020年 2021年 2022年
------------------------------------
 4名   4名   10名

※2017年は2016年より始まった新卒採用入社者の育成のため採用を実施しておりません。
採用実績(学部・学科) 理工学部、医学部医科栄養学科、商学部、経営学部、外国語学部、社会学部、国際文化学部、国際教養学部、商学部、学芸学部、文学部、
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 4
    2020年 4
    2019年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

採用データ

先輩情報

周りの人の長所を学びながら、正解のない仕事に挑む
H.M
2016年入社
立教大学
社会学部 卒業
東日本営業部 営業1課
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp200775/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

CJ FOODS JAPAN(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
CJ FOODS JAPAN(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. CJ FOODS JAPAN(株)の会社概要