最終更新日:2021/10/18

日本赤十字社 岡山赤十字病院

業種

  • 医療機関

基本情報

本社
岡山県
PHOTO

私たちのモットーは“和と笑顔”です

山本 水緒
2021年入社
24歳
就実大学 
薬学部薬学科
岡山赤十字病院 薬剤部

志望した動機や入社を決めた理由

大学時代に実務実習でお世話になった際、多職種と連携して医療を提供している先輩薬剤師の姿を拝見して、岡山赤十字病院薬剤部の一員として社会に貢献したいと思ったからです。また、将来専門資格を取得したいと考えていたため、専門薬剤師や認定薬剤師の先輩方が多く在籍する急性期の総合病院で働きたいと思い、入職を決めました。


現在の仕事について

1年目は調剤課、管理課、製剤課の3部署を1週間単位でローテーションしており、それぞれの部署で違う仕事をしています。調剤課では、外来や入院患者さんの内服薬を準備するほか、医師からの問い合わせ対応や調剤薬局からの疑義照会対応も行っています。管理課では、主に入院患者さんの注射薬や病棟の定数薬を補給しています。投与速度や配合変化が問題ないか等しっかりと確認しています。製剤課では、抗がん剤の調製や高カロリー輸液の混注、院内製剤の作成を行っています。無菌的に行う作業のため、慎重さや正確性が求められます。


仕事のやりがい、印象的なエピソードや苦労したこと

1週間ごとに部署が変わり幅広い薬に触れられるため、毎週新たな気持ちで仕事に臨むことができます。また、医師や看護師、患者さんからの問い合わせに対応することで、薬剤師の必要性を日々実感しています。
中でも印象深かったのは、医師へ処方提案を行った際に「いつもありがとう。助かります。」という言葉をいただいたことです。些細なことでも、自分の提案が患者さんや病院にとって良い方向に働いたと分かり、とてもやりがいを感じました。


当面の目標や将来の夢

当面の目標は、業務に慣れていき、薬剤師としての基盤を作ることです。今は業務を覚えることで手一杯な部分があり、知識が不足している部分も多くあります。日々変化していく医療現場に対応するため、知識のアップデートは欠かさずに、幅広い分野の勉強をしていきたいです。将来的には自分が興味のある分野や得意分野を見つけて専門資格を取得していき、患者さんや医療従事者から名前を呼んでもらえる薬剤師になることを目標にしています。


学生の皆さんへ

少しでも興味がある職場は、積極的に見学へ行くとよいと思います。また、自分の中で理想の薬剤師像をしっかりと持っておくと、見学の際にイメージが湧きやすく、入職後のギャップが減ると思います。そして本格的に就職先を決断する前には、実際に働いている先輩方の声をできる限り聞いておくべきだと思います。
病院薬剤師は大変そうと思われるかもしれませんが、多くの人と関わることができ、とてもやりがいのある仕事です。これを機に、病院薬剤師に興味を持っていただけたら幸いです。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ