最終更新日:2022/1/6

サンユー技研工業(株)

業種

  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
三重県
資本金
2,000万円
売上高
13.5億円(2018年4月実績)
従業員
69名

世界中の未来の自動車の心臓部を生み出す。日本が誇る最高金型の技術を持つメーカー。新しい製品にチャレンジし続けるモノづくりができる。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
政府も認めた日本トップレベルの金型。「サンユー技研だからできる」と声高に言えるだけの技術を持っています。目指すはここにしかない世界一のモノづくり。
PHOTO
設計開発を中心とする生産準備課は男女、学部学科に関係なく先輩が活躍しております。人生を面白く、楽しく生きられることを大切にした働き方でモノづくりをしましょう。

チャレンジングな仕事をしながら、あなたらしい面白い生き方を見つけてほしい。

PHOTO

梅本大輔 代表取締役社長。「仕事は誰でもやっていけば覚えられます。失敗してもチャレンジを続けられる人、自動車に興味がある人、大歓迎です」と語る。

【福利厚生は自分で作るもの】
まず、仕事の話をする前に人生の話をしましょう。私は、人生が面白くないと仕事は面白くないと思っています。だから、社員の皆さんには、仕事だけでなく会社を通じて豊かな経験をして、世の中を知って、人生を満喫して欲しいんです。今はコロナ感染症により延期していますが、社員旅行ではヨーロッパの世界最大級のエンジン工場等、普通はいけない場所で見学、海外のいろんな街をレンタカーで自由に旅してもらう時間を作ったり。多様な経験、興味深いものを知るチャンスを提供します。旅行だけでなく、常日頃も一流になるためには一流の経験をして欲しい思いがあり、様々な経験をしてもらうよう取り組んでいます。入社してから40年、技術者としてだけでなく、人として面白く成長できる環境です。
もう一つ、福利厚生というと“会社が用意してくれるもの”だと思っているかもしれません。サンユー技研工業では、福利厚生は自分で作るもの。それぞれの人生、生き方に合せてどんな働き方をしたいか考えてください。育休、不妊症治療、介護休暇、在宅での仕事など事情に応じて相談にのります。働きながらレーシングドライバーになる夢を叶えた社員もいました。仕事とともに充実した生き方を探してもらいたいと思っています。フレキシブルに働ける職場ですよ。

【“未来の車を生み出す金型”に挑戦する】
私たちの事業の主軸は金型です。特にこれから量産される次世代自動車のエンジン部の金型を設計製造しています。日本だけでなく世界中の車の心臓部が私たちの金型で作られる。モノづくりの世界にグローバルに関われる仕事です。私たちが得意とするのは大型金型。大型でありながら、100分の1mmの精度まで実現する技術力で、約50年業界の第一線を走り続けています。2015年には、政府から日本を代表する技術を有する企業として選ばれ、海外にも紹介されました。自動車技術は日進月歩で変わっていきます。電気自動車、アルミ素材による軽量化など、新たなスペックが求められる。金型も進化し続けなくてはいけない。そのために、新たな製造技術の研究開発の環境も充実させているところです。
私たちの手がける金型はいつも“新しいもの”。同じものを作り続けることはありません。常に試行錯誤の繰り返しです。「挑戦して、突き詰めていくモノづくりがしたい」。そんな人にはやりがいの大きな仕事と出会える会社です。

会社データ

事業内容
現行車、次世代用自動車エンジン、トランスミッション、電気自動車用アルミダイカスト金型設計製作をしております。

量産ではなく一つひとつのものづくりを考え、世界に一つだけのもの作り出す集団で、毎日が技術との戦いの業界になります。

2~3年後の現実的な車種から将来の新エネルギーなどに使われるかもしれない新機種などの次世代の車に向けて、大手自動車メーカー、並びに大手自動車部品メーカーから依頼を受けて業務を行います。

製作させる金型は全く同じものは世界にひとつもなく、最新の設備+職人技が融合した日本が誇る技術の一つです。

日系自動車だけに留まらず、ドイツ系、アメリカ系、アジア系など世界中の車のために製作します。当社の金型から生み出される製品の8割は国外で走る車になります。主な日本の取引先として、本田技研工業(株) マツダ(株)などの自動車メーカーからアイシン精機(株) (株)ジェイテクト 広島アルミニウム工業(株)などの大手自動車部品メーカーになります。

業界の100%が中小企業であり、金型業界の中では当社は大手になり、半世紀の信頼と実績ともに安定した業務と革新的な開発に向けて日々努力を続けております。

日本の文化を世界に広める日本政府のCOOL JAPAN戦略の一つJENESYS 2.0 MADE IN JAPANブランドに選定されております。

自動車好きの人、モノづくりが好き、挑戦したい人が多く、スーパーGTのTOPドライバーの出身会社です。

高度な技術が必要ながら若年者の世界に通じるエンジニアへ成長させるための若者の教育に力を入れており、厚生省 若者応援宣言企業認定

2019年 本社南工場(高精度加工及び金型設計開発棟) 完成
本社郵便番号 514-1253
本社所在地 三重県津市久居一色町265番地
本社電話番号 059-254-2200
創業 1948年
設立 1970年
資本金 2,000万円
従業員 69名
売上高 13.5億円(2018年4月実績)
事業所 愛知県(設計のみ)
広島県(共同設計)
主な取引先 大手自動車メーカー
大手自動車部品メーカー
平均年齢 32.5歳
沿革
  • 1948年
    • 三重県津市にて、教育用品販売事業「中日工作」を創業
  • 1960年
    • 愛知県豊橋市に教育用金工旋盤の会社を設立
  • 1967年
    • 豊橋工場を津市に移転し、治具、工具、金型加工を始める
  • 1970年
    • 津市半田にて、本田技研工業(株)鈴鹿製作所協力工場としてサンユウ技研工業(株)を設立
  • 1975年
    • 津市高茶屋に本社工場を移転
  • 1988年
    • サンユー技研工業(株)に社名変更
  • 2004年
    • 京都議定書に基づく、三重県環境マネジメントシステムM-EMS認証活動の開始
  • 2009年
    • 津市久居一色町へ本社工場移転
      ドイツトーリア大学を主とする世界14カ国の学生が環境企業として見学来社
  • 2014年
    • 太陽光事業開始
  • 2015年
    • 日本政府 COOL JAPAN戦略
      JENESYS2.0 MADE IN JAPAN ブランド選定
  • 2016年
    • 本社工場敷地拡張
      経済産業省中部経済産業局 ものづくり女子活躍企業に認定
  • 2018年
    • 三重県おもてなし経営企業選出
  • 2019年
    • 本社南工場完成(高精度加工及び金型設計開発棟)
  • 2020年
    • 経済産業省 はばたく中小企業300選に選定
  • 2021年
    • 全国高校生オンライン学習授業LOCUSモデル企業選定

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 30時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.3日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 60.0%
      (5名中3名)
    • 2021年度

    役員の割合

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

サンユー技研工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
サンユー技研工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. サンユー技研工業(株)の会社概要