最終更新日:2021/6/30

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • 芸能・映画・音楽
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • コンサルティングファーム

基本情報

本社
東京都
正味財産
6億1,009万円(2020年3月31日現在)
著作物使用料徴収額
1,176億9,118万円(2019年度実績)
職員数
517名(男性327名、女性190名/2020年4月1日現在)

JASRACは音楽を創作した作詞・作曲家、音楽出版社から著作権を預かり、音楽を利用される方との架け橋となっています。

会社紹介記事

PHOTO
JASRACは、音楽著作権を守るプロフェッショナルです。
PHOTO
2019年度入社の新人の皆さん。

音楽を作る人を守り、音楽を楽しむ人との架け橋になること。それがJASRACの仕事です。

■あらゆるフィールドが私たちの仕事場です。

JASRACは、音楽を守るという理念を掲げ、音楽文化の普及・発展に寄与する活動を行っております。支部では実際に飲食店や理美容店、小売店やスナック等でBGM・カラオケなど音楽を利用している現場に赴き、手続きをして頂くために努力を重ねています。入社後は各支部で個別にエリアを担当します。担当エリアの窓口は自分だけ。経営者の方に手続きして頂けるまで、交渉した結果「よく理解できた、ありがとう」という言葉をいただけることが仕事のやりがいであり、喜びです。


■人と音楽をつなぐこと、それがJASRACの役割です

人と音楽をつなぐこと、それがJASRACの役割です。たとえばCDをつくる、コンサートを開く、お店で音楽を流す…。そんなとき「音楽を使う人」からお支払いいただくのが“著作権使用料”です。この使用料が、作詞家、作曲家など「音楽をつくる人」に還元されることで、新しい歌やメロディーが生まれる環境が整えられます。いつまでもみなさんに素敵な音楽が届くよう、JASRACはこれからも人と音楽をつないでいきます。


■新しいシステムを作り出すこともJASRACの仕事です。

音楽が利用される環境・条件はめまぐるしい変化を遂げています。JASRACは、音楽著作権管理におけるリーディングカンパニーとして、音楽に関わるあらゆる変化を素早くキャッチアップし、新たな利用形態に応じた新たなルールの確立を推進しています。そのため、迅速な行動力と固定観念にとらわれない柔軟性、想像力豊かな感性と提案力が求められます。

会社データ

事業内容
音楽著作権管理業
(1)音楽の著作物の著作権に関する管理事業
(2)音楽著作物に関する外国著作権管理団体等との連絡及び著作権の相互保護
(3)私的録音録画補償金に関する事業
(4)著作権思想の普及事業、音楽著作権に関する調査研究
(5)音楽文化の振興に資する事業
本社郵便番号 151-8540
本社所在地 東京都渋谷区上原3-6-12
本社電話番号 03-3481-2121
設立 1939年11月18日
正味財産 6億1,009万円(2020年3月31日現在)
職員数 517名(男性327名、女性190名/2020年4月1日現在)
著作物使用料徴収額 1,176億9,118万円(2019年度実績)
著作物使用料分配額 1,170億5,669万円(2019年度実績)
全国の支部 本部:東京都渋谷区上原3-6-12
支部:札幌、仙台、大宮、東京、横浜、静岡、名古屋、金沢、京都、大阪、広島、高松、福岡、那覇
管理作品数 国内作品・国外作品 合わせて約442万作品
※作品データベース「J-WID」(http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/)で公開している管理作品数
信託契約数 1万8,728件(2020年4月1日現在)
外国団体との契約 126団体(96カ国、4地域)[2020年12月現在]
主な取引先 レコード会社、放送事業者、配信事業者、コンサート事業者、カラオケ店、音楽ソフトレンタル店、ホテル、各商業施設、一般音楽利用者
平均年齢 約40歳
沿革
  • 1939年
    • JASRAC設立
  • 1951年
    • 初めて海外の著作権管理団体と管理契約を結ぶ
      (アメリカ/ASCAP)
  • 1960年
    • 名古屋高裁で、社交場の楽団演奏における経営者の利用責任が確定
      CISAC(著作権協会国際連合)に加盟
  • 1968年
    • BIEM(録音権協会国際事務局)に加盟
  • 1978年
    • ブランケット方式による放送使用料の徴収開始
  • 1984年
    • レコードレンタル管理開始
  • 1987年
    • 全国的にカラオケ使用料の徴収開始
  • 1998年
    • 文化事業を開始
  • 1999年
    • インターネット上で作品DB公開
  • 2000年
    • インタラクティブ配信の使用料規定が認可
  • 2001年
    • 非商用のインタラクティブ配信の管理開始
  • 2002年
    • BGM利用の管理開始
  • 2004年
    • インターネット上での利用申請システム稼働
  • 2007年
    • 動画投稿(共有)サービスにおける利用許諾条件を提示
  • 2010年
    • 「一般社団法人」へ移行
  • 2011年
    • 東日本大震災からの復興支援を目的とした「こころ音プロジェクト」をスタート
      フィットネスクラブ管理開始
  • 2012年
    • カルチャーセンター管理開始
  • 2014年
    • 創立75周年
      JASRAC音楽文化賞を創設
  • 2019年
    • 創立80周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 19.4年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.4時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.6日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 13名 19名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 3名 9名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 16.5%
      (85名中14名)
    • 2020年度

    役員:11.1% 管理職:17.1% (2020年4月時点)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ