最終更新日:2022/6/24

(株)三幸ランドプランニング

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 建設コンサルタント

基本情報

本社
北海道
資本金
3,700万円
売上高
8億3,200万円(2021年3月実績)
構成員数
役職員41名(社員37名(うち臨職1名)、役員4名)

【追加採用】創業50周年!私たちは、北海道の農業を土木技術で支えるプロフェッショナル集団です。<札幌・旭川希望地配属転勤なし>

【重要】採用担当者からの伝言板 (2022/06/24更新)

PHOTO

急遽、追加で1名の募集を再開します。
7月末日に締切る予定ですので、当社に興味のある学生さんは、それまでにメールor電話でお問合せください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
 デスクワーク主体の業務内容です。先輩技術者のOJT研修により「出来る作業範囲」を徐々に増やしていきます。
PHOTO
年に5日~10日程度ですが、外での作業もあります。ほかに、受注先担当者等との打合せで、日帰りor1泊程度の出張が時々あります。

農業分野に特化【一般土木科卒技術者も多数】希望地配属で転勤なしの働き易い職場です

PHOTO

 オフィスは旭川・札幌ともに近年リフォーム。机毎に仕切りを設け、作業に集中しやすい環境です。

★私たちの仕事「農業土木コンサルタント」とは
・農地や関連施設を整備するための「調査・測量・設計」を担う技術者集団です。
・100%が官公庁からの仕事(=公共事業)なので、安定業種です。
・設計業務の受注から納品までの期間が1年周期の長丁場ですので、休暇等においてメリハリが利きます。
・概ね4~9月が閑散期で、10~3月が繁忙期になります。
・仕事で使用する物理公式は、ほぼ不変ですので、身に着けた「技術」が一生の糧になります。
・経験が「力」になる職種ですので、年齢と実績を重ねるごとに、技術者としての「価値」を高めていけます。
・経験を積むなかで、「技術士」などの資格を取得していきます。

★私たちの会社の特徴は
・農業部門に特化した事業展開を図っています。
・日本の食料基地である北海道を地盤にしており、加えて穀倉地帯である上川盆地の旭川市に本社を置く、数少ない農業土木コンサルタント会社として、官公庁との信頼関係を築いています。
・ほぼ100%が官公庁からの元請け受注なので、安定経営です。
・うち約8割が国発注の仕事ですので、ダイナミックな国営事業のプロジェクトに関われます。
・資格取得に向けた積極的な支援(講習会費拠出、論文添削等)を行っています。
・繁忙期(10~3月)における負担軽減のため、冬季が閑散期となる測量会社に、設計の簡易部分を外注委託することで、働き方改革への取り組みを推進しています。
・但し、設計の主軸部分を含む各種作業は、全て自社において実施していますので、確実に技術スキルを積み上げられます。
・自社に測量部門があるので、専門的助言を受けられます。
・子会社はありませんので、出向等による待遇の降下がありません。
・希望地赴任(札幌・旭川)となり、原則として転勤はありません。

★工学部系一般土木科の学生さんへ
・農業工学を学べる学校が道内に少ないこともあり、私たちの会社では工学部系一般土木科卒の技術者が過半の状態です。従って、キャリア上のハンデとなることはありません。

★土木工学系の以外の理系学生さんへ
・農業工学は、一般工学よりも文系寄りの学問です。「数学」の素養と、高校で「物理学」を履修していれば、対応可能と思います。
・建築科卒の社員が働いています。

★公式HP全面改訂!先輩インタビューなど充実していますので是非ご覧ください。
https://sankoland.jp

会社データ

プロフィール

 当社は、1971年の創業から約50年にわたり、農業土木に特化した建設コンサルタント会社として、道内各地の農業農村整備事業に係わる設計業務に携わってまいりました。
 いま、我が国の食料生産における北海道の重要性は増しており、農業生産基盤の高度化が急務となっています。従って、当社においても積極的な事業展開を図っています。
 旭川本社は、陶芸工房や自然散策が人気の嵐山地区に隣接し、且つ大型ショッピングモールに近く、賃貸アパートも多いため、徒歩での通勤も可能な環境下にあります。また、札幌支店は、札幌駅北口そばのオフィスビルにありますので、JR・地下鉄とのアクセスも良好ですが、桑園や家賃の比較的安価な植物園裏手地域からの徒歩通勤も可能です。

事業内容
 私たちの仕事は、官公庁(国や道など)が発注する、農業に必要な各種施設(農地をはじめ用水路や排水路、農道など)を建設するために必要な「設計業務」を受注し、技術的な助言や提案(=コンサルティング)を行いながら、設計成果を取りまとめるサービス業です。
 農業従事者の高齢化や後継者不足など、我が国の農業を取り巻く環境は、厳しさを増しています。しかし、食料安全保障の考えに基づき食料を安定的に国民へ供給するため、国内農業の保護育成を図り続けることは、世界的な気候変動も相まって、我が国の重要な施策の1つとして位置づけられています。そして北海道は、我が国の最も重要な食料生産基地として、日本の農業を牽引する役割を担っています。
 このような状況下において、農業生産に係る農業基盤整備事業を通じ、北海道の農業を土木技術で支えることが、当社の使命です。

PHOTO

日本の食料基地である北海道の農業が、我が国の食料安全保障を支えています。

本社郵便番号 070-0823
本社所在地 北海道旭川市緑町25丁目2143番地41
本社電話番号 0166-52-2081
設立 1971年3月3日
資本金 3,700万円
構成員数 役職員41名(社員37名(うち臨職1名)、役員4名)
売上高 8億3,200万円(2021年3月実績)
事業所 旭川本社/北海道旭川市緑町25丁目2143番地41
札幌支店/北海道札幌市中央区北5条西6丁目第2道通ビル6F
業績 第50期(2020年3月)
売 上 高 8億7,600万円
経常利益1億3,800万円

第51期(2021年3月)
売 上 高 8億3,200万円
経常利益1億2,400万円
平均年収 技術部 技術者 38.4才 690万円 
年収例 ・870万円(主任技師/技術士/高卒/50才)
・790万円(主任技師/農業土木技術管理士/大卒/42才)
・510万円(技師/技術士補/大卒/28才)
 ※2019年実績
売上高推移 7億2,800万円(2017年度実績・合併前2社合計)
7億7,500万円(2018年度実績・新会社)
8億7,600万円(2019年度実績・新会社)
8億3,200万円(2020年度実績・新会社)
主な取引先 北海道開発局(全道一円 10開発建設部)
北海道総合振興局 農業(後志・上川・空知)
北海道建設管理部(札幌・旭川・留萌・稚内)
市町村(士別市・浜頓別町など)
 ※2019,20年度実績
平均年齢 ・管理部 47.5才
・技術部 42.0才
・全 体 42.2才
 ※役員と顧問をのぞく
平均勤続年数 ・管理部 21.5年
・技術部 17.9年
・全 体 19.0年
 ※役員と顧問をのぞく
優秀業務表彰  当社は、官公庁(北海道開発局・北海道)より、前年度に優秀な業務成果を収めたことを評価され、2019、2020年度に以下の各賞をうけています。

■2021年度_北海道開発局
・北海道開発局長賞(2020年度_大雪東川第一地区_66農区外区画整理設計等業務)

■2020年度_北海道開発局
・釧路開発建設部長賞(2019年度_別海北部地区_用水路末端施設豊原北工区設計等業務)

■2019年度_北海道開発局
・北海道開発局長賞(2018年度_雄武丘陵地区_北幌内北工区区画整理設計等業務)
・旭川開発建設部長賞(2018年度_旭東東神楽地区_忠栄高台工区区画整理基本設計等業務)
・留萌開発建設部長賞(2018年度_産士地区_第5号排水路外一連設計等業務)

■2019年度_北海道農政部
・農業農村整備優秀業者感謝状

沿革
  • 1968(昭和43)年
    • (有) 士別測量設計 創立
  • 1971(昭和46)年
    • (株) 三幸測量設計社 創立
  • 1982(昭和57)年
    • 札幌支店を開設(士別測量設計)
  • 1987(昭和62)年
    • (有) 士別測量設計 から
      (株) ランドプランニング へ社名変更
  • 2007(平成19)年
    • ISO9001認証登録(以降更新)
  • 2016(平成28)年
    • 旭川本社リフォーム(~2018年まで3カ年工事)
  • 2017(平成29)年
    • 2社 合併
      (株) 三幸ランドプランニング 発足
  • 2019(令和元)年
    • 札幌支店リフォーム
  • 2020(令和2)年
    • 士別支店を旭川本社に統合
      旭川本社屋増築

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 19.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19.1時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.0日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 0名 0名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 20.0%
      (5名中1名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
■所属協会が主催する各種研修・講習会への参加
・現地研修会(道内)_国営事業の施工現場見学
・現地研修会(道外)_国営事業施設の見学等(2泊3日)
・技術研修会(札幌)
 など

■官公庁実施の研修会への参加
・北海道開発局の主催する研修会・シンポジウム
・寒地土木研究所主催の研修会
 など

■日本技術士会の研修会への参加
・道北技術士委員会_研修会
・道北技術士委員会_現地研修会
 など

■社内研修会の実施
・新技術に対する社内研修会
・その他設計技術に係る社内研修会
 など

■OJT研修
・入社から数年は、OJT研修で先輩が都度指導し、パーツ毎の仕事をこなしながら、徐々に「出来ること」を増やしていきます。

※上記研修会は、平日勤務時間内の実施です。
※研修の参加費および旅費は、会社が支給します。

自己啓発支援制度 制度あり
■資格取得への支援
・資格対策講習会(技術士・RCCMなど)の旅費・参加費拠出。
・技術士資格2次試験論文の添削指導。
・畑地かんがい技士講習会・試験(東京:5日間)の旅費・参加費拠出。
 など
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
■資格(国家・民間)の取得が、下記の通り昇任の目安となっています。
 ※厚労相の認定を受けての実施では、ありません※ 

【技師昇任】
・技術士補および畑地かんがい技士の取得。

【主任技師】
・技術士、RCCM、農業土木技術管理士の何れか。
・但し、技術士以外の資格取得で昇任した場合は、最終的に技術士の取得が求められます。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
弘前大学
<大学>
足利工業大学、岩手大学、弘前大学、北見工業大学、北海学園大学、北海道科学大学
<短大・高専・専門学校>
札幌工科専門学校

札幌理工学院(北海道測量専門学校)、北海道専修大学短大部
 

採用実績(人数) 【採用者数】
2017年度:1人
2018年度:2人
2019年度:0人
2020年度:0人
2021年度:1人
2022年度:4人(うち3人が技術職新卒)
採用実績(学部・学科)
建築・土木系、農業・農学系、社会・環境情報系、畜産・酪農系
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 1 1
    2020年 0 0 0
    2019年 0 0 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 0
    2019年 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 1
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp222752/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)三幸ランドプランニングと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)三幸ランドプランニングを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)三幸ランドプランニングの会社概要