最終更新日:2022/1/11

西田精機(株)

業種

  • 精密機器
  • 医療用機器・医療関連
  • 金属製品
  • 非鉄金属

基本情報

本社
福島県
資本金
5,000万円
売上高
13億円(2020年実績)
従業員
181名(2021年11月現在)

先端医療を支える「φ0.3mm」の微細加工! すぐ見れる業界研究セミナー(録画型)あり!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
昨年増設したばかりの、会津若松工場。福島の重要プロジェクトに位置付けられている医療福祉機器関連産業の一企業として県内に貢献しております。
PHOTO
若手社員が多く、和気あいあいとした職場です。会津若松工場の平均年齢は29歳となっており、様々な部署で若い力が活躍しております!

"百年企業"への挑戦

PHOTO

高い精度の加工を実現するため、協力して業務を進めています。

"百年企業"への挑戦
西田精機は、1977年の創立以来、いつの時代も常に一歩先を見据え、新たな挑戦をすることで、新しい価値の創造に挑み続けてきました。現在では、健康を支える医療機器などに使用される精密微小部品の加工においては顧客満足を頂ける企業に育ちました。継続的に人々や社会が元気に発展できるような製品やサービスの提供を目指し、その実現に取り組んでいます。
同時に、ESG経営(環境・社会・企業統治)を強化し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた活動を推進し、より良い社会の創造を目指します。
そして、人を育て、失敗を恐れず、変革へのたゆまぬ挑戦をし続けてきた創業時からの精神による経営理念である「高い技術力により、これまでなかった製品やサービスを提供し世界No.1の“もの創り企業”を目指す」ために技術革新と付加価値の高いモノづくりを推し進め、いつの時代においても業界の先駆者として次世代へと引き継がれなければなりません。
私たちは経営ビジョンである「コアコンピタンスの深化と探索により企業価値を高める」活動を通し、業界をリードする技術で「顧客価値」を創造し、革新的な取組みで「改革と成長」を続け、持続可能な社会形成に貢献し、百年企業への挑戦をしていきます。

会社データ

事業内容
【事業内容】
私たちは医療機器に使用される精密部品の加工を行っています。特に微細加工を得意としています。医療にも使われる製品ということで、高い精度が求められる仕事です。 当社の製品の特徴はその小ささです。なんと、ミリ以下のサイズの製品を加工しています。精度も非常に高く1000分台まで公差を抑えた製品もあります。
西田精機の製品は非常に小さいモノですが、それらは世界の医療現場をいう広いステージで利用されています。
材料はステンレスやアルミなどの金属から樹脂材(プラスチック)まで取り扱っており、量産品だけでなく試作の加工にも柔軟に対応しています。
メインの取引先は内視鏡の世界的メーカーであるオリンパスグループです。月だけで最大400万個の納品に対応しています。
先端の加工機械「NC自動旋盤」と創業以来培った匠の技術により、精度と量産を両立した生産体制です。

【業務紹介】
◆技術
 加工プログラムの作成や、工程改善などを行っています。

◆機械加工
 NC自動旋盤による加工や機械のメンテナンスを行っています。

◆仕上加工
 主に顕微鏡を使用し、すべての製品の検査を丁寧に行います。

◆品質管理
 作業マニュアルの作成や、製品の品質データの管理を行っています。

◆生産管理
 独自開発した生産管理システムを活用し、製品の加工計画を立てます。

◆総務
 経理・人事等を担当し、製造現場をバックアップしています。

各職場の社員インタビューをHPに掲載しているので、ご覧になってください!

PHOTO

製造している製品は極小サイズ。しかしその製品が活躍する舞台は世界の医療現場。

本社郵便番号 969-3464
本社所在地 福島県会津若松市河東工業団地2-5
本社電話番号 0242-76-0123
創業 1949年
設立 1977年9月30日
資本金 5,000万円
従業員 181名(2021年11月現在)
売上高 13億円(2020年実績)
経営理念 業界をリードする技術で価値を創造し、
持続可能な社会への貢献と社員の幸せを追求する、
「百年続く企業」を目指す。
事業所 会津若松工場
〒969-3564 福島県会津若松市河東工業団地2-5
主な取引先 オリンパスグループ
平均年齢 29.0歳(会津若松工場2020年6月30日時点)
平均給与 ~モデル年収~
大卒初年度(一般職)2,852,000円 月収+賞与(月収内訳:基本給+残業代+通勤手当)

大卒5年目(一般職)3,590,000円 月収+賞与(月収内訳:基本給+残業代+通勤手当)

大卒10年目(係長)5,349,000円 月収+賞与(月収内訳:基本給+役職手当+残業代+通勤手当)

大卒20年目(課長)6,887,500円 月収+賞与(月収内訳:基本給+役職手当+通勤手当)

※家族手当は含まず
※残業代・通勤手当は平均支給額
会社紹介動画 PR動画リンク「https://youtu.be/XXCCjUJnXjk」
採用実績校 会津大学、足利工業大学、帝京大学、東北学院大学、新潟大学、日本大学工学部、福島大学
感染症対策について ~学生の皆様へお願い~
現在、新型コロナウイルスへの対策として、来訪される方へ以下の5点をお願いしています。
・体温が37.5度以上で無いこと
・強い倦怠感が無いこと
・呼吸困難が無いこと
・味覚・嗅覚障害が無いこと
・入館時はマスクを着用すること
  但し、緊急事態宣言の対象地域からの来訪については、原則として来訪を控えていただきます。
 福島県内でも感染が拡大している状況を鑑みて、追加の措置をとる可能性もございます。
以上、ご不便をおかけしますが、お客さまと従業員の安全を守るため、ご協力お願いします。

~従業員・社内での対策~
弊社の新型コロナウイルス対策として、お客様への上記のお願いの他、従業員・社内での対策として
・毎朝の検温
・玄関等にアルコール消毒の設置
・マスクの配布及び社内での着用義務化
・社内イベントの自粛
・体調不良時の出勤禁止および出勤後の健康観察
・家族等に疑わしい事例が発生した際の健康観察もしくは出勤禁止 
等の措置を講じております。
沿革
  • 1949
    • 東京都板橋区に金属挽物業として西田製作所を創業 創業者 西田忠次郎
  • 1972
    • 会津オリンパス(株)様と西田製作所にて挽物部品のお取引開始 社長 西田次郎
  • 1974
    • 西会津町野沢の借家にて会津オリンパス(株)様と鉗子組立のお取引開始 従業員7名
  • 1977
    • 西田精機(株)として創立、資本金100万円 社長 西田次郎 従業員数13名
  • 1990
    • 4月西会津工業団地内に新築移転し操業 常務取締役 西田高 就任
  • 2002
    • 代表取締役会長 西田次郎 就任、代表取締役社長 西田高 就任
  • 2014
    • 4月 会津若松新工場操業
  • 2015
    • 7月 会津若松工場増築
  • 2019
    • 4月 会津若松工場増築
  • 2020
    • 4月 本社機能を東京から西会津工場へ移管 従業員数177名

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 9.5年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 1名 3名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 13.3%
      (15名中2名)
    • 2020年度

    会津若松工場 平均勤続年数5.2年 会津若松工場 平均年齢32歳

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

西田精機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
西田精機(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 西田精機(株)の会社概要