最終更新日:2022/12/6

関西設計(株)【日立造船グループ】

  • 正社員

業種

  • 建築設計
  • 建設コンサルタント
  • 機械設計
  • プラント・エンジニアリング
  • 機械

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

計算からカタチへ

村口 貴紀
2019年入社
27歳
大阪市立大学
工学研究科 都市系専攻
建築設計部
設計・構造計算

仕事内容

私は主にメーカー住宅の構造計算を行っています。客先から受けた住宅に対し、安全性が確保されているか確認し、構造図面や計算書などの作成業務を行っております。どの住宅も全く同じ計算を行うということではなく、規模、形などによって検討方法は様々あり、構造計算の奥深さを感じながら日々仕事をしております。入社して1年が経過した現在ではそういった業務も行いつつ、計算の結果部材の配置変更の提案など、客先との対応も少しずつですが行っています。


当社に決めた理由

大学生時代に建築系の構造を専攻しており、インターンシップに参加したのがきっかけです。そこで、弊社は建築・土木・遊戯施設など多種にわたる構造物の構造設計、計算を行っていることを、魅力に感じました。また、インターンシップに参加させて頂いたことで会社の雰囲気を事前に得ることができたということも理由の1つです。


今後の目標

入社してから1年経った今でも分からないことが多く、上司、先輩に助けられることが多々あります。客先に頼られるような技術者になれるようコミュニケーションを磨き、勉強をしていきたいです。


仕事における必須アイテム

関数電卓:検証やチェックなど、とにかく計算を行うことが多いので…


自己分析の方法

自分が今までやってきて興味があったこと、楽しかったことなど、具体的なエピソードを紙に書きだしました。中学生の時は、体育祭の応援パネルを作成したこと。大学生の時は、美術部に所属し競走馬の絵をひたすら描いたこと、建築の構造設計を専攻したこと。振り返ってみると、自分の関わったことが何かしらのカタチになって残っているということに気づくことができました。


トップへ

  1. トップ
  2. 関西設計(株)【日立造船グループ】の先輩情報