最終更新日:2021/11/18

TOA(株)

  • 上場企業

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 家電・AV機器

基本情報

本社
兵庫県
資本金
52億7,900万円
売上高
450億6,800万円(連結) 317億1,300万円(単体) (2020年3月31日現在)
従業員
3,312名(連結) 820名(単体) (2020年3月31日現在)

「Smiles for the Public -人々が笑顔になれる社会をつくる-」 世界中で高い実績を誇る音響・放送機器と映像機器の専門メーカー

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
災害情報や避難誘導等の情報を、一人でも多くの人に、いち早く届ける。音の専門メーカーとしての技術を駆使し、地域全域をカバーする広域防災システムを実現します。
PHOTO
近年、防犯意識の高まりを受け、映像機器の重要性も増しています。ネットワーク化、高機能化、高画質化による先進機能で、社会の安全・安心を実現します。

TOAは社会の安全・安心に貢献する「音と映像の専門メーカー」です。

PHOTO

世界中の公共空間に安心・信頼・感動といった価値をお届けするのがTOAの使命です。強みである音響・映像機器を駆使して、社会貢献する仕事に携わってみませんか。

近年、地震や津波、豪雨や台風などの自然災害が世界各地で頻発しています。さらに国内では、南海トラフ地震といった大きな災害が発生すると予想されており、今の我々を取り巻く環境では減災・防災の重要性が非常に高まっております。

災害が起こったとき、音による誘導は人々の安全を守るために非常に重要な役割をもちます。TOAは創業以来培ってきた「音の報せる力」によって、災害から人々を守り、被害を最小限に抑える「減災・防災」に真摯に取り組んでいます。明瞭な音を遠くまで響かせ、人々に危険を報せる放送設備や、ネットワークを活用して各施設をつなぐ放送システム。TOAの技術がいま、減災・防災に取り組む現場の方々に強く求められています。また映像では、事件や事故の抑止力となる防犯カメラ等の機器を製造しております。遠隔地においても監視でき、音声警告や音声放送も可能なシステムを提供するなど、「音と映像の専門メーカー」であるTOAならではの視点で安全・安心な社会を実現をしております。

<TOAの企業価値>
TOAの企業価値は、「Smiles for the Public -人々が笑顔になれる社会をつくる-」です。
人々が「安心、信頼、感動」を感じたとき、そこに生まれるさまざまな笑顔。
その笑顔を、人々が集う「Public(社会)」で実現するのがTOAです。
お届けする製品とサービスを通して、生命や身体の安全を守り、地域コミュニケーションの活性化に貢献することで、人々がより幸福を感じられる社会を創造することを目指します。

会社データ

事業内容
<主な事業>
・拡声放送機器、通信機器、その他情報伝達機械器具の製造販売
・音響機器、映像機器、その他電子・電気機械器具の製造販売
・上記機器の賃貸ならびに工事の設計施工
・音響・映像に関するソフトウェアの企画・制作ならびに販売
・電気通信を利用した各種サービスの提供
・電気通信事業
・ホール・スタジオの賃貸経営ならびに音楽等のイベント・催し物の企画運営

PHOTO

本社郵便番号 650-0046
本社所在地 兵庫県神戸市中央区港島中町7-2-1
本社電話番号 078-303-5620
創業 1934(昭和9)年9月1日
設立 1949(昭和24)年4月20日
資本金 52億7,900万円
従業員 3,312名(連結) 820名(単体) (2020年3月31日現在)
売上高 450億6,800万円(連結) 317億1,300万円(単体) (2020年3月31日現在)
事業所 本社:神戸 事業場:ナレッジスクエア(宝塚)
販売拠点(国内):札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇ほか 全30カ所
経常利益 35億7,700万円(連結) 20億800万円(単体)(2020年3月期)
取扱品目 ■拡声放送機器/
マイクロホン、アンプ、スピーカー、メガホン、BGM演奏装置、非常・業務用放送システム、自動案内放送システム、会議・議場放送システム、鉄道車両案内放送システム

■プロサウンド機器/
プロ用サウンドシステム、劇場・ホール音響システム、デジタルミキシングシステム

■通信機器/
インターカムシステム、電話応用システム、ワイヤレスマイクロホンシステム、連絡用無線システム、IP告知放送システム

■映像機器/
監視用テレビ・カメラシステム(テレビ・カメラ、モニターテレビ、ビデオレコーダー、スイッチャー等)、教育用AVシステム
主要納入先 国土交通省、文部科学省、防衛省、その他諸官庁、放送局、空港、JR、私鉄、病院、学校、店舗、デパート、ショッピングセンター、ホテル、レストラン、ライブハウス、ホール、スーパーマーケット、スポーツ施設、工場、事務所、その他
主要輸出先 アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストリア、オランダ、フランス、インドネシア、シンガポール、マレーシア、ベトナム、香港、台湾、中国、オーストラリア、その他120カ国以上
関連会社 【日本地域】
TOAエンジニアリング(株)
(株)ジーベック
アコース(株)
タケックス(株)

【南北アメリカ】
TOA ELECTRONICS, INC.〔ニューヨーク〕
TOA Communication Systems, Inc.〔ニューヨーク〕
TOA CANADA CORPORATION〔カナダ〕

【欧州・アフリカ】
TOA Electronics Europe G.m.b.H.〔ドイツ〕
TOA Electronics Europe G.m.b.H.〔フランス〕
TOA Electronics Europe G.m.b.H. Sp.z o.o. Oddzial w Polsce〔ポーランド〕
TOA Electronics Europe G.m.b.H. Russia Branch〔ロシア〕
TOA Electronics Europe G.m.b.H. Benelux Branch〔オランダ〕
TOA Electronics Europe G.m.b.H. Dubai Branch〔UAE〕
TOA ELECTRONICS SOUTHERN AFRICA (PROPRIETARY) LIMITED〔南アフリカ〕
TOA CORPORATION (UK) LIMITED〔英国〕

【東アジア】
TOA(株) ソウル事務所
TOA ELECTRONICS TAIWAN CORPORATION〔台湾〕
TOA (HONG KONG) LIMITED〔香港〕
TOA (CHINA) LIMITED.〔上海〕
TOA (CHINA) LIMITED.〔北京〕
TOA (CHINA) LIMITED.〔広州〕
TOA (CHINA) LIMITED.〔成都〕
TOA (CHINA) LIMITED.〔武漢〕
得洋電子工業股分有限公司〔台湾〕

【東南アジア・オセアニア】
TOA ELECTRONICS PTE LTD〔シンガポール〕
TOA ELECTRONICS VIETNAM COMPANY LIMITED〔ハノイ〕
TOA ELECTRONICS VIETNAM COMPANY LIMITED〔ホーチミン〕
TOA ELECTRONICS (M) SDN. BHD.〔マレーシア〕
TOA Electronics (Thailand) Co., Ltd.〔タイ〕
PT. TOA GALVA PRIMA KARYA〔インドネシア〕
TOA ELECTRONICS INDIA PRIVATE LIMITED〔インド〕
PT. TOA GALVA INDUSTRIES.〔インドネシア〕
TOA VIETNAM CO., LTD.〔ベトナム〕
平均勤続年数 16年
沿革
  • 1934年
    • ・東亞特殊電機製作所創業
  • 1949年
    • ・東亞特殊電機(株)設立
  • 1954年~57年
    • ・54年 電気メガホンEM-202開発 
      ・57年 トランジスターメガホンER-57開発 
  • 1964年
    • ・世界的スポーツ大会で放送設備が31カ所の競技場で公式採用
  • 1969年
    • ・非常用放送設備開発
  • 1977年
    • ・大阪証券取引所市場第二部へ新規上場
  • 1983年~88年
    • ・83年 CCTV(監視用テレビカメラシステム)開発
      ・88年 デジタルシグナルプロセッサー「SAORI」開発
  • 1989年
    • ・新社屋「TOA・PIビル」竣工、本社移転
      ・「TOA(株)(登記名ティーオーエー)」に社名変更
  • 1990年
    • ・ツアーリングスピーカー「Z-DRIVE SYSTEM」開発
      ・フルデジタルミキシングシステム「ix-9000」ウィーン国立歌劇場に納入
  • 1992年
    • ・ISO9001の認証取得
  • 1994年
    • ・ANC(ディーゼルエンジン排気消音システム)の実用化に成功
  • 1995年
    • ・「メセナ大賞'95」で大賞を受賞
  • 1996年
    • ・東京証券取引所市場第二部へ上場
      ・神戸ルミナリエに音で協賛
  • 1997年
    • ・東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部に上場
  • 2001年
    • ・宝塚事業場がISO14001認証取得
  • 2004年~05年
    • ・04年 ネットワークオーディオアダプター「NX-100」がIPv6アプリコンテスト2004でグランプリを受賞
      ・05年 「ラインアレイスピーカー」開発
      ・05年 高品位大規模多地点遠隔音声会議システムをNHKと共同開発
  • 2006年
    • ・国内初のハイインピーダンス対応デジタル方式「マルチチャンネルパワーアンプ」開発
      ・緊急地震速報関連分野へ本格参入
  • 2008年~09年
    • ・08年 世界的スポーツ大会のメインスタジアム(愛称:鳥の巣)の他、選手村など多数に施設参加
      ・09年 阪神甲子園球場にラインアレイスピーカーtypeAやtypeCなど多数納入
  • 2010年
    • ・上海万博(上海国際博覧会)の主要パビリオンに非常用・業務用放送設備を納入
      ・メセナアワード「文化庁長官賞」を受賞
  • 2011年
    • ・TOA、サンテレビジョン共同制作番組「花音」放送開始
      ・第1回神戸マラソンに音で協賛
  • 2012年
    • ・業界初の緊急地震速報有線放送対応ラック型非常用業務用放送設備「FS-2000」発売
      ・東京スカイツリータウン(R)に非常業務用放送設備納入
      ・アジアパシフィックR&Dセンター開設(ジャカルタ)
  • 2015年
    • ・TOAの企業価値「Smiles for the Public -人々が笑顔になれる社会をつくる-」 を制定
  • 2019年
    • ・2019年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞
      ・白杖使用者向け音声案内システムを販売開始
      ・独自の集音機能と簡単接続でスピーディな会議を実現 Web会議用音響システム「AM-CF1」を新発売
  • 2020年
    • ・「TRIFORAシリーズ」カメラ内蔵AIによる「混雑状況配信ソリューション」を提供開始
      ・新研究開発拠点「ナレッジスクエア」2020年12月10日グランドオープン
  • 2021年
    • ・防災人形劇「カンカン塔の見はり番」が第18回フィランソロピー賞特別賞を受賞
      ・パーティション取付型 会話補助システム「NF-2」を発売
      ・スピーカー搭載ドローンで神戸市の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に協力

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.1日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

TOA(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
TOA(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ