最終更新日:2022/7/23

(株)スズキモーター和歌山

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 専門店(自動車関連)
  • 損害保険

基本情報

本社
和歌山県
PHOTO

最初は「車の営業なんて、自分にできる?」

金崎 悦三
2015年入社
26歳
帝塚山大学
人文学部 日本文化学科
アリーナ岩出バイパス 直販課
カーライフアドバイザー

現在の仕事内容

スズキアリーナの店頭にこられたお客様に新車を提案するのが営業の仕事。車種を決めている方には「なぜ、その車が欲しいのですか?」ということをお聞きすることから話を始めます。 どんどん質問していくと、本当にその車を求めているのではないのでは?と思うこともあります。そのときは「こういうのもありますよ」と別の車を提案。売れればいいというものではなく、納得した上で買っていただきたいですから。


今の仕事のやりがい

一番うれしいのは、やはり車が売れたときです。すごく達成感がありますね。
私には「これ」といった武器があるわけではありません。
ただ、お客様には熱意と信念をもって提案するよう心がけています。連絡をまめにとり、確認をしっかりすることも忘れないようにしています。入社したての頃は、いろいろ抜けてしまうことがあったので、そういうことがないよう、「色はこちらで間違いないですか?」「こういうオプションもありますが、いかがですか?」と確認を怠らないように。 その努力が実り、数字につながるとやりがいを感じます。
2016年度、2017年度、最多販売賞(直販課)を受賞できたのもうれしかったです!


この会社に決めた理由

和歌山で就職したいと思い、運輸や飲食など業種にこだわらず見ていました。最終的に当社に決まったのですが、特別車が好きだったわけでもないんですよ。見学会に来て、人の温かさを感じて、「いい人たちがいるんだな」と思って面接を受けて…と流れに乗っているうちに決まっていたというか(笑)。

内定をいただいてからの方が現実味がわいて、「車の営業なんて厳しいのでは?」「自分にできるのか?」と不安が押し寄せてきた感じ。でも、仕事に慣れていくうちにそんな不安もなくなりました。いろんなお客様と会話ができて、情報も入ってくる楽しさの方が大きかったんです。


入社してから今までで印象に残っていること

3年ほど前に『エブリイワゴン』を買って以来、親しみを持って接してくださっているお客様がいるんです。
その方の娘さんがつい先日、『スペーシア』を買ってくださり、まもなく納車。その後、お友達が『エブリイ』、続いて別のお友達が軽トラの『キャリィ』と短期間にご紹介で3台を購入していただきました。 娘さんやお友達の商談の際も話がスムーズにできるよう、間に入ってくださいました。紹介だけでなく私のサポートまでしてくれて、本当に感謝しています。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)スズキモーター和歌山の先輩情報