最終更新日:2022/5/13

(株)グローバルBIM【鹿島建設グループ】

  • 正社員

業種

  • 建築設計
  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 建設

基本情報

本社
東京都、沖縄県
PHOTO

大好きなデジタルの分野で自分で考えることのできる喜び

エレデネバヤル エネレル
2021年入社
千葉大学
工学部 総合工学科
東京先端BIMセンター
BIM技術者

貴社を志望した動機や入社の決め手は何ですか?

現場監督、設備、意匠設計、都市計画など、大学を卒業したら建築の中でもどの分野に進もうかと悩んでいました。3年生のときに授業でBIMについて取り上げられたことがきっかけで興味を持ち、いろいろ調べていくうちに BIMを専門的に扱っているグローバルBIMを見つけました。事業内容がたくさんあって多種多様なソフトを使えて、面白そうということが興味を持った理由です。会社説明会で社員に30分くらい質問する機会があったのですが、会社をPRするよりも就活で悩んでいることなど、私の話を聞いてくれたり、不安を解決しようとしてくれている姿勢がすごく良くて、この会社に入ろうと決めました。


現在の仕事内容、仕事のやりがいはなんですか?

まだ1年目ですが今まで3案件ほど担当しました。BIM-FMという当社の新しい事業にも携わっています。BIM-FMは、建物の維持管理にかかるコストについて、BIMモデルに入力されたデータを使い管理する手法のことです。お客さまに導入していただくBIM-FMシステムについて、システムの概念や操作の仕方についてワークショップで説明する資料を作っています。上司に教えてもらいながら日々知識を吸収し、新しい挑戦ができることを楽しんでいます。
自分を振り返ったとき、使えなかったソフトが使えるようになっていたり、分からないことが分かるようになっていたりすることで、自分が確実に成長していることを感じています。大学で建築を勉強していても、実際の業務では分からないことがたくさんありますが、自ら率先して学ぶ姿勢を忘れないようにすれば成長できると思っています。


入社後の研修ではどんなことをしましたか?

入社して最初の鹿島建設での研修では、鉄筋を組んだり現場で工程の流れを見たりという体験ができました。その後自社でArchicadを実際に操作しながらBIMモデルのつくり方を一つひとつ教えてもらう座学がありました。最初は一人で作業して、あとでチームアップして操作に慣れていったり、2人でチームになって工程表を組み立てたりしていきます。この研修を通して、建築の仕事は一人でつくるのではなく、チームで協力しながら進めていくことが重要だということがよくわかりました。工程表を考えるときも、チームで考えたほうが効率的だし、いい結果に繋がります。この研修のおかげで、実務にもスムーズに取り組むことができました。


社内の人間関係や雰囲気はどうですか?

同期とは長期間の研修を一緒に受けてきたので、かなり仲よくなれたと思います。オフィスで仕事をしていますが、10数名がこの部署に在籍しています。テレワーク推進を受けて半数ずつ交代でテレワークを行い、毎週金曜日に行われるオンライン会議でみんなと話をしていました。ずっとオンラインで会話していたので、直接会うのは初めてという人に対して緊張することもありましたが、オンラインの印象と同じで、普通に話ができました(笑)。
上司や先輩が普段から当たり前のように丁寧に教えてくれたりしているので、すごくありがたく感じています。


学生のみなさんへメッセージをお願いします。

就職活動をするとき「採用してもらえるかな?」と不安になるよりも、自分に自信を持って挑戦する方がいい結果につながると思います。仲間と情報交換したり、適性テストの勉強をしたり。面接の練習を仲間と一緒にすると、自分が準備していなかった質問を相手にされるということを繰り返し練習できるので、実際の面接現場で戸惑うこともなくなります。
これは私が日常生活でも気をつけていることでもありますが、失敗することを恐れない方がいいと思います。自信は必ず相手に伝わります。
また、恥ずかしいからといって声をかけることを躊躇するのではなく、将来の自分が困らないようにするためにも分からないことは積極的に聞くことも大事だと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)グローバルBIM【鹿島建設グループ】の先輩情報