最終更新日:2022/6/1

(株)シーエス技研

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設
  • 設備工事

基本情報

本社
静岡県
資本金
3000万円
売上高
11億7000万円(2021年3月)
従業員
26名

インフラのホームドクターとして、人々の未来へ安心と安全を。

今年から本格的に新卒採用をスタートしました!3年連続で業績が右肩上がりの会社です! (2022/05/09更新)

PHOTO

こんにちは。シーエス技研の採用担当です。
当社では只今会社説明会を実施中です。ご興味のある方はぜひセミナー画面よりご予約下さい。

説明会はオンラインと対面どちらかご希望のスタイルでお選びいただけます!
対面でご参加の場合、交通費支給も行っておりますので奮ってご参加下さい!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
橋などのコンクリート構造物の調査と補強工事に携わっているシーエス技研。高度経済成長期に建設されたインフラの老朽化が進んでいる今、存在感はますます高まっている。
PHOTO
鋭い視線を向けて現場をチェックし、高い技術とノウハウを発揮する補修工事のスペシャリスト集団。社に戻れば年齢や社歴の壁がなく、穏やかに過ごせるのも当社の特徴。

インフラをいつまでも安全に使い続けられるようにすること。それが私たちの使命です!

PHOTO

「基礎から丁寧に教えてくれるので、成長できます」加藤聖也/2018年入社(右)「補修工事はこれからの技術。貪欲に吸収して欲しい」江川敦/2021年入社

◆社会に役立つ仕事の魅力/加藤聖也
就活当初、公務員を目指して勉強していたのですが、次第に外で働きたいという思いが強くなり、方針を転換。インフラの補修・補強という当社の仕事内容に興味を持ち、入社を決めました。
現在は技術センターに勤務し、橋梁など既存インフラの補修工事の施工管理に携わっています。インフラを守るという責任を感じながら、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。また、施工現場全体を見ることができるため、自分の仕事が役に立っていること、社会に貢献していることを実感できます。以前、名古屋高速の高架橋の補修工事に関わったのですが、工期が3年間という大規模な現場で大変な面もありましたが、それ以上に得るものが多く、濃密な期間だったと思います。
先輩方は皆仕事への熱が高く、厳しさもありますが、それは1つの不注意が重大な事故に繋がりかねないため。普段はやさしく、分からないことも訊けばすぐに答えてくれますし、失敗しても怒るのではなく、その原因から説明し、フォローしてくれます。
もっと経験を積んで、一日も早く1人で現場を任せられるようになるのが今の目標です。

◆補修工事を極めるために/江川敦
以前は準大手のゼネコンに勤務、施工管理として様々な土木工事に携わっていました。大規模な修繕工事を担当することになった際、これまで取引はなかったものの、シーエス技研の評判を聞いて仕事を依頼しました。それが当社との出会いでした。
前に勤めていた会社では補修工事の経験がなく、当然、私自身も初めての工事。不安もありましたが、何もかもが初めてで新鮮でしたし、一緒に仕事をするうちに当社がスペシャリストの集まりであることが分かりました。そして補修工事に興味が湧き、やってみたい、極めたいと考えるようになり、思い切って当社に転職しました。
補修工事の歴史は浅く、施工方法がまだ完成していないのも魅力の1つ。現状では老朽化した個所を調査して、その原因を探し出して修繕していますが、材料の選定も工法も担当業者によって異なり、工事品質も異なります。そうした中で当社は、新たな補修方法を考案しているほか、経験豊富で技術レベルも高いため、技術者として成長できる会社だと思います。
また、当社は人と人との距離が近く、のびのびと働ける環境です。会社としても発展段階にあるので、会社と一緒に自らの成長を実現してください!

会社データ

プロフィール

私たちの仕事は、インフラ構造物(主にコンクリート・鋼構造物)の調査・設計・補修や補強工事などの施工を一貫して行っております。
1960年代の東京オリンピックをピークに建築された橋梁や水路、トンネルなどは、50年~60年の時間を経てどんどん老朽化しています。橋の倒壊や、トンネルの天板くずれなど、ニュースで聞いたことがあると思いますが、ほとんどが老朽化が原因なのです。

シーエス技研では、地域の人々が安心して過ごせる、安全な未来にするために、社員全員が誇りを持って仕事に取り組んでいます。

事業内容
土木、建築構造物 調査診断設計業務/土木、建築構造物補修・補強工事
仮設足場工事/防水・シーリング工事/塗装工事・外壁調査診断
本社郵便番号 430-0801
本社所在地 静岡県浜松市東区神立町461番の1
本社電話番号 053-443-8171
資本金 3000万円
従業員 26名
売上高 11億7000万円(2021年3月)
事業所 浜松本社:静岡県浜松市東区神立町461番の1
技術センター:静岡県浜松市東区下石田町1123番地の1
名古屋事務所:愛知県名古屋市北区東味鋺1-461-1
東京営業所:東京都千代田区神田神保町3丁目25-11 喜助九段ビル304
売上高推移 3年連続右肩上がりの業績です!
平成28年4月~平成29年3月:2億5000万円
平成29年4月~平成30年3月:5億1800万円
平成30年4月~平成31年3月:7億6400万円
沿革
  • 平成26年10月
    • シーエス技研株式会社を設立
  • 平成27年3月
    • 磐田信用金庫のビジネスコンテストにて特別賞受賞
  • 平成28年3月
    • 経営革新計画のテーマ「コンクリート構造物の塩害からの保全・延命をする一貫サービスの確立と提供」が承認される
  • 平成28年7月
    • 優良事業所・専門工事の専任技術者の表彰を受ける
  • 平成29年3月
    • 特許取得(吊り足場及びその設置方法)
  • 平成29年3月
    • 経営革新計画のテーマ「一括吊り上げ方式によるパネル(足場)間の隙間が生じない、新たな足場架設方法による、高架道路補修工事の受注拡大」が承認される。
  • 平成29年6月
    • 名古屋事務所 開設
  • 平成30年3月
    • 経営革新計画のテーマ「橋梁補修工事の短期化に役立つ足場移動工法の確立による点検工事の受注拡大」が承認される。
  • 平成31年1月
    • 資本金3,000万円に増資
  • 平成31年3月31日
    • 株式会社ヤマナビルテック合併
  • 令和元年5月
    • 特許取得(移動用足場の設置方法)
  • 令和2年4月
    • 東京営業所 開設

働き方データ

  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 33.3%
      (3名中1名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
資格取得支援制度(全額会社負担)、OJT研修

採用実績

採用実績(学校)

今年から新卒採用開始したため実績なし。

採用実績(人数) 今年から新卒採用開始したため実績なし。
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 0 0
    2020年 0 0 0
    2019年 0 0 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp261254/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)シーエス技研と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)シーエス技研を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)シーエス技研の会社概要