最終更新日:2022/8/17

(株)富山技研

  • 正社員

業種

  • 金属製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器
  • 自動車・自動車部品
  • 非鉄金属

基本情報

本社
富山県
資本金
3,620万円
売上高
28億365万円(2021年 3月)
従業員
112名(男性76名、女性36名)

【5年間新卒離職者ゼロ!】お取引先は大手メーカーのため安定・スマホや家電、車に使われる電子部品をつくっています

企業説明会開催中! (2022/02/14更新)

こんにちは、富山技研の採用担当です。

企業説明会を開催します。
コロナウイルス感染防止対策徹底のうえ行いますので
ぜひセミナー画面よりエントリーください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
当社ではスマホに使われる電子部品や自動車の車載用コネクターと、それらを生み出す金型を製造している。納品前にデータ収集し、サイズやキズの有無を細かく検査する。
PHOTO
「入社後約1年間、現場で働いて仕事の流れを体感。この経験をふまえ、作業効率の良い金型の設計を心がけています」と金型設計を担当。<設計部 H>

常に半歩先、一歩先の技術革新で他社をリード。高度エレクトロニクス時代の一翼を担う

PHOTO

気さくで温かい人柄の扇割社長。朝、昼、夕方の3回、工場内を回り、現場の声を聞きながら、率先して働きやすい職場づくりに取り組んでいる。

○人気スマホのデバイスやセンサーなど高精度な電子部品を製造

 弊社は1975年に創業。以来、長年にわたり電子部品の精密金型製作および各種加工を手掛けてきました。事業の柱は大きく3つ。スマホに内蔵する電子部品、自動車の車載用コネクター類、そして家電製品のセンサー類です。特に近年はスマホ需要の急増により、スマホ内臓の高周波デバイスやセンサーの製造量が大幅に伸び、全製造量の7割におよんでいます。
 取引先は村田製作所、パナソニック、京セラなど国内トップメーカーばかりです。弊社ではトップメーカーの厳しい品質基準に応えていくことが、この業界で生き残る術と考え、技術革新はもちろん、情報セキュリティ管理や環境方針、行動規範の整備などにも率先して取り組んでいます。

○省力化、無人化を推進。少ない人数で大きな成果を上げていく

 現在はスマホ関連部品の製造割合が大きくなっていますが、今後は家電、自動車関連部品の受注を増やしていきたいと考えています。現状のスタッフで売上げを増やすには生産効率の向上が必須。そのため工場内の省力化、無人化に取り組んでいます。
 3年程前にはプレス加工ラインに自動巻取り装置を導入。昨年は最先端の画像検査機を導入し、検査業務の無人化を進めています。こうした取り組みにより近い将来にはスタッフの勤務体制を「3直」から「2直」に変え、夜中12時~翌朝8時はスタッフゼロで工場を稼動させる計画です。

○5年間新卒離職者ゼロの居心地の良い職場、ほっかほかの社食も好評!

「運鈍根」という言葉をご存知ですか? 成功するためには運と根気、それからちょっと鈍いくらいの粘り強さが必要だという意味です。運と根気は解りますが、なぜ鈍くなければいけないのでしょうか…。鋭い人は一度成功すると人の意見を聞かなくなってしまいますが、少し鈍い人は成功しても有頂天にならないし、失敗しても引きずらない。いろんな人から意見をもらいながら前に進もうとする気持ちがあるからです。もっと具体的に言うなら、頭のいい人より、ちゃんと人の話を聞いて判断できる人に来てほしいと思います。

                    (代表取締役社長 扇割 義夫)

会社データ

プロフィール

エレクトロニクスの一翼を担う富山技研では情報の蓄積、技術の統合をベースに製品の高度化を図るとともに技術と技術のクロスオーバーを通じて、さらに人や自然に優しく、暖かい技術を築き上げてゆきたいと思います。人と技術の新しい触れ合い、エレクトロニクス産業社会・生活フィールドとの触れ合い。富山技研は人とその環境、そして未来を見つめた創造的企業として高度エレクトロニクス時代における機能的役割をはたします。

代表取締役 社長 扇割 義夫

事業内容
電子機構部品の精密金型製作および、プレス加工、成形加工・一体成形加工

PHOTO

国内の大手メーカーに、高精度な電子部品を提供し、エレクトロニクスの一翼を担っております!

本社郵便番号 939-2363
本社所在地 富山県富山市八尾町新田391番地
本社電話番号 076-455-0585
設立 1975年12月2日
資本金 3,620万円
従業員 112名(男性76名、女性36名)
売上高 28億365万円(2021年 3月)
平均年齢 43歳
沿革
  • 1975年12月
    • 資本金1,100万円にて設立
  • 1979年4月
    • 台湾において合弁会社設立(泰富精密有限公司)
  • 1979年5月
    • 現在地に本社工場新築
  • 1984年6月
    • 資本金を2,200万円に増資
  • 1985年
    • 一体成形および金型製作を開始
  • 1997年5月
    • ISO9001認証取得
  • 1998年6月
    • 泰富精密有限公司廃業
  • 1998年6月
    • 資本金を3,620万円に増資
  • 2005年7月
    • ISO14001認証取得
  • 2007年4月
    • 第2工場を八尾町杉田680番地に新築、操業開始
  • 2012年6月
    • 多面的円筒研削盤導入
  • 2013年1月
    • 第2工場から生産設備を本社工場に集約
  • 2013年4月
    • 3号館隣接のSMK(株)様の所有地購入
  • 2013年8月
    • 上記購入土地に駐車場新設
  • 2015年12月
    • ナガセ超精密成形平面研削盤導入
  • 2017年4月
    • ソフト新基幹システム運用
  • 2019年2月
    • 本社工場地内に成形工場新築

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10時間
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員外部研修、外部研修、社内研修
自己啓発支援制度 制度あり
業務関連の資格取得に係る費用を負担

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
富山大学、中央大学、関西大学、近畿大学、金沢工業大学、金沢学院大学、富山国際大学、高岡法科大学、京都女子大学、岐阜経済大学、長野大学、大谷大学、名古屋商科大学
<短大・高専・専門学校>
富山短期大学、富山情報ビジネス専門学校

富山技術専門学院

採用実績(人数) 2019年5人、2020年3人、2021年3人
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2019年 3 2 5
    2020年 3 0 3
    2021年 2 1 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2019年 5
    2020年 3
    2021年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2019年 0
    2020年 0
    2021年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp225487/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)富山技研と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)富山技研を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)富山技研の会社概要