最終更新日:2021/12/7

檜山工業(株)

業種

  • 精密機器
  • その他電子・電気関連
  • 日用品・生活関連機器

基本情報

本社
茨城県
資本金
9,900万円
売上高
18億円
従業員
162名

第43回「グッドカンパニー大賞」において「優秀企業賞」を受賞!働きやすい環境です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「スリット加工技術」など、さまざまな高い技術力を誇る檜山工業。従業員同士の連絡も密で、部署の壁を越えた協力体制も同社の技術力の源になっている。
PHOTO
社員の定着率の高さにも注目してほしい。若い社員を先輩たちが丁寧に教えるなど、若手を大事に育てていこうとする思いが強く、安心して成長できる環境が整っている。

スリット加工技術のプロ、そして世界基準の技術者を目指そう!

PHOTO

国内外に複数の拠点を展開する檜山工業。総面積567平方メートルのクリーンルームも自社内に保有しており、そのハイクオリティな製造環境も信頼される理由の一つ。


●そもそもスリット加工とは?
工場を取り扱うニュース映像などを見ると、たまに大きなロールに巻かれたフィルムや薄い金属箔を目にすることがあると思います。それらはスリッターと呼ばれる機械によって、ロールが流れると同時に裁断され、裁断された素材は再び別のロールへと巻かれていきます。この過程を「スリット加工」と呼び、裁断されるものは銅板、紙、PET等のフィルムなど実に多種多様です。このスリット加工が当社の主要な事業であり、その品質を高く評価され60年の歴史を築いてきました。毎日使っているノートパソコンなどにはリチウムイオン電池が採用されています。この主要部材であるセパレータフィルムも、当社は自社内のクリーンルーム内で数多くスリットしています。このリチウムイオン電池が発火するというニュースを聞いたことのある人も多いでしょう。このような事態を招かないためにも、クリーンルーム内で行われる品質の高いスリット加工が求められるのです。

●檜山工業の技術者になる意味
おかげさまで檜山工業は順調に成長してきました。しかし一方で、新しい領域を開拓できる技術者を求めています。携帯電話が使われ始めた頃、そのプリント基板に使われる部材なども当社は非常に多くスリットしてきました。しかし携帯電話が予想以上に普及したことで、結果的に取引先でもある大手メーカーが自社でスリットできる技術を構築していきました。当社に限らず我々のような「技術」を売りにしている製造業は、常に先駆者とならなければ、厳しい時代を乗り切ることはできないと考えています。そういう意味でも若い技術者には、私たちがこれまで挑戦してこなかった領域のスリット加工、さらにコンバーティング加工に切り込んでいってほしいと考えています。檜山工業で得られる技術は、経験値+センスが必要です。これをカバーできるロボットは今のところなく、技術者として長いキャリアを得ていくことも可能でしょう。当社は海外拠点を持つグローバル企業でもあり、本人が望む場合は年齢・経験問わず海外拠点で責任ある立場を務めてもらいます。新しい領域を広げる、グローバル視点を持つ技術者。当社でなら、これからの時代にふさわしい技術者になれますよ。(総務部部長 檜山誠さん)

会社データ

事業内容
・フィルム・金属・テープのスリット加工
・粘着塗工品の製造
・光部品の製造、硝子加工
本社郵便番号 312-0062
本社所在地 茨城県ひたちなか市高場1730-11
本社電話番号 029-212-6881
創業 1961年10月
資本金 9,900万円
従業員 162名
売上高 18億円
事業所 【本社】
茨城県ひたちなか市高場1730-11

【勝田事業所】
茨城県ひたちなか市高場1730-11

【東海事業所】
茨城県那珂郡東海村村松字平原 3115-5

【金砂事業所】
茨城県常陸太田市箕町 1075-7

【那須事業所】
栃木県那須塩原市井口 1190-13
関連会社 【桧山テープ株式会社】
茨城県日立市十王町伊師字十王前 20-11
沿革
  • 1961年
    • 創業
  • 1963年
    • 小木津工場操業
  • 1965年
    • 設立
  • 1970年
    • 勝田事業所操業
  • 1974年
    • 田尻工場操業
  • 1983年
    • 金型事業所設立
  • 1990年
    • 塗工事業所操業
  • 1994年
    • 日立南部事業所操業
  • 1997年
    • NEXUS(香港)設立
      光部品事業所操業
  • 1999年
    • フォトニクス事業所操業
      本社を日立市へ移転
  • 2000年
    • 光部品大みか事業所操業
  • 2002年
    • 桧山テープ設立
  • 2005年
    • 金砂事業所操業
  • 2006年
    • 名取事業所操業
      下館事業所操業
  • 2007年
    • 檜山電子薄膜(蘇州)設立
      那須事業所設立
  • 2011年
    • 創立50周年
  • 2012年
    • 檜山電子薄膜(深セン)設立
      檜山電子薄膜(天津)設立
      檜山電子薄膜(香港)設立
  • 2013年
    • 常陸太田市太陽光発電設備稼働
  • 2016年
    • 本社をひたちなか市へ移転

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.7年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12時間
    2020年度

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

檜山工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
檜山工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ