最終更新日:2022/11/22

(株)日本コンピュータコンサルタント

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ソフトウエア

基本情報

本社
神奈川県
PHOTO

タスクを正確に把握することが、チームへの貢献の第一歩

S.T
2007年入社
中央大学
経済学部 産業経済学科卒業
金融第1プロジェクト 第22課 第1U
財務会計システム開発案件で仕様変更のための調査を担当

現在の仕事内容

財務会計システムの仕様変更とシステム移行の業務に携わっています。すでに長期にわたって稼働している大きなシステムですので、新しいシステムへの移行を視野に入れた現状調査と開発環境の精査が主な作業です。プログラムのソースコードを一つひとつ見ながら、仕様を調査しています。この業務を担当する以前は、別の現場で2案件の不動産関係のシステムの開発に携わってきました。さまざまな業種の方の話を聞く機会があり、その際に聞いた話はすべて印象に残っています。


今の仕事のやりがい

ものづくりをしているという実感が得られることです。自分の仕事によって、実際に動くものができていくことは面白いものです。システム開発の仕事には、開発に関する知識とそれを活かすための技術(作業の進め方)が必要となります。知識と技術の両方を使いこなしながら、ものを作っていくことにやりがいを感じています。また、チーム単位で仕事をしていますので、自分の役割を果たして、メンバーの連携がうまくいったときは達成感があります。


仕事上で心掛けていること

現在、私が携わっているプロジェクトはチーム13人、全体では200人という比較的大きなプロジェクトです。さまざまな人員が集まって行うシステム開発は、全体の中で自分自身の立ち位置を定めることが重要です。どんなに優秀な人材でも、一人でシステムを開発することはできません。ある程度の人数が集まって分業をしていくことにより、成果を上げることができます。分業ををスムーズに行うためには、各個人のタスク管理と情報伝達が重要になってきます。そのため、自分に割り当てられたタスクを正確に把握して、成果を出すことを常に心掛けています。


入社を決めた理由

本社が地元横浜にあり、家から近いという理由で、入社を志望しました。職場と家の距離が近いほど、公私の時間を効率的に使えて、人生を有意義にすることができると思いました。現在の職場は家から遠くなりましたが、続けてこられたのは、よい先輩たちにめぐり合い、得るものが多かったからです。就職は将来を考える上で非常に重要ですが、将来というものは考えても結局わからないものです。自分の仕事に対する適性や興味にとらわれず、さまざまな情報を集めて、わかることを徐々に増やした上で、それらを手掛かりに就職先を決めていくのが良いのではないでしょうか。


目標と将来の夢

システム開発をマネジメントできるシステムエンジニアになることです。プログラマーとSEの違いは、自ら作業環境を構築できるかどうかだと考えています。与えられた作業内容をこなしていくだけでなく、システムの開発計画を整え、各工程で残すべき成果を明確にし、要望に沿ったシステムの構築をマネジメントすることが目標です。まずは、近いうちに各担当者のまとめ役となるサブリーダーを目指します。将来は、肩書きや成功に拘らず、自分の実力を拠り所に生活するような人間になりたいです。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)日本コンピュータコンサルタントの先輩情報