最終更新日:2022/11/21

(株)昭和真空 【東証スタンダード上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 機械
  • 半導体・電子・電気機器
  • コンピュータ・通信機器

基本情報

本社
神奈川県
資本金
21億7,710万5,200円(2021年3月末現在)
売上高
105.4億(連結:2021年3月実績)
従業員
195名(2021年3月末現在)

【JASDAQ上場】「スマート社会のその先へ 真空技術で支える豊かな世界」≪WEB説明会予約受付中≫

  • My Career Box利用中

2023年3月卒の新規応募終了 (2022/07/11更新)

PHOTO

2023年3月卒の方の新規ご応募は終了致しました。


  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
昭和真空は携帯電話、デジタルカメラなどのデジタル家電から医療機器にまで多彩に使用されている最先端テクノロジーを、真空技術の側面から提供するパイオニア企業。
PHOTO
水晶デバイスや電子デバイス、オプトエレクトロニクス分野の部品製造工程において、キーテクノロジーとなるのが真空技術。社会や産業の中で真空技術の役割は大きなものだ。

真空技術を通して、社会と産業に力強く貢献することができる仕事です

PHOTO

「入社後の研修で業務の内容をていねいに学びながら、真空技術者の資格取得サポートもあります。知識がなくとも困ることはありません」(右/豊田さん・左/橋本さん)

当社で研究・開発を重ねている真空技術は社会に幅広く使われています。例えばスマートフォンやデジタル家電。精密機器を製造する上で必要不可欠な根幹部品を製造するための「周波数調整装置」や「光学薄膜用蒸着装置」などを弊社では開発・販売しています。これらの装置には弊社の真空技術が駆使されており、通信・電子機器に使用する部品を加工するためのエッチング加工や成膜の加工といった技術に活用されています。
私が手掛けているのは、新規装置に搭載するプラズマ源の開発業務。この技術では原子単位でのエッチングが可能で、今後さまざまな分野で活躍されることが期待されています。新規開発では、既存のノウハウがないためゼロからの設計と開発が基本です。トライアンドエラーの繰り返しですが、まだ市場に出ていない技術を生み出し、製品化していく仕事に大きなやりがいを感じています。
開発の仕事では頭を抱えることも多いですが、気さくで話しかけやすい上司や先輩に囲まれているので視野を広げることができ、今では論理的な判断力や行動力も身につけることができたと感じています。
(豊田さん 技術開発一課/2016年入社)

私が担当しているのは、水晶振動子や水晶発振器などの水晶デバイスを搭載した「周波数調整装置」の機械設計業務です。お客様の依頼に応じて、既存の装置に新たに必要な機能を設計して搭載します。さらに、設計に関わる仕様書などの資料制作や組み立ての現場対応なども行います。
最初はユニットの一部分の設計からスタートしますが、やがては装置1台の設計も任されます。私は2年目になったとき、重要な水晶振動子のユニット部分の設計を任されました。図面に少しでもミスがあれば、加工会社さんや関係各所にも大きな影響を与えてしまいますのでプレッシャーは大きかったですが、設計通りに装置が完成したときは大きなやりがいを感じました。
設計には3DCADを使用するのですが、これまで3DCADに触れたことがなかったのに、入社後に一からCADの使用方法を学んだことですぐに使いこなせるようになりました。これも新人をしっかりと育てる社風があるからだと感じています。現在はユニット単位での設計が主ですが、今後は装置単位の設計ができるエンジニアを目指したいと考えています。
(橋本さん 機械設計課/2017年入社)

会社データ

プロフィール

キーテクノロジーは『真空技術』

真空技術は携帯電話やデジタルカメラなど、さまざまなハイテク最終商品を生産するうえで必要不可欠です。しかしながら、真空技術で最終商品を直接製造しているわけではありません。例えば、携帯電話には根幹部品として温度補償水晶発振器(TCXO)が組み込みされていますが、その水晶発振器を作る工程で昭和真空の真空技術応用装置が使用されているのです。他にもカメラのレンズ、さまざまな光学フィルタ、液晶表示パネルなどを製造する際にも真空技術応用装置が使用されています。
当社の装置は全て受注生産しており、お客様の要望に沿った装置を開発・設計・製造しております。特に、水晶デバイス製造やマイクロカメラレンズ用製造する為の真空装置では世界で高いシェアとなっています。

当社の装置で作られる部品例
■スマートフォン
■自動車
■デジタルカメラ
■内視鏡
■LED

など…

事業内容
水晶デバイス用、光学薄膜用、電子デバイス用などの総合的な真空関連装置並びに真空機器等。真空蒸着装置、スパッタリング装置、イオンプレーティング装置、ドライエッチング・アッシング装置、真空冶金(溶解、熱処理、燒結、脱ガス)装置、光学薄膜用モニター(多色式、単色式)、IAD冷陰極イオンソース、液晶注入装置、その他

PHOTO

本社郵便番号 252-0244
本社所在地 神奈川県相模原市中央区田名3062-10
本社電話番号 042-764-0321
創業 1953年9月
設立 1958年8月
資本金 21億7,710万5,200円(2021年3月末現在)
従業員 195名(2021年3月末現在)
売上高 105.4億(連結:2021年3月実績)
事業所 本社・相模原工場
〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名3062-10
主な研究開発設備 光学用多層膜真空蒸着装置/エッチング式周波数調整装置/インターバック式スパッタリング装置/カルーセル式スパッタリング装置/プラズマCVD/GCIB微小加工装置/小型ロールtoロールスパッタリング装置/その他スパッタリング装置/電子顕微鏡/触針式表面粗さ計/エリプソメータ/分光光度計 等
主要納入先 京セラ(株)/セイコーエプソン(株)/(株)大真空/日本電波工業(株)/(株)村田製作所/その他電子部品メーカー、大学、各種官庁研究機関など多数。
-
グループ会社 ■ 昭和真空機械(上海)有限公司
■ 昭和真空機械貿易(上海)有限公司
■ (株)エフ・イー・シー
関連会社 ■ Sansei-Showa Co., Ltd. USA
平均年齢 43.8歳
沿革
  • 1953年
    • 前身である小俣真空機器研究所設立。
  • 1958年
    • 昭和眞空機械(株)を設立。本社・工場を川崎市中原区宮内に置く。
  • 1967年
    • 油回転ポンプ「MP-250」神奈川県工業展にて優秀賞受賞。
  • 1971年
    • 本社・工場を相模原市大野台に移転。
  • 1975年
    • 営業部門を独立させ(株)昭和眞空を設立。
  • 1977年
    • 機械加工部門を独立させ、昭和精工(株)を設立。
  • 1978年
    • 効率的な組織運営を図るため、(株)昭和眞空を吸収合併する。社名を昭和眞空機械(株)より、(株)昭和眞空に変更する。
  • 1994年
    • 第11回神奈川工業技術開発大賞奨励賞をミニインライン方式高周波・高精度水晶調整装置「SRC-01」が受賞。
  • 1997年
    • 社名を(株)昭和眞空より、(株)昭和真空へ変更する。
  • 2000年
    • 株式をJASDAQ(店頭)市場へ上場。
  • 2001年
    • 「ISO9001:2000」の認証を全事業所で取得。
  • 2005年
    • 相模原工場内に本社を移転する。
      「ISO14001.2004」の認証を取得。
  • 2010年
    • (株)SPTを吸収合併。
  • 2011年
    • 水晶デバイス用周波数調整装置が「九都県市のきらりと光る産業技術」を受賞。
  • 2012年
    • 大野台第二工場・営業所を売却。営業部門は本社・相模原工場へ移転。  
  • 2014年
    • 水晶振動子用周波数調整装置が「神奈川工業技術開発大賞 ビジネス賞」を受賞。
  • 2015年
    • 北陸サービスセンターを開設。
  • 2018年
    • 東北サービスセンターを開設。
      経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定される。
  • 2020年
    • 経済産業省より「 グローバルニッチトップ企業100選」に選定される。新棟(研究開発棟)が本社敷地内に完成。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.7年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.0時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.8日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(真空の基礎、安全衛生教育、5S、ビジネスマナー、ISO9001・ISO14001教育、情報セキュリティなど)
階層別研修(管理職研修、係長研修など)
真空に関する外部講習会(真空ウォーキング、真空夏季大学など)
安全衛生に関する社内講習会(労災事故事例の教育、救命講習会、交通安全講習会、メンタルヘルス講習会など)
安全衛生に関する外部講習会(クレーン、玉掛技能、フォークリフトなど)
他に、真空技術者試験など受験の為の部内勉強会も実施しています。
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育支援:業務に関連する教育を受講し、優秀な成績で修了すると一部補助有り。
資格取得褒賞金:会社の指定する資格に合格すると褒賞金がもらえる制度有り。
メンター制度 制度あり
新入社員には、それぞれに先輩社員を相談員を任命して、OJTを行います。
社内検定制度 制度あり
真空技術者資格認定試験、セーフティアセッサ資格認定試験など

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
茨城大学、岡山理科大学、金沢大学、工学院大学、桜美林大学、大阪市立大学、東海大学、東京工芸大学、東京女子大学、東京都市大学、東洋大学、群馬大学、北海道大学、静岡大学
<大学>
関東学院大学、工学院大学、桜美林大学、室蘭工業大学、湘南工科大学、職業能力開発総合大学校、神奈川工科大学、神奈川大学、成城大学、専修大学、相模女子大学、拓殖大学、中央大学、帝京大学、帝京平成大学、東海大学、東京工科大学、東京工業大学、東京工芸大学、東京電機大学、東洋英和女学院大学、東洋大学、日本大学、明治学院大学、明治大学、明星大学、和光大学、玉川大学、近畿大学、駒澤大学、青山学院大学、千歳科学技術大学、早稲田大学、法政大学、名古屋工業大学、名古屋大学、東京経済大学
<短大・高専・専門学校>
一関工業高等専門学校、小山工業高等専門学校、大島商船高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校

採用実績(人数) 2020年:4名(大学院:1名、大学:3名)
2021年:5名(大学院:3名、大学:1名、高専:1名)
2022年(予):5名(大学院:1名、大学:3名、高専:1名)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 1 5
    2020年 4 0 4
    2019年 6 0 6
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 5
    2020年 4
    2019年 6
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp202559/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)昭和真空 【東証スタンダード上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)昭和真空 【東証スタンダード上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)昭和真空 【東証スタンダード上場】の会社概要