最終更新日:2021/9/1

日本電気硝子(株)

  • 上場企業

業種

  • ガラス・セラミックス
  • 化学
  • 建材・エクステリア

基本情報

本社
滋賀県
資本金
321億円(2020年12月末)
売上高
連結2,428億円(2020年12月末)
従業員
単体1,662人 連結6,157人(2020年12月末)

材料×設備の技術がガラスの可能性を引き出す。世界トップクラスの『特殊ガラス』メーカーです。

会社紹介記事

PHOTO
独自の超薄板ガラス製造技術と薄膜技術で実現した、薄さわずか0.1ミリの「宇宙太陽光発電用超薄型軽量ミラー」。
PHOTO
24時間365日ガラスを溶かす巨大な窯。高機能なガラスを生み出すオリジナルの製造設備は、機電系の社員が開発・設計しています。

GLASS FOR FUTURE-世界を豊かにする、ダイナミックでグローバルなものづくり

PHOTO

巻けるほど薄いガラス

◆暮らしと最先端を支える「特殊ガラス」

窓ガラスや食器が真っ先にイメージされるガラスですが、実は「ガラスだからこそ」の特長は、自動車や電子機器、医療、インフラ、エネルギーなど多岐にわたるフィールドで活用されています。当社が約70年の歴史の中で磨き上げてきた知識と技術力が生み出すガラスは、暮らしのあたりまえから産業の最先端まで、広い分野で世界トップクラスの評価を受けています。

特殊ガラスを生み出すのは、綿密な材料設計と溶融・成形・加工といったプロセス技術の数々。原材料を高温で溶かし続ける巨大な窯と、ガラスを製品に仕上げていく製造ラインには、当社独自の技術が詰まっています。素材メーカーのものづくりは化学系出身者が多いように思われるかもしれませんが、機械・電気・電子・数学・物理・情報など幅広い分野の社員のアイデアによって、ユニークな製品が生み出されています。

◆さらに先を目指して

現在、売上の約8割が海外の当社は、さらに “世界一の特殊ガラスメーカー” を目指して歩みを進めている最中です。ガラスファイバや光・電子部品、医療用等の分野での拡大のため、M&Aや他社との協業、事業化を見据えた研究開発などに積極的に取り組んでいます。さらなる成長のため、環境負荷の低減や情報通信技術の向上といった社会の潮流を捉え、世界のニーズに応え続けてきます。

めまぐるしく変化していく社会の中で成長を続けるため、これからを担う若い皆さんには技術系・事務系問わず、自分で考え・行動できる力と、プロ意識、自己革新力・柔軟性を期待しています。

会社データ

事業内容
○特殊ガラス製品の製造・販売
○ガラス製造機械の製作・販売

【製品紹介】
◆電子・情報分野
薄型パネルディスプレイ用ガラス、化学強化専用ガラス、光関連ガラス 
電子デバイス用ガラス、エネルギー用ガラス  など
     
◆機能材料・その他
ガラスファイバ、耐熱ガラス、建築用ガラス 
放射線遮へい用ガラス、管ガラス  など    

PHOTO

P&P技術センター大津

本社郵便番号 520-8639
本社所在地 滋賀県大津市晴嵐2-7-1
本社電話番号 077-537-1705
創立 1949年12月1日
資本金 321億円(2020年12月末)
従業員 単体1,662人 連結6,157人(2020年12月末)
売上高 連結2,428億円(2020年12月末)
ここにも日本電気硝子 ○液晶ディスプレイ用基板ガラスは、当社を含めた3社で全世界の9割のシェアを担います。
○強化プラスチック用のガラスファイバが、自動車部品などの軽量化に貢献しています。
〇2016年以降の海外における事業取得により、
 ガラスファイバ事業世界No.1グループの一員となりました。
○紙のように薄いガラスと透明樹脂を貼り合わせた「Lamion」が、
 駅のホームドアやデジタルサイネージに導入され始めました。
○防火設備用ガラス「ファイアライト」で、公共施設等の安全を守っています。
業績(連結)         2018年度   2019年度   2020年度    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売上高    3,003億円   2,571億円   2,428億円
営業利益    248億円    159億円    176億円
経常利益    198億円    153億円    152億円
事業所 本社/大津
支社/東京
事業所/大津、滋賀高月、能登川、精密ガラス加工センター
営業所/大阪、東京
海外関連会社 坡州電気硝子(株)
電気硝子(株)
電気硝子(上海)有限公司
電気硝子(広州)有限公司
電気硝子(厦門)有限公司
電気硝子(南京)有限公司
台湾電気硝子股分有限公司
Nippon Electric Glass (Malaysia) Sdn. Bhd.
Nippon Electric Glass America, Inc.
Techneglas LLC
Electric Glass Fiber America, LLC
Nippon Electric Glass Europe GmbH
Electric Glass Fiber NL, B.V.
Electric Glass Fiber UK, Ltd.
沿革
  • 1944年
    • 日本電気などの出資により滋賀県大津市に設立
  • 1949年
    • 12月1日、日本電気より分離独立、実質上の創立
  • 1954年
    • 医薬用管ガラスの生産開始
  • 1962年
    • 超耐熱結晶化ガラス ネオセラムの生産開始
  • 1965年
    • ブラウン管用ガラス生産開始
  • 1976年
    • ガラスファイバの生産開始
  • 2000年
    • オーバーフロー法による液晶ディスプレイ(LCD)用基板ガラス生産開始
  • 2005年
    • 100μm厚の超薄板ガラス製造に成功
  • 2008年
    • 環境負荷物質を含まないLCD用基板ガラスOA-10Gを開発
  • 2011年
    • スマートフォン・タブレット用カバーガラス(化学強化専用ガラス)の生産開始
  • 2012年
    • 超低反射ガラス(「見えないガラス」)の販売開始
  • 2015年
    • 新「企業理念体系」を策定
      半導体用サポートガラスの生産開始
  • 2016年
    • イギリス・オランダのガラス繊維事業の取得
  • 2017年
    • アメリカのガラス繊維事業取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 24年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 40名 42名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 7名 9名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.9%
      (436名中4名)
    • 2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本電気硝子(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本電気硝子(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ