最終更新日:2021/8/4

山田化学工業(株)

業種

  • 化学

基本情報

本社
京都府
資本金
4億8,000万円
売上高
22億1,100万円(2021年3月期)
従業員
101名(2021年4月時点)

目に見える 目に見えない 色素を拓く

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
ものづくりが好きな人ばかり。頭脳の開発チームと職人の現場チームは、お互いに尊重しながら、ともに汗を流して新たな仕事に挑戦し続けています。
PHOTO
開発者自らが窓口となって、プレゼンや打ち合わせを進めていくのが当社のスタイル。成長進度に応じて、企業との打ち合わせや全体の進行管理などをお任せしています。

色素の可能性を追究して世に送り出す、ものづくり集団。

PHOTO

少人数でプロジェクトを動かすので裁量も達成感も大きくなります。研究で壁にぶつかった時には上司からアドバイスがもらえますし、意見が言いやすい雰囲気です。

■社内外とのコミュニケーションによって開発のアイデアを得る
大学院ではフォトクロミック色素(以下、フォトクロ)と呼ばれるジアリールエテンを研究しており、さらに追究できる山田化学工業に入社しました。当時は研究レベルでしか扱われていなかった色素ですが、開発を重ねて量産化に成功。求めてくださる企業も多く、月に数回は出張して打ち合わせをしています。
お客さまは色材を扱う、さまざまな業界です。製品化の事例では調光サングラスもその1つ。紫外線を当てると色がつき、遮断すると透明になる性質が評価され、採用いただきました。現在はさらに細部を改良して、バージョンアップを図っているところです。
この仕事で難しいのは、ラボと製造現場で結果が異なること。スケールの大きい現場に入ると、ラボでは見えなかった課題に気づきます。何度も現場とやり取りしながらようやく作り上げたものが、世に出ていく瞬間は言葉にできないほど達成感でいっぱいになりますね。ものづくりが好きだからこそ続けてこられた16年。フォトクロは可能性豊かな色素ですから、今後さらに幅広く活用いただけるように開発を進めていきます!
(Tさん/2003年入社)

■スケールアップで問題発生!学生時代に得られた知識を生かして解決へ
学生時代は、広島大学工学部を卒業後、奈良先端科学技術大学院大学の物質創生科学領域に進んで色素系の研究を続けていました。「これからも合成を続けたい」というのが就職活動時の第一希望でしたし、色素に特化した山田化学工業なら学んだ知識を生かして仕事ができると考えて入社を決めました。
入社して驚いたのはスケールの違いです。大学なら1gや数10mgで扱っていたものが、ラボなら10kgクラスに。このスケールアップで壁にぶつかったこともありました。フタロシアニン系の色素を扱った時、1g単位なら溶けていたものが、スケールアップによって溶けなくなってしまったのです。
粉に溶媒を入れるか、溶媒に粉を入れるかなど、先輩にアドバイスをいただきながら試行錯誤を重ねました。ようやく課題を解決でき、取引先企業に買っていただけた時は本当にうれしかったですね。私はまだ既存の色素を合成する毎日ですが、将来的には先輩のように企業が求める新たな色素を開発したいです。
(Tさん/2018年入社)

会社データ

事業内容
機能性色素・染料・有機合成中間体の開発、製造、販売

【機能性色素】
 ・特定波長吸収色素
  可視光領域から近赤外領域において、特定波長領域の光を吸収する色素
 ・フォトクロミック色素
  光の外部刺激を受け発色、消色を繰り返す色素
 ・発光材料
  外部エネルギーによって励起したのち、励起状態から基底状態に戻る
  過程で光を放出する材料
 ・ロイコ色素
  pH変化によって発色、消色する色素
  サーモクロミック材料用など
【テキスタイル用染料】
 ・酸性染料
 ・媒染染料
 ・その他(クーラント用、透撮防止用、吸熱用)染料
【有機合成中間体】
 ・ジヒドロキシナフタレン他
【受託製造】
 ・各種有機材料の受託製造

PHOTO

光学フィルタは、機能性色素の用途例のひとつです。

本社郵便番号 601-8105
本社所在地 京都市南区上鳥羽上調子町1-1
本社電話番号 075-691-4111
創業 1944年8月1日
設立 1949年4月1日
資本金 4億8,000万円
従業員 101名(2021年4月時点)
売上高 22億1,100万円(2021年3月期)
平均年齢 44歳
沿革
  • 1944年8月
    • 京都市左京区聖護院において海軍監督工場・山田化学研究所としてイオン交換樹脂を製造する。
  • 1945年8月
    • 終戦により医薬品、工業薬品の製造に転換する。
  • 1947年9月
    • 合成染料の製造を開始する。
  • 1949年4月
    • 法人に改組し社名を(株)山田化学研究所とする。
      東京営業所を開所する。
  • 1950年8月
    • 現在地に移転する。
  • 1951年5月
    • 染料クロームブラックP2Bを上市。ユニフォーム、フォーマルウェア用途として国内繊維業界に定着する。
  • 1969年12月
    • 感圧色素を上市する。
  • 1972年12月
    • 資本金9,000万円に増資する。
  • 1974年11月
    • 現社名 山田化学工業(株)に変更する。
  • 1985年7月
    • 福井山田化学工業(株)を設立する。
  • 1986年8月
    • 資本金2億円に増資する。
  • 1988年12月
    • 資本金4億8,000万円に増資する。
  • 1990年3月
    • 感圧・感熱色素海外生産拠点として、米国にSofix Corporationを設立する。
  • 1995年12月
    • 光記録用途特定波長吸収色素を上市する。
  • 2001年12月
    • 電子デバイス関連用途近赤外光吸収色素を上市する。
  • 2003年7月
    • 電子デバイス関連用途特定波長吸収色素を上市する。
      PDP調色用色素として業界標準となる。
  • 2009年5月
    • 「2009年元気なモノ作り中小企業300社」に選出。
      (経済産業省主催)
      「第61回化学技術賞」を受賞する。
      (近畿化学協会主催)
  • 2011年3月
    • 感圧・感熱色素事業を福井山田化学工業(株)へ譲渡。
      Sofix Corporationを長瀬産業(株)へ譲渡する。
  • 2012年12月
    • 遮熱用途近赤外光吸収色素を上市する。
  • 2015年9月
    • 「イオン交換樹脂の工業生産にかかわる諸資料」が重要化学技術資料(未来技術遺産)に登録される。
      ((独)国立科学博物館主催)
  • 2016年6月
    • KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ1を認証登録する。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 24年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 2名 2名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.0%
      (3名中0名)
    • 2020年度

    <2020年度実績> 役員:0%(3名中女性0名) 管理職:7%(26名中女性2名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

山田化学工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
山田化学工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ