最終更新日:2022/7/4

MOLケミカルタンカー(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 海運

基本情報

本社
東京都
資本金
SGD 262,369,867(2021年6月30日時点 MOL Chemical Tanker Pte. Ltd.)
売上高
USD 826million (2020年度 MOL Chemical Tankersグループ全体)
従業員
127人(2022年4月30日時点 MOL Chemical Tankers Pte. Ltd.)

MOL(商船三井)グループの国際海運会社。ケミカル輸送分野のリーディングカンパニーを自身の成長の舞台に!

採用担当者からの伝言板 (2022/07/04更新)

┏━━━━━━━━━━━━━━━――┓
┃◆ セミナーおよび会社説明会情報 ◆ ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━―━┛

┃初めまして!!MOLケミカルタンカー(株) 採用担当です!
 当社採用ページをご覧いただきありがとうございます。
 2023年度卒の新卒採用を実施中です。

会社紹介記事

PHOTO
今年で創業50周年。 1996年より商船三井グループの子会社となり、安定的な成長を遂げています。
PHOTO
液体化学品や植物油等の海上輸送のスペシャリストとして、世界中を舞台に活躍を続けています。

どこまで成長できるか――。数年後の自分が楽しみな会社

PHOTO

■刺激と多様性溢れる環境で、勝負したい

幼少期をアメリカで過ごし、高校から日本で暮らすようになった私は、海外の自由度の高さや刺激のある環境に魅力を感じていました。MOLケミカルタンカーを志望したのは、当時、入社1年目からシンガポール本社で勤務でき、国籍も人種も多様な人が集まる国で多文化に触れながら成長できることに魅力を感じたからです。また、裏方から社会を支える仕事にも興味があったので、海運業を展開する当社はまさに理想的な会社でした。

■実感するのは、司令塔としての責任とやりがい

現在はシンガポール本社で、液体化学品や植物性油脂類を輸送するケミカルタンカーの運航管理を担当しています。具体的には、船の船長や荷主であるお客様、現地の代理店など関係各所と連絡を取りながら、荷物をどのように船に積み付けて、どう効率よく船を運航するか考え手配を行う仕事です。
船は世界中を回っています。長期間の航海中には、天候不良や乗組員の体調不良など、さまざまな事態が発生しますが、各所と密接にコンタクトを取りながら解決策を講じていくこともまた、自分のミッション。重大な責任を感じながらも、国籍も文化も多様な人たちとビジネスを超えた人間同士の信頼関係が築かれていくのは大きなやりがいです。

■世界を舞台に、自身の可能性を追求し続ける

シンガポールでの住居や生活面は会社が手厚くサポートしてくれるので、現地の暮らしに不安はありません。現在は在宅勤務が基本ですが、何かあれば上司に連絡をとってアドバイスをもらえるので心強いです。世界各国と連絡を取り合う日々ですが、最近はトラブルが起きそうな時期がある程度予測できるようになり、計画的に予定が組めるようになりました。また、新たな発見だったのが、特にアジア圏などの人にはネイティブな英語よりもジャパンイングリッシュの方が伝わりやすいということ。多様性ある相手にいかにわかりやすく伝えるか、経験を積む中でコミュニケーションのコツが身についてきました。今の業務をマスターしたら、会社の全体像を俯瞰するために、営業など他の職種も経験したいと思っています。数年後の自分は何ができるのか、楽しみで仕方ないですし、まだまだ可能性を広げていきたいから、この先も挑戦は尽きません。

(Operations Department 前田 康臣/2019年入社)

会社データ

プロフィール

■世界トップクラスのケミカル船社

MOLケミカルタンカーは、液体化学品や植物性油脂類の海上輸送に特化した国際海運会社です。創業以来、50年にわたる歴史の中で成長を続けてきた当社。現在、全世界に約900社ある海運会社の中でも、ステンレスケミカルタンカーの輸送能力および運航隻数で世界第3位となり、業界のリーディングカンパニーとして確かな地位を築いています。

■安全への取り組みと、商船三井グループの総合力

成長の背景にあるのは、安全輸送に対する徹底した姿勢。当社では「安全なくして経営なし」の理念のもと、安全強化月間の実施、品質安全委員会の開催など、安全で信頼される輸送サービス実現に向けて努力を続けてきました。

2012年には本社をシンガポールに移転。近年、著しい発展を遂げる東南アジアの一大ハブであり、海運関連企業が各国から集結するシンガポール。この地に本社を置くことで、お客様にこれまで以上に価値あるサービスを提供できるようになりました。

また、世界有数の船会社・商船三井グループの総合力も強み。2017年には旧社名の東京マリンからMOLケミカルタンカーへ変更。MOLの名を冠することで、よりブランド力と営業力が強化されました。


■総合物流サービスプロバイダーで、世界を舞台に活躍を

当社ではさらなる成長を見据え、総合物流サービスプロバイダーへの進化を進めています。
2019年1月にはデンマークのNordic Tankersを完全買収し、大西洋水域におけるサービスネットワークを大幅に拡充。2019年2月にはオランダのタンクコンテナ大手、Den Hartogh社と資本提携。また、アントワープ港で現地企業Sea-tank社とタンクターミナルを開発中です。海上輸送サービスの拡充と陸上での小口輸送、主要ハブ港でのターミナル事業を展開することで、お客様により広範なサービスを提供する体制を整えていきます。

そんな当社が求めているのは、困難にもめげずに努力し続けられる方、オープンで誠実なコミュニケーションが取れる方。さらに、文化・価値観の違う顧客・同僚と粘り強くやり取りができる忍耐力と柔軟性を併せ持つ方なら大歓迎です。ゆくゆくは世界を舞台に活躍する人材へ成長していただくことを期待しています。世界No.1への舵取りを、一緒に進めていきましょう。

事業内容
■ケミカルタンカーによる液体化学品および植物油脂類の国際海上輸送
■タンクターミナル事業および陸上物流・タンクコンテナ事業を含む、液体化学品の総合物流ソリューション

【人々の暮らしに欠かせない“原料”を運んでいます】

ケミカルタンカーが運ぶ液体化学品や動植物性油脂類は、実は私たちの日常に欠かせない生活必需品の原料となるものばかり。例えば、衣服に使われる化学繊維、ペットボトル、食品、化粧品やシャンプー、自動車のバッテリー、肥料といったものまで、さまざまな最終製品に姿を変えて私たちの便利な暮らしを支えています。あまり表立って知られることはありませんが、当社の輸送サービスは、世界中の人々の生活基盤を支える、社会にとってなくてはならないものなのです。
郵便番号 105-0001
所在地 東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビル
資本金 SGD 262,369,867(2021年6月30日時点 MOL Chemical Tanker Pte. Ltd.)
従業員 127人(2022年4月30日時点 MOL Chemical Tankers Pte. Ltd.)
売上高 USD 826million (2020年度 MOL Chemical Tankersグループ全体)
株主構成 (株)商船三井 (100%)
グループ会社 ■Shipping
(日本) MOL Chemical Tankers Japan Co., Ltd.
(UAE) MOL Chemical Tankers Middle East DMCC
(英国) MOL Chemical Tankers Europe Limited
(デンマーク) MOL Chemical Tankers Europe A/S
(コロンビア) MOL Chemical Tankers Colombia S.A.S.
(アメリカ) MOL Chemical Tankers America, LLC

■Ship Management
(シンガポール) Unix Line Pte Ltd http://www.unixline.net/
(韓国) TM Shipmanagement Co., Ltd.
沿革
  • 1972年7月
    • 東京マリン株式会社設立
  • 1990年5月
    • シンガポールにて船舶管理会社 Unix Line Pte Ltd を設立
  • 1996年4月
    • 商船三井グループに参画
  • 2001年10月
    • ロンドンにて駐在員事務所を設立 (現在のMOL Chemical Tankers Europe Limited)
  • 2005年9月
    • 韓国・釜山にて船舶管理会社TM Ship management Co., Ltd.を設立
  • 2006年12月
    • ドバイにて駐在員事務所を設立 (現在のMOL Chemical Tankers Middle East DMCC)
  • 2012年4月
    • ヒューストンにて駐在員事務所を設立 (現在のMOL Chemical Tankers America, Inc.)
  • 2012年10月
    • 本社機能をシンガポールに移転
  • 2017年1月
    • 会社名をMOL Chemical Tankers Pte. Ltd.へ変更
  • 2018年9月
    • ベルギーのアントワープにおいて、ケミカルタンクターミナル運営のためのジョイントベンチャー SEA-MOL NVを設立
  • 2019年1月
    • Nordic Tankers A/S (NT社 : 本社デンマーク)の全株式をTriton社から取得し、NT社を“MOL Nordic Tankers A/S”(現在のMOL Chemical Tankers Europe A/S)へ社名変更
  • 2019年2月
    • Den Hartogh Holding B.V.(本社オランダ)の発行済株式の20%を取得し、Den Hartogh Logisticsとの戦略的提携を開始
  • 2020年5月
    • MOL Nordic Tankersを完全統合

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.9年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11.6時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.1日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 19.4%
      (31名中6名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
各種セミナー(受講費用会社補助)
自己啓発支援制度 制度あり
従業員学習補助制度

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
国際教養大学、上智大学、法政大学、立命館大学、早稲田大学

採用実績(人数)      2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
-----------------------------------------------------------------
大卒   1名    1名    2名   1名   0名

※2021年度は新卒採用実施なし
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 1 0 1
    2019年 1 1 2
    2018年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2020年 1
    2019年 2
    2018年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 0
    2019年 1
    2018年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp257853/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

MOLケミカルタンカー(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
MOLケミカルタンカー(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. MOLケミカルタンカー(株)の会社概要