最終更新日:2022/11/29

社会福祉法人慶光会

  • 正社員
  • 契約社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
岡山県
PHOTO

人との繋がりを身近に感じられる仕事です

田渕 七瀬 (たぶち ななせ)
2017年 入職
23歳
鳥取短期大学
生活学科 情報・経営専攻
生活支援員
生活支援員

現在の仕事について教えてください。

 蒜山慶光園では、障害のある方々が主体性のある充実した生活を送ることができるよう、1日の始まりの起床から、日々の生活リズムを作る日中活動、そして1日の疲れを癒やす就寝に至るまで、様々な場面で利用者さんと関わっています。その1日の生活の中で私たちは、自分でできる部分においてはなるべく自分で行ってもらうことを大切にして、困難さを伴う部分でお手伝いをさせていただいています。日中活動では、何をしたら良いのか、どう過ごせば良いか分からないという利用者さんもおられるため、創作活動や生産活動の機会を提供させていただいています。そうすることで1日のリズムが整い、安定した生活を送っていただけると考えています。日々の活動の中で、利用者さんの小さな変化に気づくことも、私たちの大切な役割です。その小さな変化も他の職員と共有し、変化に合わせた支援を行っていけるよう、日々、試行錯誤しています。


慶光会の魅力は?

 法人全体にチャレンジ精神を感じるところです。何かをやってみたいと思ったとき、担保もなく「やってみよう!」と言ってもらえる環境があることは、若い職員にとっても、安心して自分を発信でき、伸び伸び成長していけると思います。
 また、色々な事業所があって利用者に合わせた支援が行える環境が整っているところも魅力だと思います。支援をするうえで、環境が整っていないと思うようにいかないこともありますが、そういった現場の声をしっかり受け止めてもらえるというのが心強いです。


入職して自分の成長を感じたところは?成長できる環境はありますか?

 最初の頃はなかなか新任気分が抜けず、「頼れる先輩がいる」「見て学ぼう」という意識が強かったですが、後輩ができ、任される仕事も増えたことで以前より自発的に動くようになりました。困った時は同期を含め相談のできる人が多く、誰にでも気軽に相談できるという環境は普段当たり前に思っていても、今の自分を形成するにあたってとても大きな要素だったと思います。
 また、よく周囲を見ていて評価してくれる人もいるので、自然と自分も同じように周囲の良いところを探すようになるので、お互いにとってプラスになる環境だと思います。


当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

 利用者さんの気持ちに寄り添い、言葉や表情を読み取るなかで日々変化していくニーズを把握して実現し、利用者さんの生活がよりよいものとなるよう、力になりたいです。また、利用者さんへ掛ける言葉が意味のある言葉となるよう、自分自身が言行不一致になっていないか見つめ直し続けていきます。
 プライベートでは、遊ぶ時には思い切り楽しみ、それ以外では無駄に過ごしていると感じる時間を減らし、その分何かが身に付くことをして自己管理能力を高めていきます。


学生へのメッセージをお願いします。

 その会社の雰囲気が自分に合っているかどうか、というのは実際に体感してみなければ分かりません。ここで私が紹介した内容はほんの一部分ですので、慶光会に少しでも興味を持っていただいたり共感していただける部分があれば、ぜひ、HP閲覧や気軽に問い合わせていただいて、慶光会についてもっと詳しく知っていただきたいです。入職前に実際に体感できる就職実習もありますので、活用してみてください!


トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人慶光会の先輩情報