最終更新日:2021/10/19

旭酒造(株)

業種

  • 食品
  • 農林・水産

基本情報

本社
山口県
資本金
1,000万円
売上高
137億6,600万円(2019年9月期)
従業員
214名(2021年07月末 正社員:123名 パート社員:91名)

【日本酒 獺祭】酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を追求、日本酒2.0へ

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「ああ、美味しい!」というお客様の声を求めた酒造りで高い評価を集め、右肩上がりで成長。一目を置かれる銘酒として人々の脚光を浴び、グローバル市場に進出している。
PHOTO
2015年4月末に完成した自社ビル(山口県岩国市)。建物の9割近くが製造部門で占められているという社屋では、200名以上の社員が酒造りと向き合っている。

徹底した味へのこだわりと変化を恐れない姿勢で、日本酒の魅力を世界中に届けたい!

PHOTO

「お客様の幸福が会社の目的。世界に通じる『獺祭』の魅力を造る人、届ける人、伝える人になってください」と桜井社長は語る。

旭酒造は、清酒『獺祭』の製造販売を行う企業です。様々な種類の酒造りを行う酒蔵が多い中、当社のように純米大吟醸酒に特化する企業は稀。日本酒業界が1960年代から低迷し続ける中、1989年に誕生した『獺祭』は、売上規模だけでも100倍以上に伸びています。お客様の幸福のために私たちが一番に求めるのは味。味を追求した結果、純米大吟醸と酒米 山田錦に辿り着きました。そして、手作業が多い酒造りの仕事を一つひとつ分解し、ロジカルな製造体制を構築しているのも当社の特長です。日々のデータを細かく捉えて管理することでそれぞれの業務を見つめ直し、マイナーチェンジを重ねてきた結果が現在のブランド力につながっているのです。しかし、幻の酒になっては意味がありません。業務改善や設備投資を行い、供給力を高めることで事業拡大を実現しています。

<お客様に「ああ、美味しい」と言って頂く事、それが出来る酒造りに全てをかける>

一般的な会社ですと、営業や企画、広報といった部門が、販売の核と言えるかもしれません。
もちろん営業部も有りますが、その力により商品を売っていくというよりも、私たちの場合、お客様に「ああ、美味しい」と言って頂ける事が全てであり、それを昨日より少しでも美味しくしていく事が全てです。そしてそれを形作っていく製造部門が、獺祭というブランドの鍵となると考えています。

<世界中に通用する酒へ>
私たちが最終目標に掲げるのは、売上の半分を海外マーケットで獲得すること。お酒を売る場所がフランス、ニューヨーク、東京、山口であっても私たちにとって特別な違いはありません。シンプルに美味しいものを求めるお客様がいて、そこにきちんとしたものを供給することを前提とすれば、良いものは良いと受け入れられると考えているのです。ですから、私たちのライバルになるのは、世界中のアルコール。
実際に世界的なシェフのジョエル・ロブション氏と組んで、フレンチと獺祭を本気で合わせるというコンセプトのお店を出店致しました。
私たちのお酒にはそれが出来るポテンシャルが有ると信じていますし、それをより良くするためのチームの一員となってもらいたいと考えています。


<代表取締役 桜井 一宏>

会社データ

事業内容
日本酒「獺祭」の製造販売。
現在、世界30カ国以上に輸出しています。

数ある日本酒の中でも、高級酒にジャンル分けされる純米大吟醸。業界の前提を覆す精米歩合の『獺祭 磨き二割三分』の販売をきっかけに、『獺祭』の名は広く届くようになりました。

その信頼に応えながら、より良い味を追求し、より多くのお客様に『獺祭』を届けたい。質の高い酒づくりを実現するため、私たちはその原動力となる。

ズバリ、製造がすべての起点であり、獺祭の核だからです。

人海戦術の営業力で酒を売るというより、私たちは「ああ、美味しい」と、お客様に思っていただける確かな品質の酒づくりを追求していきます。

PHOTO

麹造り

本社郵便番号 742-0422
本社所在地 山口県岩国市周東町獺越2167-4
本社電話番号 0827-86-0120
設立 1948年
資本金 1,000万円
従業員 214名(2021年07月末 正社員:123名 パート社員:91名)
売上高 137億6,600万円(2019年9月期)
事業所 山口県岩国市周東町獺越2167-4
業績  決算期      売上高      経常利益
----------------------------------------------------------------
2013年9月期  37億 600万円    4億9,200万円
2014年9月期  45億9,900万円   11億9,000万円
2015年9月期  65億3,700万円   21億1,900万円
2016年9月期  108億 300万円   41億6,700万円
2017年9月期  119億6,000万円   41億1,500万円
2018年9月期  138億4,900万円   49億3,500万円
2019年9月期  137億6,600万円   51億7,500万円
平均年齢 37.2歳(全体 男女 正社員パート社員合計)
29.5歳(製造部のみ)
沿革
  • 1948年1月
    • 旭酒造(株)設立(5社が合併)
  • 1957年
    • 代表取締役 桜井博治氏が就任
  • 1984年
    • 代表取締役 桜井博志氏が就任
  • 1990年
    • 獺祭 販売開始
  • 1998年6月
    • オッタ―フェストビール販売開始
  • 1998年10月
    • 山口県内で獺祭を展開開始
  • 1999年3月
    • 年間雇用社員による四季醸造を開始
  • 2000年10月
    • 遠心分離機導入
  • 2003年2月
    • 槽場汲み開始
  • 2005年4月
    • 精米工場 竣工
  • 2010年5月
    • Kosherマーク取得
  • 2015年4月
    • 本社蔵引渡
  • 2016年3月
    • 獺祭Store博多店 開店
  • 2016年7月
    • 商品出荷センター竣工
  • 2016年9月
    • 獺祭Store本蔵リニューアル(隈研吾デザイン)
  • 2016年9月
    • 代表取締役 桜井一宏が就任
  • 2016年11月
    • 獺祭Store銀座店 開店
  • 2017年12月
    • ニューヨークに酒蔵建設を発表
  • 2018年7月
    • 西日本豪雨で被害。
  • 2019年3月
    • DASSAI Bar 上海 開店

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

旭酒造(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
旭酒造(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ