最終更新日:2022/4/4

総合地質調査(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 建設コンサルタント
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
3,120万円
売上高
4億200万円(2021年4月)
従業員
26名

沿岸海域の音波探査のエキスパートです

◆海洋調査・機器開発に興味のある方 募集中◆ マイナビからセミナー予約をお願いします! (2022/04/04更新)

PHOTO

総合地質調査株式会社は沿岸海域の地質調査のパイオニアです。50年間蓄積してきたノウハウと新たに考案した調査器材でお客様のニーズにお応えしています。
海洋地質調査を通じて地球の未来に貢献したい方を募集しています。

 ◆◆◆ 下記の技術職を募集しています ◆◆◆

 物理探査系:地球物理、測地、地質、資源などを学んでいる方
 機器開発系:電気・電子、機械、情報処理などを学んでいる方

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
私たちが得意とするのは、地質調査の中でも「海域」の地質調査。人が実際に立ち入ることのできない海底下を探査する専門性の高い業務です。
PHOTO
変化する社会のニーズに応えるべく、沿岸で活躍できる三次元音波探査システムをはじめ、新たな測定機材の開発も積極的に行っています。

海域の地質データを活用し、人々の安全な暮らしを守る

PHOTO

「クライアントの要望に応えた調査を提案、実施する仕事。新しいことを学び続ける姿勢を持ち、自発的にプランを考え、動ける人が活躍できます」(高橋さん/高畑さん)

私たちの仕事は、海域の地質調査とその調査に基づく建設コンサルタント業務です。日常生活ではあまり意識することがないと思いますが、海の近くや海の中には多くの構造物が存在します。沿岸の発電所や洋上の風力発電施設、海底ケーブルなどがあげられます。これらの構造物を建設するにあたり、建設地の地質的な問題点を調べ、ここに建てて大丈夫なのか、どのような工法がよいのかなどの判断材料をクライアントに提供しています。
具体的な仕事ですが、さまざまな地質のデータを収集し,地層や活断層などの分布や性状を把握します。海底の地質を調べるには、陸上での調査のように直接触れる方法ではなく、物理探査という間接的な方法を主に使用します。そのための探査機材は豊富に所有しています。また、建設コンサルタントとして、クライアントが抱える課題に対し、問題解決の手助けを行っています。
専門性の高い海域の地質調査を最新の機材と技術、豊富な経験で的確かつスピーディーにお応えできるのが、当社の強みです。
【技術部 課長 高橋恭平/化学・地球科学専攻修了/2006年入社】

東日本大震災を機に、自分が研究してきた活断層に関する知識を、社会のために活かせる仕事に就きたいと考えるようになりました。研究では陸の活断層を対象としていましたが、自分がまだ研究したことのない海の地質にも興味を持ち始める中で、当社を見つけました。歩いて調査することができない海の調査では、音波や重力を駆使して探査していくという専門的な調査方法にも惹かれました。また、エネルギー産業という大きなプロジェクトに関われることも、当社で働く面白さだと思います。
日々の業務は、海に出て現地調査を行う期間と、とってきたデータをオフィスに持ち帰り解析する期間とに分けられますが、両方をこなし調査目的に即した報告書にまとめるまでが私の仕事です。海での仕事は体力的・精神的に大変なこともありますが、集めたデータが最終的に防災に活用されており、豊かな生活や安全な暮らしに関わる仕事をしているという手応えを感じることができます。
【技術部 技師 高畑萌子/地球生物圏科学専攻修了/2016年入社】

会社データ

プロフィール

総合地質調査(株)は卓越した物理探査技術を武器に海域の地質調査のエキスパートとして、半世紀以上にわたり国土防災、構造物の立地、地下資源などの調査に貢献してきました。特に沿岸海域の調査では業界のパイオニア的存在であると自負しています。今後も蓄積した技術・豊富な経験・新手法の考案などで変化する社会のニーズに積極的にお応えしていきます。

事業内容
主に海域の地形・地質・地質構造等に関するデータの取得・解析・評価・コンサルティング、並びに測定機器の開発・保守

業務は現地業務と室内業務に大別されます。

【現地業務】
国土防災の一環である海底活断層調査、港湾施設などの構造物立地に際し行われる海上土木調査など。
以下は主な調査手法と適用範囲です。
■海上音波探査
 ・反射法探査:地質・地質構造調査、活断層調査、海底地すべり調査、
        地下資源探査、洋上風力発電立地調査
 ・屈折法探査:地質・地質構造調査
■海底重力探査
 地質構造調査、断層調査
■海底面調査
 活断層調査、海底地すべり調査
■海底試料採取
 地質・地質構造調査、活断層調査

【室内業務】
現地業務で持ち帰ったデータや試料を室内で処理・分析・解析します。その結果をまとめ、クライアントに報告します。また、クライアントが抱えている問題についてもコンサルティングします。
以下は主な処理・分析・解析手法と適用範囲です。
■反射法データ処理・断面解釈
 地質・地質構造調査、活断層調査
■地質文献調査
 地形、地質、地質構造、地球物理等

PHOTO

創立以来、海域地質調査における高い技術力でクライアントから多くの信頼を獲得してきました。取引先は電力会社、国立研究機関、民間建設会社など多数。

本社郵便番号 140-0001
本社所在地 東京都品川区北品川1-8-20 第二林ビル
本社電話番号 03-3450-9501
設立 1967年9月
資本金 3,120万円
従業員 26名
売上高 4億200万円(2021年4月)
沿革
  • 1967年9月
    • 総合地質調査(株)を設立
  • 1973年1月
    • 本社を東京都港区高輪4-22-8へ移転
  • 1995年3月
    • 本社を東京都品川区北品川1-8-20へ移転
  • 2002年9月
    • ISO9001の認証取得
  • 2017年9月
    • 創立50周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(ビジネスマナー)
・ISO研修
自己啓発支援制度 制度あり
・資格取得支援
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、信州大学、千葉大学、東京大学、弘前大学、山口大学、横浜市立大学、早稲田大学
<大学>
岩手大学、愛媛大学、筑波大学、東海大学、広島大学

採用実績(人数)       2020年度 2021年度 2022年度予定
 ----------------------------------------------------
  大卒   0名    0名    0名
  院了   1名    2名    1名
採用実績(学部・学科) 理学部・工学部・理工学部・国際資源学部・海洋学部

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp242939/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

総合地質調査(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
総合地質調査(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 総合地質調査(株)の会社概要