最終更新日:2022/4/11

(株)奏ホールディングス

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 福祉サービス
  • 専門コンサルティング
  • 不動産
  • 不動産(管理)

基本情報

本社
沖縄県
PHOTO

2045年問題に向けて、 沖縄社会に貢献できるチームと人づくりを

土居 秀人
2021年5月入社
早稲田大学
コンサルティング部 広報担当

そもそもなぜ日本で?47都道府県の中で沖縄に?

原点は中学生の頃に出逢った「時間よ止まれ」という曲です。海が描かれ、きれいな女の人がメロディーの中にいました。「成り上がり」という本に書かれた『バカはダメよ』という言葉にも影響を受け、素行不良を脱し日本一の大学を目指しました。
20歳の夏に小笠原諸島にある新島で40日間バイトをしたのも大きなきっかけです。夜に竹芝桟橋を出て朝に到着するんですが目覚めたその時の透明な海の衝撃は今尚残っています。
沖縄以外の日本中をアメリカンバイクで旅をしても、後に音楽業界で全都道府県をコンサートツアーで廻っても、いつかは東京ではなく美しい海を見ながら暮らす、と決めていたのです。あの、空港に降り立った時の空気。僕にはオアフやサイパン、グアムと同じような感覚でした。
永住を決めて今年10年になるのですが、当社はグラデーション・ブルーに輝く海沿いのオフィス。すべての窓から見えるサンセットに海が染まる頃は退社時間をとっくに過ぎてしまっているのですが(笑)これほど恵まれた環境はないと思っています。
競争だらけの人生を開放して素晴らしい出逢いをいただきました。
沖縄のみなさんや、この自然や歴史、文化にいつも感謝しています。


エンタテインメントの世界から社会福祉業界へ

今ではビッグ・アーティストと呼ばれる人ばかりかもしれませんが、元々音楽誌編集者がスタートでしたので、誰も知らない原石の頃に出逢うんです。ミスチルもラルクもグレイも、今ではみなさんのお父さんの年代(笑)になってしまいましたが、誰かを有名にするお手伝いができたなら、沖縄の産業や事業ももっとメジャーになるべきだと思ったんです。
来沖後は父子家庭でありながら様々な仕事でお世話になりました。唯一ブレていないつもりなのは「沖縄社会や人の役に立ちたい」ということ。大学を出てからは実は自分のことばっかりでしたから(笑)。
僕はどんな仕事も出逢いや人、ではないかと思っています。それこそ矢沢永吉さんとの出逢いがなければ今のぼくはいないですし沖縄にもいなかったかもしれません。
僕を「ヘンな人から履歴書が届いている」と面接してくださった役員や社員のみんなに合わせてくれたことにとても感謝しています。
この事業はもっと社会的認知を得てデンマークとまではいかなくても世界基準になっていくべきだと思いますし、音楽やエンタテインメントのように誰かに喜んでもらえる仕事にしたいと思っています。


具体的にはどんな仕事で、どんな人と働きたいですか?

まずはご入社された方と共に学びたいですね。2022年現在、沖縄県ではおよそ10万8000人が障がい者をお持ちの方がいますが、グループホームに入れているのはそのうち1300人に満たないと言われています。すなわち約1.2%。ほどなく4人にひとりが75歳以上になろうとする中でその子の世代が障がいを持っていた場合、本当に双方の居場所を失いかねない事態も想定できます。人には生きる尊厳、権利としての居場所や自立が必要だと思うんです。私たちがこうした社会と共にできること。それは少なからず私たちが幸せであり、それを多くの人たちとシェアできるようにすること。誰かの役に立って事業の協働を図っていくこと。
そのためにサービス管理を行い、行政に開業申請と正しい運営を全うし、困っている人たちとの心を共有することだと思うんです。そうした幸せを集めてもっとシェアするための広報活動や貢献活動をしてしあわせでありたいと願う人を増やしていくんです。
つまり、しあわせ集めに賛同される新卒のみなさんひとりひとりが主役なのです。
あなたの才能を見出し活かすチームをつくりましょう。誰もが一度きりの人生。共に時代をつくっていける人とお会いしたいです。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)奏ホールディングスの先輩情報