最終更新日:2022/11/16

本別町農業協同組合

  • 正社員

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
北海道
資本金
出資金(資本金)18.7億円(2022年3月末)
売上高
貯金残高300.1億円 長期共済保障金額401.6億円 農畜産物取扱高140.6億円 購買品取扱高41.7億円 (2022年3月末) 
従業員
92名(男性61名・女性31名)正職員73名・嘱託職員19名(2022年4月1日現在)

【追加募集受付中】食と農のサポーターとして地域住民の暮らしを守ります!

令和5年4月採用職員の追加募集を行なっております! (2022/11/16更新)

PHOTO

皆さんこんにちは!アクセスいただき有り難うございます。

現在、2023年4月採用の職員の募集を行っています。
応募を希望の方は、エントリー後随時、応募書類の送付をお願いします。
書類確認次第、書類選考を行ない、試験日のご案内をさせて頂きます。

また、WEBによる会社説明会(30分程度)の受付も随時行っていますので、ご希望の方は説明会ページよりお申込み願います。日時の調整の連絡をさせて頂きます。

採用担当連絡先 管理部管理課(諸井) kanri@ja-hon.nokyoren.or.jp

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
豆を中心とした畑作4品目(豆類・小麦・馬鈴薯・てん菜)を主として生産しています。また、特産品を使用した商品を開発し本別町の美味しさを全国に発信しています。
PHOTO
帯広市、釧路市より約1時間、十勝の東北部に位置する人口約6,500人の町です。大きな町ではありませんが、すぐ近くには札幌、釧路へとつながる高速道路があります。

≪本別町農業の紹介≫

PHOTO

特産品の豆を使用した商品の開発を行っています。地元の高校生とのコラボ商品も開発するなど食育活動にも力を入れています!

 本別町は、北海道の道東十勝管内の東北部中央に位置し、1年を通して降水量が比較的少ない爽やかな晴天に恵まれた町です。

 町内には十勝川の支流、利別川と美里別川が流れており、その川沿いには沖積土の肥沃な大地、西側には広い段丘が続き、自然豊かな美しい景観と共に、良質な農作物が生産されています。

 生産割合は、酪農畜産6割、畑作4割と調和された農業が行われ、畑作物は特産品の豆をはじめとした小麦・馬鈴薯・てん菜の4品目が主として生産され、他にも、スイートコーンや玉ねぎ等様々な畑作物が生産されており、「本別ブランド」を確立させる為に、安心安全な農産物の供給に努めています。

 畜産物は、生乳生産はもちろん、乳牛・肉牛の生産・育成・販売を行っています。新しい命を誕生させる、家畜人工授精にも力を入れており、町内では多くの牛が誕生し、市場で販売されています。全国有数の乳牛育成地として、全国各地から子牛を預かり、出産間近まで育ててお返しする育成預託事業が盛んに行われており、本別町で育った乳牛は全国で活躍しています。
 

会社データ

プロフィール

JA本別町は、1948年5月に設立され、その後、1986年5月には町内の開拓農協と合併し現在の農協が誕生しました。畑作4品(小麦、豆類、馬鈴薯、甜菜)を中心とした畑作農家と生乳生産を行う酪農家、子牛を搾乳できるようになるまで育てる育成農家、肉牛農家など本別町の農業には様々な経営形態があるのが特徴です。このような販売事業の他に、信用事業、共済事業、購買事業においても組合員の方はもちろん、地域住民の生活の支えとなるべく日々励んでいます。

事業内容
JA本別町は総合農協として以下の事業を行っています。

1) 信用事業
信用事業は、貯金、貸出、為替などの銀行業務を行っています。この信用事業は、JA・信連・農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、皆様ご存知の「JAバンク」として大きな力を発揮しています。

2) 共済事業
組合員と地域の皆様に安心をお届けするため、死亡、病気、ケガ、老後などの「ひと」、火災や地震、台風などの災害に備える「いえ」、現代社会ではなくてはならない「くるま」の保障等をしています。「ひと・いえ・くるまの総合保障」を通じて、それぞれの目的やライフプランに応じて充実した保障をJA共済として提供し、皆様の暮らしをバックアップしています。

3) 営農指導事業
経営改善指導を行うとともに、地域における農業生産力の維持・拡大を通じて、組合員の経営基盤強化に取り組んでいます。そのためには、農家組合員の所得向上を目指した経営・技術指導ばかりでなく、規模拡大に伴う施設・農地取得時の資金協議、組合員にとって有利な補助事業の提案など組合員がスムーズに事業展開ができるように取り進めています。

4) 購買事業
農業生産に必要な資材を組合員に代わって共同購入し、組合員に供給するのが購買事業です。予約・取りまとめ購買を積極的に実施する事で、コスト低減や仕入れ条件の優位性を確保し、組合員に安く・安全で・より良い品物を安定的に供給しています。

5) 販売事業
組合員が育てた農畜産物を有利に販売し、組合員の所得を向上させるという重要な事業を担っています。主な畑作物は小麦・馬鈴薯・豆類・てん菜です。
また、生乳や肉牛といった畜産物の取り扱いや人工授精も行っています。他にも生産履歴の記帳等により、安心・安全な農畜産物を供給し、信頼性の確保に努めております。

PHOTO

大型コンバインによる小麦の収穫風景です。生産者と職員が力を合わせて収穫、受入、調整を行います。

本社郵便番号 089-3334
本社所在地 北海道中川郡本別町北5丁目2番地1
本社電話番号 0156-22-3111
設立 1948年5月10日
資本金 出資金(資本金)18.7億円(2022年3月末)
従業員 92名(男性61名・女性31名)正職員73名・嘱託職員19名(2022年4月1日現在)
売上高 貯金残高300.1億円
長期共済保障金額401.6億円
農畜産物取扱高140.6億円
購買品取扱高41.7億円
(2022年3月末) 
代表者 代表理事組合長 佐野 政利
事業所 本所 北海道中川郡本別町北5丁目2‐1
関連会社 (株)アグリマネジメント十勝
平均年齢 男性 38.0歳(2022年4月1日現在 正職員のみ)
女性 40.3歳(2022年4月1日現在 正職員のみ)
平均勤続年数 19.2年(2022年4月1日現在)
平均本俸 281,369円(2022年4月1日現在 正職員のみ)
組合員数 921名(2022年3月末現在 正組合員470名 准組合員451名)
組合員戸数 正組合員 294戸(2022年3月末)
准組合員 352戸(2022年3月末)
沿革
  • 1948年
    • 農協法に基づき本別町農業協同組合を設立
  • 1955年
    • 農協青年部設立
      農協女性部設立
  • 1963年
    • 組合員勘定制度実施
  • 1968年
    • 創立20周年記念及び事務所兼店舗落成
  • 1969年
    • 貯金残高10億円達成
  • 1983年
    • 共済保有高300億円達成
  • 1986年
    • 本別町開拓農協と合併
  • 1990年
    • 共済保有高500億円達成
      貯金残高 100億円達成
  • 1998年
    • 創立50周年記念式典挙行
  • 2001年
    • 小麦乾燥施設 増設
  • 2006年
    • 小麦乾燥施設 増設
  • 2008年
    • 加工馬鈴薯貯蔵庫 新設
      創立60周年記念式典挙行
  • 2010年
    • 貯金残高 200億円達成
  • 2012年
    • 農産センター事務所 新設
      資材センター事務所 新設
  • 2016年
    • 勇足・美里別・仙美里 3事業所閉鎖
  • 2017年
    • 子会社 (株)アグリマネジメント十勝 設立
  • 2018年
    • 創立70周年記念式典挙行
      種子馬鈴薯貯蔵施設 新設
  • 2019年
    • 農畜産物取扱高133億円達成
  • 2020年
    • 食品開発課新設
  • 2021年
    • 貯金残高300億円・農畜産物取扱高140億円(過去最高)達成
  • 2022年
    • 小麦乾燥施設 新設
  • 2024年
    • 本所事務所新築(予定)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.3年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.9日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.3%
      (19名中1名)
    • 2020年度

    役員10名中1名、管理職(部長・次長)9名中0名

社内制度

研修制度 制度あり
入組前の新採用職員講習会、入組後にJAカレッジにて新採用職員研修を行っています。2年目以降においても、フォローアップ研修(2年目)や若年層研修(3年目)、中堅層研修(5年目・8年目~)といった各階層別の研修に積極的に参加し、個々のスキルアップを目指します。
その他配属になった部署において必要な研修を行っています。
自己啓発支援制度 制度あり
業務上必要な資格取得に掛かる受験料助成および取得時に報奨金支給しています。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度あり
資格取得報奨金制度があります。
社内検定制度 制度あり
JA職員資格認定試験等があります。

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
帯広畜産大学、北海学園大学、北海道文教大学、酪農学園大学、長崎県立大学、札幌大学、札幌学院大学、北海道科学大学、東海大学
<短大・高専・専門学校>
帯広大谷短期大学、北海道農業協同組合学校、北海道立農業大学校

採用実績(人数) 2018年(平成30年)度 短大卒 2名 高 卒 1名
2019年(平成31年)度 大 卒 2名 短大卒 2名 高 卒 1名
2020年(令和 2年)度 大 卒 1名 短大卒 3名 高卒1名 
2021年(令和 3年)度 大 卒 2名 短大卒 2名
2022年(令和4年)度 短大卒 1名
採用実績(学部・学科) 畜産経営学科・地域教養学科・環境農学類・畜産科学科
畑作園芸経営学科・経営学科・地域環境学科・経済学科
地域創造学科・地域経済学科・人間社会学科・健康栄養学科
法律学科・
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2019年 4 1 5
    2020年 3 2 5
    2021年 3 1 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2019年 5
    2020年 5
    2021年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2019年 0
    2020年 1
    2021年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp224521/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

本別町農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
本別町農業協同組合を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 本別町農業協同組合の会社概要