最終更新日:2022/8/3

(株)建設技術研究所、(株)建設技研インターナショナル[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 建設コンサルタント
  • 建築設計
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査

基本情報

本社
東京都
PHOTO

いろいろな部署と関わる機会があります!

R.Y
2018年入社
総合理工学研究科
建設技術研究所 中部支社河川部

現在の仕事内容を教えてください。

・ダムの土砂バイパス運用検討業務
ダムの上流地点から下流まで土砂が流れるためのトンネルが設置されている川があります。まだ試験運用の段階ですが、このトンネルを本格的に運用したとき、下流にどの程度土砂が運ばれるのか、下流に土砂が流下したとき河川環境にどのような影響を及ぼすかなど、バイパストンネルの本運用に向けた検討を行っています。私は、下流の河床変動計算を実施し、淵に土砂が堆積する様子を再現した計算や、淵に堆積した土砂を流下させる流量規模の算定などを検討しています。


大学時代の研究内容について教えてください。

研究テーマ:千曲川中流域の淵を対象とした地形・流況観測と物質輸送シミュレーション
河川において流下物質がたまりやすいといわれている「淵」を対象とし、地形・流況観測を実施しました。この結果から淵における地形と流れ場の関係を考察しました。さらに、詳細な地形観測の結果を用いて準三次元シミュレーションを行い、淵の流況を再現しました。このシミュレーションに物質輸送の効果を加えることで、淵の地形・流況特性が物質輸送機構にどのような影響を及ぼしているか検討しました。


入社前と入社後のギャップを教えてください。

私が学生のとき考えていたよりも、現地調査や打ち合わせ等で外に出ることが多いと感じました。また、実際に観測機器を扱って自ら観測したり、河川の中を歩き回って調査したりなど、大変ではありますが、日々の仕事でパソコンに向かうことが多い分、現地はとても楽しみな業務のひとつです。また、他部署(とくに環境室)の方と業務を行うことが多いので、河川部だけでは学べないような植物や生物のことも教えもらえる機会があります。


退社後や休日の過ごし方について教えてください。

退社後は運動不足を避けるため、なるべく毎日ランニングを行っています。また、水曜日はノー残業デーなので会社の同期や先輩と飲みに行ったり、友人と予定を入れることが多いです。土日は、大学時代を過ごした長野県に登山やキャンプに行って自然のなかでリフレッシュしています。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)建設技術研究所、(株)建設技研インターナショナルの先輩情報