最終更新日:2022/8/4

山陽建設(株)

  • 正社員

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 住宅

基本情報

本社
広島県
PHOTO

達成感のある仕事

阪本 敦史
2006年入社
福山大学
工学部 建築学科
建築統括部 建築部 工務課
建築現場の施工管理

現在の仕事内容

建築現場で現場管理の仕事をしています。現場の工程管理、品質管理、安全管理とたくさんの仕事内容があります。工程を考え、それに合わせる様に資材の段取り、業者との調整等を行っています。現場をスムーズに進めるために段取りをいかにうまく出来るか。これが私の仕事です。現場では日々勉強です。次から次へと覚えていくことがあり大変な仕事ですが、多くの人と接し一つのものを作り上げていく。そんな仕事です。


今の仕事のやりがい

この仕事はとにかく大変です。現場のすべての人の上に立ち、的確に支持を出し工事を進めていかなくてはなりません。工事の終盤にもなると皆がドタバタと現場内が慌ただしくなります。そのようなものを乗り越え、何もなかった場所へひとつの建物ができます。完成した建物を眺めた時の感動は今でも忘れられません。この仕事の達成感は特別なものがあります。現場監督はきつい仕事ですが、他の業種には無い、とてもやりがいのある仕事です。


会社の雰囲気

入社当時は分からない事ばかりでした。入社してすぐ現場に就きましたが何をすればいいのか、今やってる事が何のためにやっているのか全く分かりませんでした。しかし現場の先輩に分かりやすく指導してもらい勉強しながら仕事を覚えていきました。一緒に行動を共にする中で、業者や職人さんに指示をする姿、ただ指示をするだけではなく、コミュニケーションをとりながら、常に明るく接している姿を見て自分もそのようにしていこうと思いました。現在は自分の現場を任される様になり試行錯誤しながら仕事をしています。分からない事はまだまだありますが、経験豊富な上司や先輩方に教えて頂いています。休憩中、仕事が終わった後など冗談を言い合ったりしています。みんな優しくて面白い人ばかりで、とても頼りになる人たちが支えてくれて自分自身が成長できる会社です。


学生へのメッセージ

今皆さんは就職活動で大変な時だと思います。分からない事があれば一人で悩まず先輩や先生方に相談して、その中で自分が本当にやりたいことは何なのかを見つけてください。この仕事は人とのかかわりがとても多く重要です。お客様をはじめ、現場で仕事をして頂く業者や職人さんとのコミュニケーションは必須です。コミュニケーションをとる上でまず必要なものは挨拶です。これはどの仕事に就いてもとても大切なことだと思います。まずは元気に挨拶するところから始めていってください。


トップへ

  1. トップ
  2. 山陽建設(株)の先輩情報