最終更新日:2022/5/26

伊豆箱根鉄道(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 鉄道
  • 不動産

基本情報

本社
静岡県
資本金
6億4,000万円
売上高
35億4,800万円(2020年度)
従業員
386名(2020年度末現在)

地域の皆さまに「安全」「安心」「快適」「楽しい」を提供する私たちは西武グループの伊豆箱根鉄道です。

~採用担当者より~ (2022/04/08更新)

PHOTO

この度は、数ある企業の中から弊社をお選び頂きまして
誠にありがとうございました。

総合職・鉄道技術職のご応募を締め切らせていただきました。
沢山のご応募をありがとうございました。

★西武グループ採用サイトはこちら★
 是非ご覧ください。
 https://recruit.seibugroup.jp/

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
地域とともに歩んだ創立百有余年の歴史とともにこれからの100年に向けて伊豆箱根鉄道は挑戦し続けます。
PHOTO
世界遺産、富士山を眺めて走る駿豆線。静岡県三島市の三島駅から静岡県伊豆市の修善寺駅を結ぶ路線です。「いずっぱこ」の愛称で親しまれています。

創立百有余年の歴史とともに、これからも地域と歩み続けます。

当社 駿豆線は1898年(明治31年)に豆相鉄道として開業して以来、2018年に開業120周年を迎えました。
箱根芦ノ湖遊覧船は、1920年に設立された箱根遊船が始まりであり、2020年4月に開業より100年となりました。
神奈川県の大雄山線は1925年(大正14年)に開業、2025年には開業100周年を迎えます。
当社は、鉄道事業のみならず、観光・レジャー・不動産賃貸・保険代理店などを運営しております。幅広い世代と多くのお客様のニーズに合ったサービスをご提供できるよう社員一丸となって取り組んでおります。

会社データ

プロフィール

 伊豆箱根鉄道では、1916年(大正5年)の設立以来、地域の皆さまの「豊かな暮らしづくり」を願い数々の事業に取り組んでまいりました。
 鉄道からスタートした当社でしたが、レジャー施設や遊覧船などを中心とした観光事業、さらに不動産賃貸業や保険代理店事業など、幅広く事業を展開しております。
 「安全で快適な、そして良質なサービス」をみなさまにご提供するために、伊豆箱根鉄道は永年の歴史と実績を礎に、地域に必要とされ、地域とともに歩む企業として「でかける人を、ほほえむ人へ。」のスローガンで明日に向かって努力を続けております。

事業内容
運輸業(鉄道事業、船舶事業)
不動産業(不動産賃貸業)
レジャー・サービス業(鋼索鉄道事業、飲食店・物品販売業、保険代理店事業)
その他の事業(自動車道事業 他)

PHOTO

箱根 芦ノ湖で運航している双胴船からは富士山や箱根神社だけでなく豊かな自然の風景をお楽しみいただけます。

本社郵便番号 411-8533
本社所在地 静岡県三島市大場300番地
本社電話番号 055-977-1203
設立 1916年12月
資本金 6億4,000万円
従業員 386名(2020年度末現在)
売上高 35億4,800万円(2020年度)
事業所 本社: 静岡県三島市大場300番地
グループ関連会社 【西武グループ】
 (株)西武ホールディングス、西武鉄道(株)、(株)プリンスホテル、西武バス(株)、西武レクリエーション(株)、西武ハイヤー(株)、(株)横浜八景島、西武トラベル(株)、西武造園(株)、(株)西武ライオンズ、近江鉄道(株) ほか

【伊豆箱根鉄道グループ】
伊豆箱根企業(株)
伊豆箱根バス(株)
伊豆箱根交通(株)
平均年齢 41歳
沿革
  • 1916年12月
    • 駿豆鉄道(株)設立
  • 1917年11月
    • 富士水電より分離し沼津-六反田(現:三島広小路)間の電気鉄道と三島(現JR下土狩駅)-大仁間の軽便鉄道の営業権を継承(事業開始)
  • 1924年8月
    • 大仁-修善寺間延長工事完成、営業を開始
  • 1928年12月
    • 長岡自動車、古奈自動車両社を合併し伊豆長岡駅より三津および墹ノ上間の乗合自動車の営業を開始
  • 1938年4月
    • 1920年設立の箱根遊船(株)合併。社名を駿豆鉄道箱根遊船(株)と変更。同時に湖上航路、箱根地区の自動車専用道路、乗合自動車営業権を継承
  • 1941年8月
    • 大雄山鉄道を合併し鉄道業(小田原-大雄山間)および大雄山駅-道了尊間の乗合自動車を継承
  • 1943年8月
    • 湯河原自動車(株)を合併
  • 1954年4月
    • 伊豆海運汽船(株)を合併、西伊豆航路を継承
  • 1957年6月
    • 社名を伊豆箱根鉄道(株)に変更
  • 2006年8月
    • ホテル事業と不動産分譲事業の営業を終了
  • 2006年10月
    • 伊豆下田バス(株)を他社に事業譲渡。自動車事業および整備事業を伊豆箱根自動車(株)に譲渡。伊豆箱根自動車(株)が伊豆箱根バス(株)に商号変更
  • 2014年4月
    • 介護事業開業
  • 2016年2月
    • 箱根 駒ヶ岳ロープウェーを(株)プリンスホテルへ譲渡
  • 2017年11月
    • 伊豆箱根鉄道(株)が創立100周年
  • 2018年4月
    • 箱根芦ノ湖に水陸両用NINJABUS運航開始
  • 2018年5月
    • 伊豆箱根鉄道 駿豆線が開業120周年
  • 2018年12月
    • バス事業開業90周年
  • 2019年3月
    • タクシー事業80周年
  • 2019年10月
    • 介護事業を他社へ事業譲渡
  • 2020年3月
    • 伊豆箱根バス(株)がEVバスを運行
  • 2020年4月
    • 箱根芦ノ湖遊覧船開業100周年
  • 2021年4月
    • 水陸両用NINJABUSを(株)プリンスホテルへ譲渡
  • 2022年2月
    • 十国峠鋼索線および十国峠レストハウスを他社へ事業譲渡

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 20.7年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.4時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、新入社員フォローアップ研修、
接客接遇マナー研修、職種別研修や階層別研修を実施しています。
自己啓発支援制度 制度あり
西武グループ共通の通信講座や公開講座への参加ができる環境があります。
通信講座や公開講座は、要件を満たせば会社の補助を一部受けることもできます。
興味のある分野の知識をつけたり、業務スキル向上の機会として自己啓発ができる環境があり、自身のスキルアップもできます。
社内検定制度 制度あり
勤続年数や勤務成績により社内試験あり(筆記、論文)

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
芝浦工業大学
<大学>
青山学院大学、足利大学、亜細亜大学、神奈川大学、関東学院大学、学習院大学、駒澤大学、静岡大学、静岡文化芸術大学、芝浦工業大学、島根県立大学、専修大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京経済大学、東京都市大学、東洋大学、日本大学、日本体育大学、文教大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立命館大学、早稲田大学

採用実績(人数)     2019年 2020年 2021年 
---------------------------------------
大卒   3名   3名   1名 
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 0 1
    2020年 3 0 3
    2019年 1 2 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 3
    2019年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 0

採用データ

先輩情報

地域とともに
Y.F
2014年入社
関東学院大学
経済学部
総合企画部経理課
会計業務全般
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp206584/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

伊豆箱根鉄道(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
伊豆箱根鉄道(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】西武グループ

トップへ

  1. トップ
  2. 伊豆箱根鉄道(株)の会社概要