最終更新日:2022/1/18

(株)秋川牧園

  • 上場企業

業種

  • 農林・水産
  • 食品

基本情報

本社
山口県
資本金
7億1,415万円(JASDAQ上場)
売上高
64億1,000万円(2021年3月実績)
従業員
合計367名 男性140名、女性227名(2021年8月末現在)

食を仕事にすること。それは生きること、そのものだから。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「1羽の鶏、1個の卵から健康で安全なものにしたい」という思いで健康安全な卵づくりからスタートし、今では様々な安心・安全な商品を作るまでに成長しました。
PHOTO
農業や食に熱く燃える若者が集まっています!食と農に真摯に向き合い、これからの食品業界、農業界を担う人材を求めています。

「そだてる、つくる、たべる」のすべてに責任を。

PHOTO

自分がつくったものを自慢に思う。

大切な人に食べてほしいと思う。

食はそのまま命になります。

だから、つくり手が満足できないものを

届けるわけにはいけません。

うそをつかず、ごまかさず、

納得したふりをすることもなく

まっすぐに、はたらいてほしい。

食を仕事にすること。

それは生きること、そのものだから。


採用サイトはこちら↓↓
https://recruit.akikawabokuen.com/

会社データ

事業内容
■生産卸売事業
鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、鶏卵、野菜の生産やそれらを使用した冷凍食品などの加工品を製造・販売しています。生協、量販店、小売店等が主な取引先です。

■直販事業 
生産卸売事業において生産された製品を一般消費者に宅配の形態を中心として直接販売しています。生産から加工、販売、生活提案までを一貫して行える事業は、当社の大きな強みです。

PHOTO

本社郵便番号 753-0303
本社所在地 山口県山口市仁保下郷10317番地
本社電話番号 083-929-0630
ホームページ https://www.akikawabokuen.com/
創業 1972(昭和47)年7月(個人創業)
設立 1979(昭和54)年5月25日
資本金 7億1,415万円(JASDAQ上場)
従業員 合計367名 男性140名、女性227名(2021年8月末現在)
売上高 64億1,000万円(2021年3月実績)
平均年齢 45.2歳(2021年8月末現在)
売上高推移 64億1,000万円(2021年3月実績)
57億9,000万円(2020年3月実績)
56億2,300万円(2019年3月実績)
事業所 大阪センター:〒576-0018 大阪府茨木市太田1-1-25
関連会社 (株)チキン食品・・・・鶏肉の一次処理加工
(有)菊川農場・・・・・若鶏(鶏肉)の生産
(有)篠目三谷・・・・・採卵鶏(鶏卵)の生産
(有)むつみ牧場・・・・原乳の生産
(株)ゆめファーム・・・青果の生産
創業からの理念 【価値創造】
企業の存在する価値は、新しい価値を生むことにあります。
顧客は、その価値に対してお代を払って下さいます。
会社が、利益をいただくことができるとすれば、
それは『お客様がその価値に対して、お礼を下さった時』なのです。

【よい人生に、よい食べ物】
よい人生は、健康があってこそ実現できます。
安全・安心でおいしい食べ物は健康の源となります。
私たちは、農を通じて、健康な食べ物づくりに貢献し、
真に豊かな環境と人生の創出に貢献していきます。
わたしたちの描くビジョン 【FARM 農ある暮らし】
秋川牧園は、創業以来、理想の農業を追求する中で、既存の農業の枠には収まらない、新しいかたちに進化してきました。それは4つの機能を重視した「FARM」というかたち。持続可能で真に豊かな社会への変革、そして「農ある暮らし」の素晴らしさの発信に向けて、これからもFARMとしての進化を続けていきます。
わたしたちのミッション 【私たちは、食と農をホームグランドとして、持続可能で真に豊かな社会への変革に貢献します。】
地球温暖化、多発する自然災害、地球汚染、経済格差の拡大。また、モノの豊かさを実感する一方で健康、いのち、心、コミュニティなど多くの課題を抱える社会。世界の持続可能性をさまたげるさまざまなことへ、秋川牧園は食と農をホームグランドとしてアクションを続けています。

わたしたちの挑戦!! わたしたちの安心で健康な食づくりは、1927年、初代の秋川房太郎が中国大連市郊外に拓いた秋川農園から始まりました。苦労の開墾の末、完成した秋川農園にはリンゴやブドウがたわわに実り、リンゴ園に放し飼いにされた鶏、豊かな四季の野菜、ワイナリーから地ビールまで楽しめるものでした。

秋川房太郎は、いつも家族にこう語りかけたといいます。
「口に入るものは間違ってはいけない。」

人の命の根源である食をつくる農業者の重い責任を表現した言葉です。
それから90年、わたしたちはその信念を今も大切に受け継いでいます。

わたしたちの究極の目標は、お客様のより良い人生にきちんと貢献することです。
「よい人生に、よい食べ物」これは秋川牧園の創業からの変わらぬ精神です。

わたしたちの夢である「地域循環型・農ある豊かな暮らしづくり」を目指す上で、わたしたちはこれまでに大きな5つの挑戦をしてきました。

1.残留農薬への挑戦!

2.若鶏の無投薬飼育への挑戦!

3.飼料原料の安全への挑戦!

4.無農薬での野菜づくりへの挑戦!

5.飼料の自給率アップへの挑戦!
沿革
  • 1932年
    • 中国大連郊外に秋川農園を創設。りんご、ワイン、畜産、有機農園250ha
  • 1972年
    • 現在地で健康な食べ物づくりを目指し個人創業
  • 1976年
    • 山口県有機農業研究会の事務局となる
  • 1979年
    • 法人化し、秋川食品(株)と称する
  • 1989年
    • PHFコーン(ポストハーベスト無農薬)の輸入ルートの開発に成功する
  • 1990年
    • 食鶏パック新工場を竣工する
  • 1993年
    • 冷凍食品工場を竣工する
      社名変更し、(株)秋川牧園と称する
  • 1997年
    • 店頭証券市場に株式公開する
  • 2000年
    • (株)スマイル生活を設立し、宅配を本格スタートする
  • 2001年
    • 全飼料原料について、遺伝子組み換えでないものを分別して使用
  • 2002年
    • 冷凍食品第2工場完成
  • 2004年
    • (株)スマイル生活を吸収合併
  • 2005年
    • (株)チキン食品の株式を取得、連結子会社とする
  • 2010年
    • (有)篠目三谷を連結子会社とする
  • 2018年
    • 冷凍食品第3工場完成

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.5年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 26時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.8日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 2名 5名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 11.4%
      (35名中4名)
    • 2021年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)秋川牧園と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)秋川牧園を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)秋川牧園の会社概要