最終更新日:2021/10/12

NDS(株)

業種

  • 設備工事
  • その他電子・電気関連
  • 情報処理
  • 不動産

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

有名な建物の設備工事に携われることが魅力

名波 祐紀
2015年入社
金沢工業大学
工学部 情報通信工学科
電気設備エンジニア

現在の仕事内容

工場新設にあたり工場内の電気設備工事に従事しています。業務内容は大きく分けて4つあり、どのルートでケーブルを配線するのかを検討し、図面作成ソフトで製図を行う「設計」。実際に工事を行い進捗具合管理や工程調整を行う「施工」。ケーブルや器具に間違いがないのかを測定器具で確認する「検査」。完成した箇所の写真や書類作成を行う「完工」です。新たに学ぶ事が多く日々成長を感じられる業務です。


今の仕事のやりがい

施工管理という仕事は「現場監督」とも呼ばれ工事現場における一切の責任を任されています。大変だからこそ無事に完成した建造物を見たときに大きな達成感を味わえます。また、「工事現場は生き物」という言葉がある通り現場は常に動いており想定外の出来事が発生してしまうこともあります。その際、問題点を明確に洗い出し、対応策をチームで考え、協力し解決することができたときは大きな達成感を味わえます。


この会社に決めた理由

在学中に電気工学を専攻していたほか、活発な性格から、様々な方々と協力して行う施工管理という職業に興味を持ち、その中でも電気設備工事に携わっているNDSを志望しました。また、企業研究で工事実績を調べた際、誰もが聞いたことがある大規模施設や公共施設の名称が記載されており、自分もこれらの工事に携わりたいと強く感じたことも理由の一つです。その他にも、愛知県内に研修施設があり、座学や実技の講習といった研修制度が充実しており、スキルアップが可能なところに魅力を感じました。


就活生へのアドバイス

インターネットで企業研究をすることも重要ですが、「百聞は一見にしかず」という言葉もある通り、合同説明会や企業説明会に積極的に参加し、会社の雰囲気を掴むことが大切です。また、説明会に参加されている人事部の方々は「面接のプロ」です。直接会話をすることで、自己分析では気が付くことができなかった内面や、自分が興味があることが、より明確になると思います。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ