最終更新日:2022/1/18

JR西日本山陰開発(株)

業種

  • 専門店(複合)
  • 不動産
  • コンビニエンスストア

基本情報

本社
島根県
資本金
2億円
売上高
40億2,300万円(2019年度実績)
従業員
230名(2021年10月現在)

1day仕事体験開催中【若手活躍/福利厚生充実】ようこそ!鳥取・島根へ。山陰の玄関口からお店やお土産で盛り上げ、地域の魅力を伝えていきます!

会社紹介記事

PHOTO
「山陰を盛りあげたい」という若手が活躍しています。松江駅・鳥取駅のSC「シャミネ」への話題性のある店舗誘致や、駅ナカコンビニ等の店舗運営も手がけています。
PHOTO
地元の魅力を伝えるお土産をセレクト。JR西日本が発刊する季刊誌でも紹介しながら、観光客はもちろん、地元の方にも山陰の逸品を再発見してもらう取り組みを行っています。

駅を交通機関から人が集まるスポットへ。魅力を発信しつづける若手社員がいます。

PHOTO

地元への貢献という仕事のやりがいに加えて、JR西日本グループならではの手厚い福利厚生。映画館やレストラン、提携ホテルなどもお得に利用できる制度も活用しています。

■文字どおり「山陰」を「開発」できる醍醐味

大学生のときに、私の地元である鳥取に全国で最後となるスターバックスが出店したと大きなニュースになりました。その誘致を手がけていたのがここJR西日本山陰開発。地元に貢献できる仕事がしたかった私にとって、ここならやりたい事ができる!と強く感じましたね。現在は高架下のテナントの開発などを行っていますが、「ここにしかない魅力」を発信していきたいと、貝専門の居酒屋の出店も手がけました。オープン後に常連さんでにぎわっている光景を見ると本当に嬉しくなります。山陰にはこんな美味しいモノがある、こんなお店があるというのを、これからもどんどん形にしていきたいと思います。

ショッピングセンターの運営・管理担当
岸田 直樹さん(2016年入社/商学部卒)

■オープン日を心待ちにしてくれる人たちがいます

学生時代、シャミネ松江がリニューアルして「縁結び通り」が出来たことが大きな注目を集めていて、「こんな話題性のある仕事がしたい」と思ったのが入社のきっかけになりました。入社2年目には、駅ナカの「セブンイレブン」の新規出店を担当。開業の契約業務から、工事の段取り、人材の募集、オープンセレモニーやキャンペーンの企画まで、イチから手がけられたことが大きな財産になっています。そのオープン日は10時からセレモニーが始まる予定だったのですが、朝6時からお客さんが並んでいるのを見て、胸が熱くなりました。

JR主要駅内の店舗開発・運営担当
佐々木 智寛さん(2016年入社/生物資源科学部卒)

■山陰には、まだまだ魅力的なヒトやモノがあります

ここで働くようになってから、地元の名産品やおみやげを意識するようになりました。自分で発掘した商品が駅の店舗に並んで、多くの人の手にとってもらえるのが何よりも嬉しいですね。それに、様々な地域で魅力的なものづくりをしている作り手さんから直接話を聞けて、そのこだわりを発信していけることも大きな醍醐味を感じています。当社は女性社員も多く活躍していて、産休・育休を取得後に復帰される方も多いです。連休もしっかり取れるので、休みの日でも改めて地元の良さを体験・発見できるようなスポットを巡っています。

お土産商品の発掘・商品の開発担当
西谷 さきさん(2016年入社/人文学部卒)

会社データ

事業内容
山陰エリアにおいて、県庁所在駅(松江駅・鳥取駅)の高架下SC「シャミネ」を運営しているほか、主要駅構内におけるお土産店、コンビニエンスストア等の運営・店舗開発など幅広い事業を展開し、地域内外のお客様に喜んでいただけることを通じて、地域活性化に貢献しています。

【直営事業】
山陰エリアのJR主要駅で、駅ナカの高ポテンシャルな立地を活かし、コンビニエンスストア、お土産店等の運営・店舗開発を行っています。コンビニエンスストアでは、業界最大手のセブン-イレブンと業務提携しており、駅ナカコンビニを展開して、お客様に「快適・便利」を提供しているほか、お土産店では、山陰のこだわりの産品を発掘、開発等して、山陰の魅力をお客様に提供しています。また、2018年3月、シャミネ松江に山陰初出店雑貨ブランド「MINiPLA」をフランチャイジーとして開業し、お客様に喜んで頂けるサービスの拡大に取り組んでいます。

【ショッピングセンター事業】
JR西日本の松江駅、鳥取駅高架下において、ショッピングセンターを運営しています。
定期的なリニューアルを積極的に行うことで、ショッピングセンターの鮮度を維持し、お客さまに常に新しい発見と喜びを提供します。
駅を一つの商業施設として開発を行い、話題性のある店舗の開業や定期的なリニューアルによりお客さまに常に新しさを提供するだけではなく、駅周辺の事業者とも提携しながら、駅周辺の魅力向上や賑わいを創出して、街の玄関口としてふさわしい商業施設となるよう取り組んでいます。

【高架下貸付事業】
JR松江駅・鳥取駅周辺の立地の良い高架下スペースを活用した店舗開発や駐車場開発を行っています。
本社郵便番号 690-0003
本社所在地 島根県松江市朝日町字伊勢宮472番地2
本社電話番号 0852-26-6511
設立 2000年2月14日
資本金 2億円
従業員 230名(2021年10月現在)
売上高 40億2,300万円(2019年度実績)
事業所 島根県松江市、鳥取県鳥取市、鳥取県米子市 他
株主構成 西日本旅客鉄道(株) 51%
(株)ジェイアール西日本デイリーサービスネット 35%
ジェイアール西日本不動産開発(株) 14%
平均年齢 38歳
平均勤続年数 9年
沿革
  • 平成12年2月14日
    • (株)ジェイアールサービスネット米子設立
  • 平成25年7月1日
    • 山陰ステーション開発(株)を吸収合併
  • 平成25年7月1日
    • JR西日本山陰開発(株)に社名変更

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2019年度

先輩情報

地域活性化への影響力の大きさが当社の魅力です
岸田 直樹
2016年入社
27歳
同志社大学
商学部
営業企画部
ショッピングセンター「シャミネ」の開発・リーシング
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

JR西日本山陰開発(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
JR西日本山陰開発(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. JR西日本山陰開発(株)の会社概要