最終更新日:2021/12/6

JCOM(株) 【理系技術職】 (旧: (株)ジュピターテレコム )

業種

  • 通信・インフラ
  • 放送
  • 芸能・映画・音楽

基本情報

本社
東京都
資本金
376億円
売上高
7,857億円(連結) (2020年度)※国際会計基準(IFRS)
従業員
グループ総計16,857名 (2021年3月末現在)

【理系技術職向け】「地域の総合サービス事業者」としてのJ:COMで「次世代のインフラ」を築く技術者への一歩を!

会社紹介記事

PHOTO
このページは理系技術職向けです。文系職種(営業、メディア、事務)は「ジュピターテレコム(J:COM)」ページから!(マイナビで「ジュピターテレコム」で検索!)
PHOTO
幅広い事業を展開している当社だからこそ、色々な業務を通して成長できる環境があります。

可能性を広げるチャンスが豊富。多様な経験を通して、幅広い視野を獲得できる

PHOTO

福崎さん「社員の皆さんが優しく、先輩たちは若手社員の成長を全力でサポートしてくれます。研修制度も充実しており、社外研修の受講なども希望すれば後押ししてくれます」

高専への進学を決めたのは、将来、理系分野で活躍したいと考えたからです。同じ高専から就職していた先輩に薦められて、在学中に当社のインターンシップに参加。そこで、当社が手掛ける幅広い事業領域、アットホームな雰囲気に惹かれ、卒業後はここで働こうと決めました。

入社後、4・5月の新卒全体研修に続き、8カ月間にわたる技術領域の研修を受けました。この間、座学ばかりではなく、お客さま宅を訪問してのサービス機器の導入工事などを通し、実践的な知識・スキルを身に付けていくことができました。高専時代の同級生と研修について話す機会があったのですが、当社の研修はとても手厚いものだと分かりました。

研修後、配属されたのは、社内のさまざまなシステムを構築・運用するシステム技術部。最初に任された業務は、部署で使う申請書・稟議書の作成でした。このほか、社内向け設備管理システムの整備にも携わりました。
その後、2018年4月から現在の部署に異動。通信、放送信号の送受信装置設備から上位ネットワーク機器、サーバー機器の監視業務に携わっています。私の所属するグループでは、全国の機器を24時間・365日体制で監視しています。なんらかの障害が検知された際は、その箇所の特定、状況分析を行うと同時に、スピーディーに関連部署と連携し、1次復旧にあたらなければなりません。直接、サービス品質に影響する仕事だけに、日々、責任感を持って仕事に臨んでいます。高度な知見・スキルが必要であり、お客さまへの影響も大きい仕事だけに、一つの障害を解決できた時の喜びも大きいですね。
また、当社では機器に起因する障害の影響を最小限にとどめるため、同じ機能をもつ機器であっても、複数のメーカーから調達するようにしています。そのため、メーカー毎に異なる設定、仕様など覚えなければならないことも多いですが、新しい技術にふれるチャンスも豊富にあります。

これからも、いろんな仕事にチャレンジしながら、視野を広げていきたいと考えています。当社には多岐にわたる仕事に取り組む環境があります。一つひとつについて、高い知見を培っていきたいですね。また、これまで既存システムの運用に関わってきましたが、近い将来、自分の手で一からシステムを構築する仕事にもトライしてみたいです。

■福崎 結美(2016年入社/電子情報通信工学専攻卒)
運用管理部 ネットワークオペレーションセンター

会社データ

事業内容
※このページはJCOMの【理系技術職】向けの情報です。
文系職種のインターンシップを志望の方はジュピターテレコム(J:COM)よりエントリーをお願いいたします。

【ケーブルTV事業】
・ケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話、モバイル、電力、ガス、HOMEIOTなど生活インフラサービスの提供

【メディア事業】
・各種専門チャンネルへの出資、運営
・各種VODサービスへのコンテンツ調達、販売
・映画の企画製作、配給

PHOTO

暮らしを支える多彩なサービス。その根底を支えるのが技術職の仕事です。最先端かつ地域に貢献できる技術を習得できます。

本社郵便番号 100-0005
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館
本社電話番号 お電話での問合せは受け付けておりません。
問い合わせ先 Mail:jcom-23@saiyo.to-entry.jp
設立 1995年1月18日
資本金 376億円
従業員 グループ総計16,857名 (2021年3月末現在)
売上高 7,857億円(連結) (2020年度)※国際会計基準(IFRS)
事業所 本社(東京都千代田区)、北海道(札幌)、東北(仙台)、関東、関西、
九州・山口(福岡、北九州、下関、熊本)
代表者 代表取締役会長   井村 公彦 (Hirohiko Imura)
代表取締役社長   石川 雄三 (Yuzo Ishikawa)
株主構成 KDDI(株)
住友商事(株)
グループ会社 (株)ジェイコム札幌
(株)ジェイコム東京
(株)ジェイコム湘南・神奈川
(株)ジェイコム埼玉・東日本
(株)ジェイコム千葉
土浦ケーブルテレビ(株)
横浜ケーブルビジョン(株)
(株)ジェイコムウエスト
(株)ジェイコム九州
(株)ケーブルネット下関
大分ケーブルテレコム(株)
ジェイコム大分エンジニアリング(株)
臼杵ケーブルネット(株)
大分県デジタルネットワークセンター(株)※
グリーンシティケーブルテレビ(株)※

ジュピターエンタテインメント(株)
ジュピターゴルフネットワーク(株)
(株)ジェイ・スポーツ
チャンネル銀河(株)
ディスカバリー・ジャパン(株)※
(株)AXNジャパン※
(株)エー・ティー・エックス※
(株)ジュピタービジュアルコミュニケーションズ
アスミック・エース(株)
(株)プルークス
(株)インタラクティーヴィ※
アイピー・パワーシステムズ(株)
(株)エニー
ジュピターショップチャンネル(株)
(株)ジェイコムハート
日本デジタル配信(株)※
オープンワイヤレスプラットフォーム(同)※
(株)SBS M&C※
ゴルフネットワークプラス(株)
株式会社ザクア
ジェイコム少額短期保険株式会社

※当社の出資比率が20%以上50%以下の議決権を保有している持分法適用対象会社です
沿革
  • 2020年
    • ・ホーム IoT サービス「J:COM HOME」リニューアル
      ・「ネットあんしん保険」販売開始
      ・「ライドシェアサービス」の実証実験を実施
  • 2019年
    • ・次世代テレビサービス「J:COM LINK」を提供開始
      ・訪問サポート事業者(株)ザクアを連結子会社化
      ・J:COM NETのオプションサービス
       「J:COMメッシュWi-Fi」を提供開始
      ・オンライン診療システム国内初実証実験開始
      ・ホームIoTサービス「J:COM HOME]提供開始
  • 2018年
    • (株)プルークスを連結子会社化
  • 2017年
    • 国内最大級の電子雑誌読み放題サービス
      「J:COMブックス」提供開始
  • 2016年
    • ・ジュピターショップチャンネル(株)を連結子会社化
      ・「J:COM電力 家庭用コース」提供開始
      ・大分ケーブルテレコム(株)を連結子会社化
  • 2015年
    • ・イベント興行・プレイガイド事業者(株)
       エニーを連結子会社化
      ・モバイルサービス「J:COM MOBILE」を提供開始
      ・4K専門チャンネル「ケーブル4K」の放送を開始
  • 2014年
    • ・スマートテレビサービス第二弾:J:COM独自開発の
       「Smart J:COM BOX」の提供を開始
      ・JCN合併、本社機能をJ:COMに統合
      ・4K試験放送スタート
  • 2013年
    • ・ケーブルテレビ事業者向けIP‐VODサービス
       「milplus(みるプラス)」を提供開始
      ・電力一括受電事業者アイピー・パワーシステムズ(株)を
       連結子会社化
      ・J:COMのスマートテレビサービス第一弾:
       「Smart TV BOX」を提供開始
      ・ジャパンケーブルネット(株)(JCN)を連結子会社化
  • 2013年
    • ・マンション向け電力一括受電サービス「J:COM電力」を
       関東1都5県で開始
      ・「J:COM Wonder Studio」に日本初の
       「ざっくぅ」グッズ専門店「ZAQ STORE」をオープン
      ・リニューアルした2つのコミュニティチャンネル
       「J:COMチャンネル」「J:COMテレビ」を放送開始
  • 2012年
    • ・いつでもどこでもVODサービスが楽しめる
       「Xvie(クロスヴィ)」サービスを提供開始
      ・J:COMオン デマンドの見放題サービス「メガパック」を
       提供開始
      ・ホームネットワークサービス「J:COMおまかせサポート」を
       提供開始
  • 2012年
    • ・新割引サービス「auスマートバリュー」の適用開始
      ・アスミック・エース エンタテインメント(株)
       (現:アスミック・エース(株))を連結子会社化
      ・東京スカイツリータウン(R)に初のコンセプトショップ
      「J:COM Wonder Studio」をオープン
  • 2011年
    • ・総加入世帯数が350万世帯突破
      ・東京急行電鉄(株)と共同で横浜ケーブルビジョン(株)の
       株式を取得し連結子会社化
      ・J:COM NETのサービスキャラクターとして「ざっくぅ」を
       全国展開
  • 2010年
    • ・住友商事(株)、KDDI(株)とともに、三社間の
       アライアンス関係の構築に関する覚書を締結
      ・高速モバイルインターネット「J:COM WiMAX」を提供開始
  • 2009年
    • ・(株)テクノロジーネットワークス発足
      ・(株)ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング
       (現:(株)ジェイ・スポーツ)を連結子会社化
  • 2008年
    • ・「J:COM緊急地震速報」を提供開始
      ・(株)メディアッティ・コミュニケーションズを
       連結子会社化総加入世帯数が300万世帯突破
  • 2007年
    • ・下り最大160Mbpsの超高速インターネットサービスを
       提供開始
      ・(株)ジュピターTVを吸収合併
      ・チャンネル銀河(株)を設立
  • 2006年
    • ・関西マルチメディアサービス(株)の経営権を取得
      ・ハードディスク内蔵型STB「HDR」を提供開始
      ・ケーブルウエスト(株)の経営権を取得
  • 2005年
    • ・VODサービス「J:COMオンデマンド」を提供開始
      ・ブランド名を「J-COM Broadband」から「J:COM」に変更
      ・総加入世帯数が200万世帯突破
  • 2004年
    • ケーブルテレビデジタルサービス「J:COM TV デジタル」を提供開始
  • 2001年
    • 総加入世帯数が100万世帯を突破
  • 2000年
    • (株)タイタス・コミュニケーションズを統合
  • 1999年
    • 高速インターネット接続サービスを提供開始
  • 1997年
    • 固定電話サービスを提供開始
  • 1995年
    • 住友商事(株)とTele-Communication International,Inc.(現:Liberty Global, Inc.) の合弁会社として設立
      ケーブルテレビサービスを提供開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.8年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.1日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

JCOM(株) 【理系技術職】 (旧: (株)ジュピターテレコム )と業種や本社が同じ企業を探す。
JCOM(株) 【理系技術職】 (旧: (株)ジュピターテレコム )を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ