最終更新日:2021/3/16

DCM(株)

業種

  • ホームセンター
  • 専門店(複合)
  • インテリア・住宅関連
  • 日用品・生活関連機器
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
4,347億円※2020年2月期実績
従業員
4,248名※2020年2月時点

~Do Create Mystyle~「くらしの夢をカタチに」 より便利で快適なくらしを提供します!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
DCMとして全国に展開をし各ブランドのホームセンターが地域に密着した店舗運営をしています。商品開発や地域に合わせた店舗展開を通して「社会のインフラ」を目指します。
PHOTO
商品を売るだけでなく、常に新たな価値を創造。より高いお客さま満足を目指し、自社ブランド製品の開発にも力を注ぐなど、メーカーとしての側面も持ち合わせている。

ホームセンター業界の変革に挑む企業で、業界の未来を創造するダイナミックな仕事を!

PHOTO

商品本部 商品統括部オフィスマネジャーの岸脇さん。店舗の売場担当、チーフ、副店長とキャリアアップを果たし、現在は本部と店舗との橋渡し役として活躍中だ。

先輩社員紹介
(商品本部 商品統括部オフィスマネジャー 岸脇 雄哉 2009年入社)

1.DCMとは
業界のリーディングカンパニーとして5つのブランドのホームセンターを全国に670店舗以上を展開し、
ホームセンター業界の再編をけん引しています。
ホームセンターは、いわば暮らしのインフラです。
「くらしの夢をカタチに」という経営理念のもと、
私たちは様々な挑戦を続けています。
ECサイトや自社ブランド、リフォーム・DIY事業等、
すべてはお客さまの「くらしの夢をカタチに」
するために展開しています。

2.本部も「お客さま満足」を追求
各店舗はもちろん、本部においても
現場の意見を大切にした経営を実践しています。
リアル店舗という最大のマーケティングを活かしながら
店舗と本部が迅速に連携を取ることにより
お客さまの声を反映しやすい体制を整えています。

3.すべての経験が今につながる
当社では、ジョブローテーションで
幅広い業務を経験できます。
私も店舗をベースとしてキャリアアップした後、
現在は本部で契約書の管理や会議の運営を担当しています。
情報発信の際は店舗側が理解しやすい工夫を行うなど、
現場経験が今に活きています。

4.会社の更なる成長へ向けて
成熟社会となり、お客さまの価値観が
多様化するこの時代、DCMはホームセンターとしての1社ではなく
生活快適化総合企業への変革を目指しています。
今後は、様々なことにチャレンジができるこのDCMという会社で
力強く前進し、多角的な視点で物事を考えられる人材が活躍していくことに
なると思います。
素敵な仲間との出会いを楽しみにしています!

会社データ

事業内容

【DCMグループとは】
日本全国に広がるDCM店舗網を生かして、お客さまに満足していただける商品やサービスを提供しています。 2つのDCM「Demand Chain Management お客さま視点からの流通改革,Do Create Mystyle くらしの夢をカタチに」を理念に掲げ、お客さまにより便利で快適な暮らしを提供できるよう、企業全体で取り組んでいます。

【地域に根差した店舗ブランド】
当社は「DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや」、地域に根差した5つの店舗ブランドを全国に展開しています。
企業規模を生かし、ビックデータを活用したマーケティング、コストパフォーマンスの高い商品調達・商品開発を実現しています。 日本最大のスケールメリットを活かしながら、地域のお客さまのお役に立つ店づくりを推進しています。

【専門店の展開】
ホームセンター以外にも専門店事業として、工具・金物・作業用品を専門的に取り扱う「プロショップホダカ」をはじめ、インテリア&リフォームの専門店、ペットの専門店、園芸用品の専門店、自転車やレジャー用品の専門店、介護用品の専門店など幅広いジャンルで専門店を展開しています。
お客さまに『快適なくらし』をご提案するお店であるために、快適なショッピング環境とご満足いただける品揃え・サービスの提供を目指し、常に革新と創造に取り組んでいます。

【お客さま目線での商品開発】
メーカーとして、お客さま視点で特長のある革新的な商品の開発 品質」「価格」「価値」を追求したオリジナルブランド【DCMブランド】を展開し、お客さまの毎日の生活を豊かにする数多くの商品を開発し続けています。
商品やサービスを提供するだけではなく、メーカーとしての側面も担っています。

【DCMは更に次のステップへ】
2021年3月には、グループは、一社に統合し、DCMは1つの会社に生まれ変わりました。「モノ」から「コト」という消費トレンドの変化やIT・デジタル化、物流改革等の進展等に対応すべく、DX・DIYを核とする商品・サービスの開発に取り組む等、お客さまの快適なくらしを総合的に支える「生活快適化総合企業」として、より一層成長を続けていき、「お客さまのくらしの夢をカタチに」することを実現していきます。

PHOTO

【お困りごとの解決】ホームセンターではお客さまが何かに困って来店されることが多く、その手助けをするために、ご要望に沿った商品やサービスの提案を行います。

本社郵便番号 140-0013
本社所在地 東京都品川区南大井6-22-7 大森ベルポートE館
本社電話番号 03-5764-5211
設立 2021年3月1日
資本金 1億円
従業員 4,248名※2020年2月時点
売上高 4,347億円※2020年2月期実績
沿革
  • 2002年5月
    • (株)カーマとダイキ(株)が業務提携
  • 2003年2月
    • (株)カーマ、ダイキ(株)、ホーマック(株)の3社による業務・資本提携締結
  • 2003年5月
    • (株)カーマ、ダイキ(株)、ホーマック(株)、三井物産(株)との4社で、共同仕入会社「DCM Japan(株)」を設立
  • 2005年7月
    • 三社 経営統合を発表
  • 2006年9月
    • DCM Japanホールディングス(株)設立
  • 2007年12月
    • (株)オージョイフルの全株式を取得し、完全子会社化
  • 2008年6月
    • ダイキ(株)が、(株)ホームセンターサンコーの株式を取得し、子会社化
  • 2009年3月
    • ダイキ(株)が、(株)オージョイフルを吸収合併
  • 2009年9月
    • 大阪証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所の上場廃止(東京証券取引所は継続)
  • 2010年3月
    • 子会社のDCMジャパン(株)を吸収合併
  • 2010年6月
    • DCMホールディングス(株)に商号変更
  • 2011年2月
    • ホーマック(株)が、子会社ダイレックス(株)の株式を(株)日立物流に譲渡。連結対象外となる。
  • 2014年10月
    • (株)カーマが、(株)ホームエキスポの全株式を取得し、完全子会社化
  • 2015年3月
    • (株)カーマが、(株)ホームエキスポを吸収合併
  • 2015年3月
    • (株)カーマ、ダイキ(株)、ホーマック(株)がDCMカーマ(株)、DCMダイキ(株)、DCMホーマック(株)に商号変更
  • 2015年7月
    • (株)サンワドーの株式を株式交換により取得し、完全子会社化
  • 2015年7月
    • (株)サンワドーがDCMサンワ(株)に商号変更
  • 2016年12月
    • (株)くろがねやの株式を株式交換により取得し、完全子会社化
  • 2016年12月
    • (株)くろがねやがDCMくろがねや(株)に商号変更
  • 2017年1月
    • (株)ケーヨーと資本業務提携を締結。(株)ケーヨーが持分法適用関連会社となる。
  • 2021年3月
    • ホームセンター事業を展開する子会社(DCMカーマ(株)、DCMダイキ(株)、DCMホーマック(株)、DCMサンワ(株)、DCMくろがねや(株))5社を2021年3月に統合

      本統合により「DCM株式会社」へと生まれ変わる

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.6年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9.6時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.1日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

DCM(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ