最終更新日:2022/1/19

大和製衡(株)

業種

  • 精密機器
  • 機械
  • その他電子・電気関連
  • 機械設計

基本情報

本社
兵庫県
資本金
4億9,700万750円
売上高
単体:201億6,500万円(2020年度実績) 連結:280億5,600万円(2020年度実績)
従業員
534人 (2020年4月時点)

【100年を超える兵庫の老舗企業】設計・開発の研究職 私たちと最高の「はかる」を世界中に届けませんか?

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
めざす製品品質は世界一。さらに、省エネ・省資源に世界一貢献する企業になることを企業理念として掲げています。
PHOTO
海外拠点は世界14ヵ国に広がっており、取引実績のある苦には136ヶ国以上にのぼります。輸出比率は60%となっており、今後は更に海外比率を高めていきます。

世界一の計量機メーカーを目指して

PHOTO

”はかり”がなければ何もつくれない。私たちは、これまでも、これからも”はかり”を通して世の中の単位を守るという公的な責務を全うします。(管理本部長 岡村)

大和製衡は1920年に創業し、今年で102年目を迎える老舗の総合計量機器メーカーです。
当社が手がける計量機器は、家庭用の体重計といった身近なものから、食品・自動車・重工業・製鉄・化学などあらゆる産業界で使用される業務用計量機器まで多種多様。取引先の業種が偏っていないことから景気の影響を受けにくく、常に安定した業績を保てているのは当社の強みのひとつです。

■長い歴史で培った技術力
一番の強みは、「はかり」メーカーとして長年培ってきた高度な技術力です、1946年に日本初のヘルスメーター開発を皮切りに、当社は多彩な「はかり」製品を次々と世の中に生み出してきました。
1953年には現在のデジタル式はかりの重量検出センサーとなった「ストレーンゲージ式ロードセル」を開発し、国内で初めて実用化。以降も、高速道路の料金所に設置してトラックの過積載や横転事故を防ぐ「軸重計」や、航空機・自動車などの機体にかかる空気抵抗を測定する「風洞天秤」、高速・高精度を実現した、全自動の組合わせはかり「データウェイ」等、画期的な商品を開発し産業界の発展に貢献してきました。

■Global Network
拠点は世界14ヶ国に広がっており、取引実績のある国は136ヶ国以上にのぼります。
近年の輸出比率は50%~60%となっており、今後は更に海外比率を高めていく予定です。

■世界一の計量機メーカーを目指して
<Always the best way to weigh(最高の「はかる」をあなたに)>
私たちは、最高の「はかる」を世界中の人々に届け続け、世界をより良くしたいと考えています。
そして100年後である200周年では、世界一省エネ・省資源・CO2削減に貢献する企業であることを目標として掲げています。

最高の「はかる」をつくるためには、最高の「技術力」が必要であり、
最高の「はかる」を届けるためには、最高の「販売力」が必要です。

どちらも「人」が源泉であり、これらの目標を一緒に目指していける仲間を求めています。

会社データ

事業内容
計量システム機器の製造・販売および修理
■食品産業用
 ・データウェイ(コンピュータ式組合せ計量機) 
  オートチェッカ(重量選別機)、自動連続滅菌装置ほか
■小売業および卸売業用
 ・卓上データウェイ、デジタル台はかり、デジタル式上皿自動はかり、
  ラベルプリンタ ほか
■自動車産業および運輸用
 ・タイヤバランサ、トラックスケール、軸重計 ほか
■重工業用 
 ・ベルトコンベヤスケール、給炭計重機、大型台はかり ほか
■粉体および化学産業用
 ・自動定量供給装置、自動定量充填機 ほか
■家庭用およびオフィス用
 ・ヘルスメータ、キッチンスケール ほか

PHOTO

大和製衡のコアとなる事業の現場や働く社員について、今後の会社を背負う2名の先輩社員にインタビューを行いました。※インタビュー記事はプロフィール欄にて記載。

本社郵便番号 673-8688
本社所在地 兵庫県明石市茶園場町5番22号
本社電話番号 078-918-5500
創業 1920年
設立 1945年12月
資本金 4億9,700万750円
従業員 534人 (2020年4月時点)
売上高 単体:201億6,500万円(2020年度実績)
連結:280億5,600万円(2020年度実績)
事業所 ■本社:兵庫県明石市
・東日本支店:東京
・中日本支店:愛知
・千葉営業所:千葉
・九州営業所:福岡
・中近東支店:アラブ首長国連邦
業績 【売上高】
単体:201億6,500万円(2020年度実績)
連結:280億5,600万円(2020年度実績)
【経常利益】
単体:24億1,000万円(2020年度実績)
連結:35億3,500万円(2020年度実績)
関連子会社 【海外】
・YAMATO SCALE CO., LTD.
・YAMATO SCALE GmbH
・YAMATO SCALE FRANCE
・LLC Yamato Scale
・YAMATO SCALE DATAWEIGH [U.K.] LTD.
・YAMATO SCALE BENELUX
・Yamato Scale Italy
・YAMATO CORPORATION
・YAMATO CORPORATION WEST COAST OFFICE
・YAMATO SCALE de Mexico, S. de R.L. de C.V
・KUMYONG YAMATO SCALE CO., LTD.
・SHANGHAI YAMATO SCALE CO., LTD.
・YAMATO SCALE INDIA PRIVATE LIMITED
・YAMATO SCALE (Thailand) CO.,LTD.
・YAMATO SCALE CO., LTD. MIDDLE EAST (BRANCH)
・Yamato South Africa

【国内】
・仙台ヤマトハカリ(株)
・南武ヤマトハカリ(株)
・ヤマトハカリシステム(株)
・ヤマトハカリ計装(株)
・中国ヤマトハカリ(株)
沿革
  • 1920年
    • (株)川西機械製作所として創業
  • 1945年
    • (株)川西機械製作所から衡器部が大和製衡(株)として独立
  • 1953年
    • 初の国産ストレインゲージ・ロードセルおよび電子式クレーンスケールを生産
  • 1969年
    • デジタル電子式はかりの生産を開始
      全自動タイヤバランサを開発
  • 1974年
    • 電子式軸重計を開発
      国内初の連続減菌装置を製造
  • 1980年
    • コンピュータ式組合せ計量データウェイおよびロードセル式オートチェッカを開発
      データセル商業はかりとそのロードセルがドイツ連邦共和国のPTBより型式承認取得
  • 1985年
    • 測色機とマイクロフィーダを開発
      韓国ソウルに合併会社金龍ヤマト製衡(株)を設立
  • 1986年
    • 西ドイツのデュッセルドルフに子会社Yamato Scale GmbHを設立
  • 1990年
    • 中国に合弁会社上海大和衡器有限公司を設立
  • 1992年
    • 中国に合弁会社北京首昌大和電子衡器有限公司(北京大和衡器有限公司)を設立
  • 1993年
    • アメリカに子会社Yamato Corporationを設立
  • 1994年
    • イギリスに子会社Yamato Scale Dataweigh [UK] を設立
      ISO 9002取得
  • 1998年
    • アメリカにYamato Corporation(Dataweigh Division)を設立
      体脂肪計「ポケミニ」「ポケナビ」を発売
  • 2002年
    • ISO 9001(2000年度版)取得
      「ケースパッカー(FCP-550V)」を発売
      高精度型体脂肪計「ボディープランナー」を発売
  • 2004年
    • 「ディジタルロードセル」を発売
      次世代形トラックスケールを発売
  • 2005年
    • データウェイΣF1を発売
      完全防水形デジタル上皿自動はかりを発売
  • 2006年
    • ISO 14001(2004年度版)取得
      ロシアにLLC Yamato Scaleを設立
  • 2008年
    • インドにYamato Scale India Private Limitedを設立
  • 2010年
    • 革新的技術を投入した組合せはかり「データウェイΩTM」を発売。
      作業効率が大幅に改善する「自動排出機構付卓上データウェイTM TSDW-205」を発売。
      オランダにYamato Scale Beneluxを設立。
  • 2012年
    • 世界最高レベルの能力(14秒/サイクル)を発揮する「ダイナミックタイヤバランサ DB-DHS1」を発売。
  • 2013年
    • 豊富な自己診断機能を搭載し、マルチ言語に対応したロードセルデジタル制御器「EDI-2000シリーズ」を発売。
      アメリカにYamato Corporation West Coast Officeを設立。
      アラブ首長国連邦にYamato Scale Co.,Ltd. Middle Eastを開設。
  • 2014年
    • 走行しながらの計測と積荷の安全性がチェックできる「簡易走行型トラックスケール」を発売。
      メキシコにYamato Scale de Mexico, S. de R.L. de C.Vを設立。
  • 2015年
    • タイにYamato Scale (Thailand) Co.,Ltd.を設立。
  • 2016年
    • イタリアにYamato Scale Italyを設立。
  • 2018年
    • 南アフリカにYamato South Africaを設立。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大和製衡(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
大和製衡(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 大和製衡(株)の会社概要