最終更新日:2021/11/22

日本中央競馬会【JRA】

業種

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
49億2,412万9,000円
売得金
2兆9,834億5,587万円(2020年)
職員
約1,600名

JRAは、毎週走り続けます。お客様とともに。夢と感動とともに。信頼とともに。社会とともに。そして未来へ。

会社紹介記事

PHOTO
お客様とともに、競走馬やホースマンとともに。競馬を支える使命と喜びを胸に。JRAは、毎週走り続けます。
PHOTO
お客様にご購入いただいている勝馬投票券の収益を通じて、畜産振興、被災地支援、馬事文化の振興、環境に配慮した事業運営などにも取り組んでいます。

JRAの仕事とは?

日本中央競馬会【JRA】は、その名のとおり中央競馬の開催を行っている企業です。日本で競馬を開催することができるのは地方自治体もしくは日本中央競馬会だけなのです。競馬を未来へ繋いでいくために全員が同じ方向を向いて仕事ができる、日本中央競馬会はそんな団体です。

では、JRAの職員はどんな仕事を行っているのか?
キーワードは「平常業務」と「開催業務」と呼ばれる「2つの仕事」です。この「2つの仕事」を1人の職員が行うことがJRA職員の標準的なワークスタイルとなっています。
職員1人1人の力を合わせて、お客様にレースの迫力や興奮、感動を味わっていただく。快適で楽しい時間を過ごしていただく。
私たちは、中央競馬の開催を通じて、夢のある時間を提供したいと考えています。

会社データ

事業内容
中央競馬の開催およびその他付帯業務
本社郵便番号 105-0003
本社所在地 東京都港区西新橋1-1-1
本社電話番号 03-3591-5251(代)
設立 1954(昭和29)年9月16日
資本金 49億2,412万9,000円
職員 約1,600名
売得金 2兆9,834億5,587万円(2020年)
事業所 本部/東京都港区
競馬場/札幌、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉
トレーニング・センター/美浦、栗東
育成牧場/日高、宮崎
場外勝馬投票券発売所(ウインズ)/全国39カ所
その他/馬事公苑、競馬学校、競走馬総合研究所など
海外駐在員事務所/パリ、ロンドン、ニューヨーク、香港、シドニー
※2021年4月現在
売得金推移  決算期     売得金(単位:億円)
──────────────────  
2011年12月   22,935
2012年12月   23,943
2013年12月   24,049
2014年12月   24,936
2015年12月   25,833
2016年12月   26,708
2017年12月   27,476
2018年12月   27,890
2019年12月   28,817
2020年12月   29,834
お客様総数  年度    
─────────────────
2011年     1億5,708万8,673名
2012年     1億6,239万0,848名
2013年     1億6,025万5,552名
2014年     1億6,377万9,677名
2015年     1億6,585万9,812名
2016年     1億7,030万1,035名
2017年     1億7,772万1,162名
2018年     1億7,817万5,447名
2019年     1億8,229万6,332名
2020年     1億6,811万5,273名
※お客様総数とは、いずれかの方法で勝馬投票券を購入されたお客様の延べ人数です。
代表者 理事長 後藤 正幸
沿革
  • 1954年
    • 日本中央競馬会設立
  • 1976年
    • 電話投票サービス開始
  • 1981年
    • 第1回ジャパンカップ競走を施行
  • 1984年
    • 映像伝送システム運用開始
  • 1987年
    • 日本中央競馬会の略称“JRA”とシンボルマークを制定
  • 1990年
    • 第57回日本ダービーの入場者が19万人を超え、1日の最多入場者記録を達成
  • 2002年
    • インターネット投票サービス開始
  • 2004年
    • 創立50周年を迎え、ジャパンカップ・ジャパンカップダートを同日施行する、ゴールデンジュビリーデーをはじめとした各種企画を実施
  • 2005年
    • ディープインパクトが無敗の3冠馬となる(1984年のシンボリルドルフ以来2頭目)
  • 2006年
    • 国際セリ名簿基準委員会において、日本がパート1国に昇格
  • 2007年
    • 世界最大級のマルチ画面「ターフビジョン」など、各種新施設を備えた東京競馬場がグランドオープン
  • 2009年
    • 本邦外居住者の馬主登録申請受付を開始
  • 2011年
    • 3連単以来の新賭式となる、WIN5(5重勝単勝式)の発売開始
  • 2012年
    • 中京競馬場新スタンド工事が竣工
      JRAのインターネット投票で地方競馬の発売開始
  • 2013年
    • 地方競馬施設で中央競馬の発売を実施(J-PLACE)
  • 2014年
    • 創立60周年を迎え各種記念事業を実施する
      勝馬投票法ごとの払戻率を設定
      札幌競馬場新スタンドが竣工
  • 2016年
    • 海外競馬の勝馬投票券の発売開始
  • 2018年
    • キャッシュレス投票サービス(UMACA)の開始
  • 2020年
    • 同一年度で牡馬三冠馬(コントレイル)、牝馬三冠馬(デアリングタクト)が誕生

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14.8時間
    2019年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本中央競馬会【JRA】と業種や本社が同じ企業を探す。
日本中央競馬会【JRA】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ