最終更新日:2022/8/3

(株)建設技術研究所、(株)建設技研インターナショナル[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 建設コンサルタント
  • 建築設計
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査

基本情報

本社
東京都
PHOTO

フィールドは無限大 インフラから防災・減災に貢献できる

T.S
2018年入社
理工学研究科システム理工学専攻
建設技術研究所 東京本社情報・電気通信部

今携わっている仕事の概要について教えてください。

道路や河川に設置するカメラや水位計、消防指令システムの設計等を担当しています。
カメラや水位計は、実際に現地確認をして、最も効率的な設置位置や伝送方法などを検討します。
消防指令システムは、119番通報した際に繋がるシステムを指します。1秒でも早く通報が処理できるよう、システム的な部分から、画面レイアウト、マウスやキーボード等の配置まで様々なことを検討しています。


今の仕事のやりがいを教えてください。

どれも社会的に意義が高いものと感じていることです。
例えば最近は温暖化の影響で強降雨が頻繁に発生して水害が多いと思います。そんな時に私が設計した水位計やカメラの情報によって、住民の方々が適切な避難行動を取れて命を守れたとしたら、それは技術者としてとても嬉しいです。
今の私の設計が、将来、災害時に効果を発揮してくれるということを想像しながら、日々業務に取り組んでいます。


将来の夢を教えてください。

自分の設計で多くの方が安心して暮らせる社会を作り上げることです。
学生時代に河川氾濫について研究していたので、その観点になってしまうのですが、温暖化が進行していく中で水害を発生させないことは不可能だと考えています。このため、いざという時は、カメラや水位計の情報を基に、適切な避難行動を取ることが、最も大事であると思います。自分の設計で、一人でも多くの命が守れたら、喜ばしい限りです。


所属部室の特徴や雰囲気

私が所属している東京本社情報・電気通信部は、雰囲気はとても良好です。ランチはもちろんですが、上司とも飲みに行くことが多いと思います(行きたくない時は断れるのでご安心を(笑))。また毎週水曜日はノー残業デーなので、私は部長を含めた何人かで、皇居ランに行くことが多いです。
業務でわからないことがあっても、上司に聞きに行けば親切に教えてくれるので、とても業務に取り組みやすいと感じています。


社内の部活動について教えてください。

バスケ部に所属しています。練習は1ヶ月に1回程度で、練習内容も5対5が中心で全く厳しくないです(笑) 普段関わることのできない他部署の方々と交流ができる貴重な場と考えています。また年に1度、支社対抗戦があるので、東京だけでなく東北・中部・大阪・九州のバスケ部の方々と交流することができます。バスケ部以外にもたくさん部活動がありますので、各自の趣味に通じて社内交流ができます。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)建設技術研究所、(株)建設技研インターナショナルの先輩情報