最終更新日:2021/10/26

王子グループ[グループ募集]

  • 上場企業

業種

  • 紙・パルプ
  • 商社(紙・パルプ)
  • 化学
  • 環境・リサイクル
  • 商社(薬品・化粧品)

基本情報

本社
東京都
資本金
103,880百万円(2021年3月末現在)
連結売上高
1兆3,590億円(2021年3月期)
連結従業員
36,034名(2021年3月末現在)

領域を超えた挑戦を、共に。~Beyond the Boundaries~

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
王子ホールディングスは、”「鼻セレブ」から電力事業まで”「紙」の領域を超え、幅広く事業を展開しております。
PHOTO
王子ホールディングスは、東南アジアを中心とした海外展開を積極的に推進しており、海外売上比率は約30パーセントを誇るグローバル企業です。

積極的な海外進出と事業の多角化~グローバル総合製紙メーカー~

PHOTO

王子ホールディングスの本社は、東京都中央区銀座にございます(画像参照)。また、東京都江東区東雲に「研究センター」があるほか、全国各地に多くの工場を有します。

国内における洋紙生産のパイオニアである王子ホールディングスは、国内1位、世界4位の売り上げを誇るグローバル総合製紙メーカーです。

〇積極的な海外進出
 王子ホールディングスは「海外事業の拡充」を掲げ、積極的に海外進出をしております。(1)東南アジア・インド・オセアニア地域では、拡大する段ボール事業・生活消費財事業を確実に取り込み、シェア拡大を図っています。(2)南米・北米・ヨーロッパ地域では、旺盛な感熱紙(フィルムなどの特殊紙)需要に対応するため、さらなる設備増強・増設工事を行ことが決定しました(ブラジルではシェア85パーセントを誇ります)。(3)オセアニア・南米地域を中心とするパルプ事業も、引き続き力を入れております。

〇多角化した事業
 王子ホールディングスは、主力事業の1つとしていた「紙」の市場規模が縮小していくことを見据え、事業構造転換を強力に推し進めてきました。その結果、2018年度には営業利益が1100億円となり、過去最高を達成しました(2022年度の営業利益は1200億円と予想し、過去最高を再び更新する見込みです)。展開する事業は、段ボール等の包装資材・ティッシュや紙おむつなどの生活消費財・フィルムや特殊紙などの機能材・パルプ加工事業など、多岐にわたります。

〇持続可能な森林経営
 王子ホールディングスは、1910年代より森林資源のサステナビリティを重視し、現在も森林資源をサステナブル・ビジネスモデルの核と位置づけ、持続可能な森林経営を行ってきました。現在、王子グループが所有・管理する植林事業地は日本国内だけでなく、海外6か国9地域に広がっています。その合計は57万haを誇り、これは国有林に次ぐ広さとなっております。

会社データ

事業内容
"「鼻セレブ」から電力事業まで"「紙」の領域を超え、幅広く事業を展開!
◆段ボール等の包装資材 ◆ティシュや紙おむつなど生活消費財 ◆印刷・情報用紙 ◆フィルムや特殊紙といった製品の製造・加工のほかに、◆パルプ・木材加工事業 ◆プラント・機械エンジニアリング事業 ◆電力事業 ◆水環境事業といった事業を国内外で展開しています。
本社郵便番号 104-0061
本社所在地 東京都中央区銀座4-7-5
本社電話番号 03-3563-4400
創業 1873(明治6)年2月
設立 1949(昭和24)年8月
資本金 103,880百万円(2021年3月末現在)
連結従業員 36,034名(2021年3月末現在)
連結売上高 1兆3,590億円(2021年3月期)
連結営業利益 848億円(2021年3月期)
事業所 【グループ本社】
王子ホールディングス本館・1号館(銀座)

【研究所】
東雲(戦略企画部・ディベロップメントセンター・紙パルプ革新センター・パッケージング推進センター・CNF創造センター)
尼崎(紙パルプ革新センター・CNF創造センター)
※他に、滋賀・香川などに研究所あり。

【工場】
産業資材事業【王子マテリア(株)、王子コンテナー(株)】
釧路、江戸川、富士、呉、大分、佐賀 他
生活消費財事業【王子ネピア(株)】
苫小牧、福島、名古屋、徳島 他
機能材事業【王子エフテックス(株)、王子イメージングメディア(株)】
江別、中津、東海、滋賀、神崎 他
印刷情報メディア事情【王子製紙(株)】
苫小牧、春日井、米子、富岡、日南 他
募集会社一覧 王子マネジメントオフィス(株)
王子ホールディングス(株)
王子マテリア(株)
王子コンテナー(株)
王子ネピア(株)
王子エフテックス(株)
王子製紙(株)
王子グリーンリソース(株)
王子ファーマ(株)
募集会社 ■社名
王子マネジメントオフィス(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、以下にご紹介をするグループ会社へ出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
王子グループの経営支援に係る事業
<特色>
各カンパニーの状況を十分に把握し、業務サポート、アドバイスなどを通して、カンパニー間の業務が的確かつ円滑に進むよう、王子グループの利益極大化に貢献していきます。

■設立
2012年10月
■資本金
1,000万円
■売上高
非公開
■従業員数
71名(2020年3月現在)
■代表者
代表取締役社長 磯野 裕之
■事業所
王子ホールディングス本館
配属予定会社1 ■社名
王子ホールディングス(株)

※王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします
※研究職は、王子ホールディングス・イノベーション推進本部配属となります

<事業内容>
研究開発や総務、管理、安全、環境、コンプラ、内部監査の企業統治に係る分野を担う
<特色>
グループ全体の経営戦略、研究開発や新事業・新製品の創出、事業間シナジーの促進に専念し、グループの企業価値増大に努める。

<ホームページ>
https://www.ojiholdings.co.jp/
配属予定会社2 ■社名
王子マテリア(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。


<事業内容>
板紙(段ボール原紙、特殊板紙、白板紙)、包装用紙、パルプの製造・販売
<特色>
王子グループの中核を担う包装用の紙素材総合サプライヤーとして、様々な包装加工用原紙を製造しており、主要3製品の段ボール原紙・白板紙・包装用紙において、国内生産のトップシェアを獲得しています。

■設立
2001年5月
■資本金
6億円
■従業員数
1,900名(2020年3月現在)
■代表者
代表取締役社長 森平 高行
■事業所
【本社】
王子ホールディングス1号館
【営業所】
北海道営業所、中部営業所、西部営業所、九州営業所
【工場】
名寄工場、釧路工場、日光工場、江戸川工場、富士工場、松本工場、岐阜工場(中津川・恵那)、祖父江工場、大阪工場、呉工場、大分工場、佐賀工場

<ホームページ>
http://www.ojimateria.co.jp/
配属予定会社3 ■社名
王子コンテナー(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
段ボールシート・ケース、包装資材の製造販売 、包装機械の開発・販売
<特色>
王子グループのトータルパッケージサプライヤーです。総合力と技術力を強みとして、様々な機能を持つ段ボール製品を供給しています。またアジアを中心に、積極的に海外進出しています。

■設立
2005年10月
■資本金
100億円
■従業員数
2,087名(2020年3月現在)
■代表者
代表取締役社長 伏野 裕
■事業所
【本社】
王子ホールディングス 1号館(東京都中央区銀座5-12-8)
【北海道】
釧路・札幌工場/北見・帯広・旭川営業所/函館出張所
【東北】
青森・仙台・福島工場/盛岡・秋田事業所/弘前・釜石・新潟営業所
【関東】
霞ヶ浦・つくば・茨城・宇都宮・高崎・埼玉・東京・神奈川工場
【中部】
長野・富士・静岡・名古屋・幸田工場/美粧印刷部富士事業所/山梨・長野営業所/北陸事業所
【近畿】
滋賀・大阪・兵庫工場/美粧印刷部滝野事業所/鈴鹿営業所
【中国・四国】
三原・防府・徳島・愛媛工場/山陰・広島営業所/竹原事業所
【九州】
九州北・熊本工場/福岡・大分・長崎営業所

<ホームページ>
http://www.oji-container.co.jp/
配属予定会社4 ■社名
王子ネピア(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。


<事業内容>
ティシュ及び紙パルプ加工品、ならびに紙おむつの製造、加工ならびに販売
<特色>
『やわらかハート』のスローガンのもと「生活品質=毎日にうれしい高品質」「環境品質=環境への気配り」「社会品質=お客様とともに取り組む社会貢献」の3つの品質を追求しています。

■設立
1971年3月
■資本金
3億5,000万円
■従業員数
845名(2020年3月現在)
■代表者
代表取締役社長 用名 浩之
■事業所
【本社】
王子ホールディングス1号館(東京都中央区銀座5-12-8)
【オフィス(営業拠点)】
札幌オフィス、仙台オフィス、さいたまオフィス、東京オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、広島オフィス、岡山オフィス、福岡オフィス
【工場】
苫小牧工場、福島工場、江戸川工場、富士宮工場、名古屋工場、徳島工場

<ホームページ> http://www.nepia.co.jp/
配属予定会社5 ■社名
王子イメージングメディア(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
感熱紙(紙・フィルム)およびインクジェット用紙の製造・販売
<特色>
国内のみならず、アメリカ、ドイツ、タイ、マレーシア、ブラジルにも子会社を有しており、王子グループの一員として、情報用紙の分野において世界でも確固たるシェアを有しています。

■設立
2012年10月
■資本金
3億5,000万円
■従業員数
465名(2020年3月現在) 
■代表者
代表取締役社長 道川 浩平
■事業所
【本社】
王子ホールディングス1号館
【工場】
神崎工場

<ホームページ> http://www.ojiimagingmedia.co.jp/
配属予定会社6 ■社名
王子製紙(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
新聞用紙、印刷・出版用紙、情報用紙の製造および販売
<特色>
新聞用紙、本や雑誌に使われる出版用紙やカタログ、マニュアルなどの印刷用紙、従来のフォーム用紙、ノーカーボン用紙、コピー用紙など、日々の生活で馴染みのある用紙を製造・販売し、王子グループの売上・収益を牽引する「印刷情報メディアカンパニー」の中核会社です。

■設立
2012年10月
■資本金
3億5,000万円
■従業員数
2,160名(2020年3月現在)
■代表者
代表取締役社長 船田 高男
■事業所
【本社】
王子ホールディングス本館
【営業所】
北海道営業支社、中部営業支社、関西営業支社、九州営業支社
【工場】
苫小牧工場、春日井工場、米子工場、富岡工場、日南工場

<ホームページ> http://www.ojipaper.co.jp/
配属予定会社7 ■社名
王子グリーンリソース(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
パルプ事業、木材事業、植林事業、製紙原料等の調達関連事業の他、エネルギー事業、アグリ事業等の新規ビジネス
<特色>
王子グループの資源・環境ビジネス推進を担う中核企業として様々な新規事業(木質バイオマス等を利用した電力事業、溶解パルプ等)に取り組んでいます。また王子グループが有する豊富な森林資源を活用して国内、海外での木材、パルプに関する戦略策定・事業化・販売業務およびグループ各社が使用する原燃料・資材の調達業務を行っています。

■設立
2012年4月
■資本金
3億5,000万円
■従業員数
44名
■代表者
代表取締役社長 進藤富三雄
■事業所
東京本社

<ホームページ> http://www.oji-green.co.jp/
配属予定会社8 ■社名
王子エフテックス(株)

※王子ホールディングスでは、王子マネジメントオフィス(株)にて一括採用いたします。入社後に研修を行った後、出向・転籍となる可能性があります。
※出向・転籍先で給与等の待遇に大きな差はございません。

<事業内容>
紙類、パルプ類およびその副産物の製造、加工ならびに売買。
合成樹脂加工品、包装資材、化学薬品および不織布の製造、加工ならびに売買。
<特色>
紙・フィルム・異素材繊維などあらゆる素材をシート化します。また当社製品群のうち、成長分野の一例としてコンデンサ用ポリプロピレンフィルムがあります。ハイブリット自動車に使用されているコンデンサ用途では、重要となる薄膜化技術を得意としています。

■設立
2004年10月
■資本金
3億5,000万円
■従業員数
1,014名(2021年3月31日現在)
■代表者
代表取締役社長  島崎 克彦
■事業所
【本社】
〒104-0061 東京都中央区銀座5-12-8 王子ホールディングス1号館3階
TEL:03-5550-3041
王子ホールディングス1号館
【営業所】
西日本営業所(大阪)、中部営業所(名古屋)
【工場】
江別工場、中津工場、滋賀工場、東海工場

<ホームページ>
http://www.ojif-tex.co.jp/
配属予定会社10 ■社名
王子ファーマ(株)

※王子ファーマは王子マネジメントオフィスで一括採用をしておりません。
※応募をご希望の方は、希望職種に「ファーマ」を選択してください。
※王子ファーマについては「薬学ナビ」にも掲載しておりますので。ご興味がございます方はご確認をお願いいたします。

<事業内容>
王子ホールディングスは2020年4月に、メディカル&ヘルスケア領域の事業を担う「王子ファーマ株式会社」を設立しました。国内外の製薬会社や大学と共に木質由来成分を医薬品有効成分として活用する開発を推進しています。

<特徴>
王子ファーマは、王子ホールディングスが培ってきた製紙の知見を活かしながら、製薬に木質資源を役立てる研究・開発を行っております。

■設立
2020年4月
■資本金
1,000万円
■従業員数
非公開
■事業所
【本社】
王子ホールディングス本館
【研究所】
東雲研究所

<ホームページ>
https://ojipharma.co.jp/
沿革
  • 1873年
    • 渋沢栄一により「抄紙会社」設立
  • 1893年
    • 抄紙会社、創業地の名を冠し社名を王子製紙と改称
  • 1949年
    • 王子製紙、過度経済力集中排除法により3社分割、苫小牧製紙となる
      後に王子製紙と改称
  • 1970年
    • 王子製紙と北日本製紙が合併
  • 1979年
    • 王子製紙と日本パルプ工業が合併
  • 1989年
    • 王子製紙と東洋パルプが合併
  • 1993年
    • 王子製紙と神崎製紙が合併、新王子製紙(株)に社名改称
  • 1996年
    • 新王子製紙と本州製紙が合併、王子製紙(株)に社名改称
  • 2001年
    • 板紙部門を分社化し、王子板紙(株)を設立
  • 2004年
    • 特殊紙部門を分社化し、王子特殊紙(株)を設立
  • 2005年
    • 段ボール子会社の王子コンテナー(株)と王子チヨダコンテナー(株)が合併し、王子チヨダコンテナー(株)を発足
  • 2007年
    • 中国に現地合弁会社「江蘇王子製紙有限公司」を設立
  • 2010年
    • マレーシアに東南アジア統括本社「OJI PAPER ASIA SDN.BHD.」を設立
  • 2011年
    • ブラジルに「王子パペイスエスペシアイス(有)」を設立
  • 2012年 
    • 純粋持株会社制に移行し、「王子ホールディングス」に変更

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.0年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.4時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.2日
    2019年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

王子グループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ