最終更新日:2022/9/27

栄研化学(株)【東証プライム上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 薬品
  • 医療用機器・医療関連
  • 化学

基本情報

本社
東京都
PHOTO

製品化までのイメージを念頭に

S.N
2019年入社
薬学研究科 生命薬科学専攻出身
応用技術研究所第二部
微生物検査関連製品の新規開発、既存製品の改良

入社~現在までの仕事内容を教えてください

私が所属するチームでは、微生物検査(薬剤感受性検査試薬や各種細菌検査用培地など)の製品開発に取り組んでいます。私も入社してから2年半は薬剤感受性検査試薬、現在は培地関連製品の製品化に携わっています。
このチームは元々研究開発を行っていましたが、2020年度より研究開発に加えて製造工程の確立までを対象として開発する部署へと変わり、製品化における幅広い業務を担当しています。

現在の主な業務内容は既存製品のブラッシュアップです。新しい知見や市場の動向などをもとに、ユーザーのニーズを満たせられるような改良を目指して検討を行っています。
製造工程関連の業務は様々ですが、製造サイズへのスケールアップはもちろん、製造現場で起こった不具合等に対し、その原因究明を行い製造条件や使用機器の見直しによる改善を行うこともあります。自分が開発した製品に対して幅広く携わることができることが、やりがいの1つとなっています。


志望動機や栄研化学に決めた理由、栄研化学の魅力

就職活動を始めた頃は、多くの人に貢献できるという点から漠然と健康にかかわる仕事がしたいと思っていました。その後、様々な業界や企業を見ていく中で臨床検査薬業界を知りました。製薬メーカーに比べると、臨床検査薬は数年のスパンで開発されています。自分が携わった製品を1つでも多く世の中に出したいと考えたときに、この業界を魅力的に感じました。

そして私が臨床検査薬業界の中でも栄研化学に決めた大きな理由は、就職活動を通して感じた社員さんの「温かい」人柄でした。不安も多い社会人生活を送る中で、「どんな分野に携わることになっても、ここにいる社員さんとならやっていけそうだ。」という確信を持てたことが大きかったです。入社後も自分の感覚が間違っていなかったなと感じています。


関わった仕事で一番印象に残っていること

入社2年目で薬剤感受性検査試薬の製品化に取り組んだことです。新規薬剤の組成や調製方法の検討から始め、右も左もわからない中で先輩に頼りっきりでしたが、手探りの中で発売まで至ることができました。
学術マーケティングや製造、品質管理、薬事など様々な部門の方とやり取りを重ねながら、製品化へ向けて少しずつ前進していく過程にはとてもやりがいを感じました。発売までの流れを一通り経験して初めて分かることもたくさんあり、製品化までの具体的なイメージを念頭に持って業務に取り組むことの重要性を強く感じました。


今後の目標を教えてください

新しい分野を開拓するような製品を開発することです。
当社には様々な製品群、シリーズ品目がありますが、そのように次の製品が続くきっかけとなる製品を開発したいです。
製品開発には新しい知識の習得が欠かせません。社内で開催される品質工学研修や、個人的に微生物学の勉強など、日々の学習はもちろんのこと、ふとした疑問や好奇心を大切に業務に取り組むことを心がけています。


トップへ

  1. トップ
  2. 栄研化学(株)【東証プライム上場】の先輩情報